ドライブレコーダー用のモバイルバッテリーについて調べていたところ、なかなか良さそうなAUKEY「PB-N15」20,000mAhという製品が見つかったので、AUKEYさんにお願いして製品を供与して頂きました。

スポンサーリンク

このAUKEYという会社は香港の北に位置する中国の深センにある会社のようで、電子デバイスの工場が集中しているエリアです。

日本で販売されているドライブレコーダーも(一部の日本メーカーも含めて)このエリアで製造されているものが多いはずです。(どのメーカーとは言えませんが)

なお、AUKEYの製品はカーチャージャーやスマホのケーブル類などがAmazonで販売されていますが、2年位前に購入したカーチャージャーは、価格が安い割に品質が安定していると感じましたので、今回のレビューに踏み切りました。(中国メーカーは当たり外れが大きいので)

AUKEY シガーソケットチャージャー ブラック

■ スマホやiPhone、アイコスの車のシガーソケットからの充電が遅い、充電できない時の対策

スポンサーリンク

AUKEY「PB-N15」20,000mAhのスペック

「PB-N15」のスペックは20,000mAh、給電用USBポート×2、入力5V/2.1A、最大出力5V/3.1Aとなっています。

現状手持ちのモバイルバッテリーは5個あるのですが、そのうち20,000mAhクラスの大容量の物は3つあり、パススルー機能がついているものはソニーのCycle Energy「CP-B20」20,000mAh、パススルー機能なしの物はEC Technology「Power Bank」22,400mAhとなります。

このクラスのモバイルバッテリーの中では比較的小さ目で、サイズは「155mm×80mm×23.5mm」となります。

iPhone7と比べるとこんな感じです。(一番下はソニーの「CP-B20」20,000mAh)

他のモバイルバッテリーと比べると厚みが抑えられており、重量も控えめです。

まあ、USBポートの数は2個しかありませんけどね。(笑)

AUKEY「PB-N15」本体の重量は445g、ソニーの「CP-B20」は550g、EC Technologyの「Power Bank」は462gとなっていますので、この中では最軽量となります。

出張時には主にソニーの「CP-B20」を持ち歩いているのですが、タブレットPC・モバイルルーターなどと合わせると結構な重さになって来るので、このクラスとしては携帯性には優れていると思います。

正直、カバンが重いと長時間の移動は肩が痛くなるので、仕事で移動が多い人には普段使いもおすすめですね。

AUKEY「PB-N15」の出力検証

AUKEY「PB-N15」の出力状況をチェックする為、手元にあるガジェットでて当たり次第どれくらいの電流が流れるかテストしてみました。

スポンサーリンク

流れる電流量が多いほど、急速充電が可能という事です。

試してみたのは次の4つのガジェットです。

  • アイコス(iQOS)
  • iPhone 7
  • Windowsタブレット
  • モバイルルーター

アイコス(IQOS)での充電状況

インジケーター2個点灯状態でいずれもケーブルはアイコスの純正品を使用しています。

  • アイコスの純正アダプタ使用時~1.75A
  • AUKEY「PB-N15」~1.3A
  • ソニー「CP-B20」~1.55A
  • EC Technologyの「Power Bank」~充電不可

「iPhone 7」での充電状況

39%の電池残量でいずれもケーブルはiPhone 7の純正品を使用しています。

純正のアダプタは充電が遅いので普段は使用しませんがテストの為にケースから引っ張り出してきました。(笑)

  • iPhone 7の純正アダプタ使用時~安定の0.95A(笑)
  • AUKEY「PB-N15」~1.48A
  • ソニー「CP-B20」~1.55A
  • EC Technologyの「Power Bank」~1.72A

Windowsタブレット ASUS「T100HA」での充電状況

63%の充電量でいずれもケーブルは「T100HA」の純正品を使用しています。

  • 「T100HA」の純正アダプタ使用時~1.34A
  • AUKEY「PB-N15」~1.73A
  • ソニー「CP-B20」~1.31A
  • EC Technologyの「Power Bank」~1.37A

モバイルルーター WiMAX「WX02」での充電状況

純正のアダプタ&ケーブルが別の場所にあるので、今回は汎用品のケーブルと普段iPhone7の急速充電に使用している、多摩電子の「AxinG」のアダプターを使用しています。

充電量は0%です。

  • 「AxinG」急速充電アダプタ使用時~1.39A
  • AUKEY「PB-N15」~1.38A
  • ソニー「CP-B20」~1.39A
  • EC Technologyの「Power Bank」~1.39A

AUKEY「PB-N15」はiQOSがやや遅めですが、他は比較的そつなくこなせる感じでしょうか?

Windowsタブレットの「T100HA」については、この3つのモバイルバッテリーの中では最速で充電が出来そうです。

AUKEY「PB-N15」の蓄電量の検証

モバイルバッテリーは表記の蓄電量の70%程度の値が一般的と言われていますが、AUKEY「PB-N15」の蓄電量について計測した結果、13,000mAh程度でしたので、表記の65%と言ったところです。(ある程度個体差もある)

なお、充電回数の目安としてiPhone 7 Plusを4.5回以上となっていますので、2900mAh×4.5回=13,050mAhでちょうどピッタリ合う感じです。

価格帯を考えればかなりコストパフォーマンスは高いと言えますね。

ドライブレコーダーでの運用状況

ドライブレコーダーや機器の組み合わせによっては、動作が不安定になり、再起動を繰り返す現象が確認出来ましたので、その場合の対策方法です。

AUKEY「PB-N15」はパススルー出力時に給電側の電圧が4.7V程度まで下降する為、一部のドライブレコーダーでは動作が安定しないケースが見受けられます。

対策としては次のような補助電源端子付きのUSB分岐ケーブルを使用します。

Groovy 電源補助ケーブル付USBケーブル GM-UH004
Groovy
売り上げランキング: 6,433

このケーブルは入力側がUSB×2、出力側がminiUSBとなっていますので、入力側のメイン端子を車両のUSBチャージャー、補助端子をモバイルバッテリーの出力端子に挿します。(どちらでも構わないと思うのですが…)

ドライブレコーダー側のminiUSBはケーブル長が短いので次のような延長ケーブルを使用します。

なお、上記のケーブルは納期に時間が掛かる為、今回は短めの90cmの物を使用しましたが、その状態ではUSBチャージャー側から給電され、かつモバイルバッテリーが充電されている場合には、電圧不足のモバイルバッテリーからの給電が止まり、5Vで安定しています。(この方がモバイルバッテリーの充電も早くなる)

※駐車監視中はモバイルバッテリーへの充電ケーブルは抜きます。

この方法なら別にパススルーのモバイルバッテリーでなくても便利に使用出来てしまう事に気が付いてしまったので、今後はあまりパススルーにこだわる必要がなくなったかも知れません…。

(編集長 Omi)

■ USB Type-CのPD入力・出力対応のモバイルバッテリー

■ パススルーモバイルバッテリーのまとめ

この記事が気に入ったらいいね!しよう