私は年に数回北海道に出張しているのですが、ほとんど毎回と言っていいほど駐車料金が格安になる裏技を使っています。

正確にはこの裏技を使えるようなスケジューリングを行っているので、全てのケースで有効なものではありませんが、ちょっとした工夫で成田空港の駐車場を格安で使用する事が可能になります。

スポンサーリンク

無駄なコストを抑える為に航空券、駐車場代もケチる

私は2015年10月にそれまで20年間勤めていた会社を辞めて独立していますが、サラリーマン時代には国内線、時には国際線でも羽田空港を利用しており、国際線で成田空港を利用する場合はスカイライナーを利用していました。

まあ、これは会社の規定に従っていただけで特別私が経費を無駄遣いしていた訳ではありません(念のため)。

 

ただ、独立するに当たってはサラリーマン感覚から抜け出し、改めて経費に対して今までよりも深く考えざるを得なくなりました。(まぁ、普通の事です)

従って航空券は1円でも安いLCCを選びますので、当然発着は国内線であっても成田空港となります。

 

成田空港発着の国内線は、羽田便に比べて片道で1万円以上安い事も多く、特に早朝出発や夜の到着の便が最安値になる場合が多いです。

早朝便に乗るには電車では到底間に合いませんので車で深夜に出発する事になりますが、往復で236kmで高速代はETC割引で5,620円掛かります。

深夜から早朝の利用であれば、ETCマイレージサービに加入している場合、通常のETC割引の他に更に10%程度の還元が受けられます。

■ その手があったか!ETCマイレージサービス

 

それでも電車で往復した場合に比べると交通費は余分に掛かってしまいますが、こう言った車関係のサイトを運営している以上、なるべく車を運転する時間を増やしたいので車で成田空港に行く事に関しては譲れない部分ではあります。(笑)

とは言え、バカ高い駐車料金を払っていてはせっかく深夜に無理をして出てきたり、LCCを利用して交通費を浮かせるという努力が無駄になってしまいます。

駐車料金を安くする為に考えた事

駐車料金を浮かせる為に考えられることは、空港の敷地から少し離れた送迎付きの駐車場を利用する方法です。

これらの空港敷地外の駐車場は、空港から離れれば離れるほどユーザーにとっては不便になりますので、遠い駐車場ほど料金が安くなるだろうと思ったのですが、実はそんなことはありませんでした。

まずは空港のすぐ横にある、NEWフライトですが、1~2日の利用の場合は送迎付きで2,400円です。

 

長期になればなるほど、一日当たりの駐車代金は激安になりますので、駐車代金というよりも送迎に掛かる人件費とみて良いでしょう。

因みに、空港から6Km程度離れたJパーキングは、1日コースが設定されており、1,320円とかなり安めです。

ただ、送迎があったとしても空港から離れた駐車場は、長期の旅行でもない出張では色々と面倒な部分のデメリットの方が大きそうなもの気になります。

実は空港敷地内の駐車場が意外と安く使える

これは意外な盲点でしたが、成田空港敷地内であっても「早朝入庫」もしくは「深夜出庫」のどちらかに該当する場合には大幅な割引料金が適用されます。

※早朝は8時まで、深夜は22時以降です。

スポンサーリンク

まずは成田空港の概観図を見て下さい。

成田空港の敷地内にはP1~P5まで、5つの駐車場がありますが、国内線発着の第3ターミナルに一番近いのはP2です。

P2から徒歩で第3ターミナルまでは20分程度ですので、そこまで遠いわけではありません。因みに巡回バスでの移動も可能です。

成田空港第2ターミナルから第3ターミナルの移動方法

その中でも一番近いのが、「P2北付属」です。まずこれを良く頭に叩き込んでおきましょう。

では、P2の駐車料金は一体いくらでしょう。(2017年12月現在)

成田空港P2の駐車料金

P2の正規の駐車料金はこちらで確認出来ます。

■ 成田空港公式サイト

 

P2の正規の駐車料金は30分あたり260円、24時間までだと2,060円、48時間までなら4,060円となっています。

このままだと全く安くないですね。(笑)

 

ここで先に説明した「早朝入庫」もしくは「深夜出庫」を適用させると、駐車料金が最大で50%割引となります。

※早朝は8時まで、深夜は22時以降です。

スポンサーリンク

 

なお、割引内容についての説明は以下のようになっています。

■ 早朝・深夜割引のご案内

対象;以下の項目をすべて満たすお客様

①P-1、P-2、P-3、P-5いずれかの駐車場をご利用のお客様

②深夜0:00~早朝8:00に入庫、または深夜22:00~02:00に出庫されるお客様

③6時間以上駐車されるお客様

※普通車・自動二輪車・大型車の全車種が対象です。

割引内容;駐車場のご利用時間が6時間以上48時間以内の場合、駐車場料金が半額になります。48時間を越えてご利用の場合、24時間分の料金が割り引かれます。

流石にP2以外の駐車場は第3ターミナルまでは遠すぎて駐車する気にはなれませんが、P2に8時までに入庫、または22時以降に出庫した場合は半額の割引が受けられます。

 

以下のシミュレーターで入庫・出庫の時間を入力すれば料金が確認出来ます。

■ 成田空港P2駐車料金シミュレーター

 

例えば早朝5:00に入庫、20:00に出庫した場合、本来の料金は2,060円ですが、半額の割引で、なんと1,030円になります。

因みに敷地外の駐車場と比較すると、空港から6Km程度離れたところでも1日で1,320円ですから、これに比べても30%も安くなります。

また、1泊2日の行程で考えた場合も48時間以内であれば半額になりますので2,060円で駐車が可能です。

おそらくこれくらいの駐車時間であれば、敷地外よりもP2を利用した場合の方がコスト・時間的なメリットは大きいのではないでしょうか?

成田空港 国内線 第3ターミナルに一番近い駐車場「P2」への行き方

成田空港の敷地内は、結構ごちゃごちゃしていて分かりにくいので、初めてだとどこに入って良いか分からないと思います。

私も何回も通ってようやく道を覚える事が出来ました。(笑)

 

まずは成田空港に入るには必ず北側にあるゲートを通らなければなりません。

このゲートを超えると第1ターミナル、第2ターミナルの分岐があるので右側の第2ターミナル側に進みます。

次に第2ターミナル3階と2階の分岐がありますので、ここも右側の2階方向に進みます。

すると右側にP2の入り口が見えてきますので、右に入ります。

このゲートをくぐるときっと幸せになれるでしょう。

 

成田空港 第3ターミナルの駐車場のまとめ

以上、意外と高くなりがちと考えられている成田空港敷地内の駐車場を安く利用する方法について紹介しました。

これは考え方次第ですが、ビジネス用途であれば利益につながらないコストは出来るだけ抑えた方が良いですし、両行などの場合でも駐車料金を浮かせれば旅行先で使えるお金に回せますので、少しスケジューリングの工夫は必要ではあるものの、なかなか有効な裏技だと個人的には感じています。

(編集長 Omi)

この記事が気に入ったらいいね!しよう