★☆★期間限定~お得なセール・クーポン情報のまとめ★☆★

パイオニアから2017年モデルのドライブレコーダーが3モデル一気に発表されています。

発売日は9月の予定ですが、現段階では詳細は不明となっています。

スポンサーリンク

このページではこのうち最上位モデル?に当たりそうな「ND-DVR30」について説明します。

「ND-DVR30」は300万画素「2304×1296」の高解像度モデル

 

2016年のサイバーナビでは、フロントカメラとフロアカメラによるドラレコ映像の録画が実装されていますが、「ND-DVR30」はその延長線上にあるようです。

また、2017年初頭には「ND-DVR30」の前進である「ND-DVR30-B」と言う法人向けドライブレコーダーも発売されていますね。

パイオニア
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
ND-DVR30
17.09発売
参考価格 17.08.31
29,380円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
2304×1296
西日本LED信号対応
110°
27.5fps
WDR
付属8GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
安全運転支援機能
駐車監視モード
動体検知&衝撃検知
自動
内蔵バッテリー50分
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

※フロアカメラとは車内撮影用のカメラです。

2カメラ録画の仕組みが他社モデルとは全く異なっており、フロントカメラ+液晶のメインユニットに分配器を経由したバックカメラもしくはフロントカメラの映像を送信して2カメラ分の録画を行う方式のようです。

スポンサーリンク

バックカメラ/フロントカメラと分配器は別売オプションになるので、価格的には他社の2カメラモデルと同程度になる予測です。

また、オプションでフロントガラスへの車内の映り込みを軽減する偏光フィルターも用意されています。

これは3,000円とちょっと高いのですが、偏光効果か高く減光が少ないようなら魅力を感じますね。

現段階でパイオニアから中途半端な価格設定で、中途半端な性能の物を出しても売れないと思うのでどうせやるなら全てにおいてハイエンドの物を出してもらいたいです。

フロアカメラ、バックカメラの録画方式の詳細は不明

どうやらフロアカメラに関しては既存のサイバーナビ用の物を流用する模様です。

カロッツェリア(パイオニア) フロアカメラユニット ND-FLC1
パイオニア(Pioneer) (2016-09-30)
売り上げランキング: 21,259

 

バックカメラの方はND-BC8Ⅱを使用するようです。

カロッツェリア(パイオニア) バックカメラユニット ND-BC8-2
パイオニア(Pioneer) (2016-05-30)
売り上げランキング: 54

以下の配線図を見る限り、RCAのアナログ出入力となってるのでサブカメラの映像はあまり綺麗ではなさそうですが、他社のRCA出力のバックカメラの映像もフロントカメラで録画出来ちゃう系なんですかね?

良く分からないですが、それが可能ならなかなか幅広い選択肢をユーザーに提供してくれるモデルという事になりますね。

スポンサーリンク

今あるバックカメラと「ND-DVR30」+「オプションの分配器」で2カメラ録画が出来るなら素敵です。

危険挙動録画機能がなかなか斬新で面白い

「ND-DVR30」には「危険挙動録画機能」というものが実装されており、急加速・急減速・急ハンドル・速度超過などの挙動を検知すると警報音を鳴らし、おそらくその録画ファイルをロックするものを思われます。

警報自体はうるさくて仕方がないと感じるものかも知れませんが、使い方としては家族に初心者ドライバーや高齢ドライバーがいる家庭での各人の運転状況の確認というところを意識しているのかも知れません。

■ 高齢ドライバーが起こす死亡事故は本当に増えているのか?

駐車監視は内蔵バッテリー50分

「ND-DVR30」の駐車監視は内蔵バッテリーによる50分間の駆動となっており、長時間の駐車監視には対応していません。

また、配線を見る限りサブカメラを含めた駐車監視の運用も不可のように思えます。

この仕様を見る限り、「ND-DVR30」は2カメラ録画によるドライブレコーダーの走行中の証拠能力と、自分以外の家族などの運転をよく言えば「見守り」、悪く言えば「管理」する能力に長けたモデルと言えそうです。

(編集長 Omi)

この記事が気に入ったらいいね!しよう