データシステムの多機能マルチビューカメラ「MVC811」について、リクエストを頂いていたので、コペンのカーナビの入れ替えに合わせてバックカメラとして設置してみました。

「MVC811」のスペック、機能

「MVC811」はフロントカメラとしての使用を前提として、バックカメラとしても使用が可能な多機能マルチビューカメラです。

97万画素の水平視野角180°の超広角で、手元のスイッチで映像の表示が6パーターンから選択できる点が魅力のモデルです。

データシステム(Datasystem)マルチVIEWカメラ MVC811
データシステム (2017-04-20)
売り上げランキング: 17,883

 

 

 

付属品などのセット内容

付属品は以下の画像の通り、カメラ本体、スイッチケーブル、電源ケーブル、RCA延長ケーブル、その他小物類となります。

カメラのステーは以下のように、リアバンパー下などに付属の両面テープとビスを使用して固定する前提の形状となっています。

詳しい配線の接続方法は以下の説明書を参照してください。(まぁ、コントローラー以外は普通のバックカメラと同じかと)

■ 「MVC811」取付説明書

■ 「MVC811」取扱説明書

ナンバー上だと文字が隠れてしまいそうだったので、今回はナンバー横に付属の両面テープで固定しました。(落ちてきたら補強方法を考えます)

バックカメラとしての使用感

画質に関しては特にこれと言って特筆すべき部分もありませんが、普通のバックカメラと言った感じです。(ガイドラインは出ない)

中国製のAndroidオーディオに出力しているからかも知れませんが、ザザッとノイズっぽい線のようなものが出る事がありました。(これは出力するモニターによるものかと思います。)

ランエボ10に付けてある、コムテックの「SBC-10」よりは綺麗で見易いかとは思います。

夜間は色数を落として明るさを確保しているようです。

まあ、フル画面表示だとナンバーは何とか読み取れる感じなので、そこそこ精細感はあるのかも知れません。

 

画面表示の切り替わりは以下の通りとなります。

水平方向はほぼ真横が映り、カメラの設置位置や向きによっては垂直方向もバンパーの端と地平線が映せる視野角なので、当たり前ですが後方の認識能力が抜群に高いです。

 

因みに同社のバックカメラ「MVC800」の水平視野角140°のモデルだと真横までは映りません。

アルファードに付けてる、パイオニアのカーナビ推奨バックカメラの「ND-BC8-2」(水平129°)だとこんなもんです。

通常のバックカメラは中国メーカーの製品であればAUTO・VOXなどのそこそこ広角のモデルが2~4千円で買えてしまいますので、「MVC811」はちょっと高いですが、国内メーカーのモデルと比べるとそこまで価格は変わらないので、視野角の広さを考えるとなかなか良いのではないかと思いますね。

(編集長 Omi)

■ バックカメラのおすすめ18選をまとめて紹介!!

■ カー用品の持ち込み取り付け店舗の探し方

この記事が気に入ったらいいね!しよう