★☆★期間限定~お得なセール・クーポン情報のまとめ★☆★

アクションカメラで有名なYIテクノロジーからエントリークラスの日本向けドライブレコーダーが7月に発売されているようです。

型番は良く分からないのですがAmazonに表記されている「89022」と言うのが型番でしょうか。

スポンサーリンク

このモデルの特徴はGPSと駐車監視に非対応ながら、2304×1296/30fps、1920×1080/60fpsの録画モードにとWiFi、前方衝突・車線逸脱などの安全運転支援機能にも対応していながら、価格が8,000円台と非常に安い点です。

個人的にはこのモデル単体と言うよりも、4K/60fpsの録画モードに対応したIYテクノロジーのアクションカメラの方に興味があり、海外取り寄せで試してみたいと考えているところです。

■ 4Kのドライブレコーダーって既に発売されている?

YI Technologyは中国のスマホメーカー「Xiaomi」の関連会社のドローンメーカーなのですが、「Xiaomi」はスマホの世界シェアがサムスン、アップル、ファーウェイに次いで4番手につけている大手メーカーです。

アクションカメラ界隈では年始からかなり話題に上っていた製品で、アクションカメラでNo.1の高画質と言われている「GoPro HERO5」とほどんど変わらない画質で、更に4K60fpsの動画(「GoPro HERO5」は4K30fps)が撮影できると言われています。

スポンサーリンク

YIテクノロジー WiFi対応ドライブレコーダーのスペック

「89022?」のスペックは以下の表の通りです。

YIテクノロジー
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
YI 89022
17.07発売
参考価格 17.08.05
7,990円
Amazon
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080/60fps
2304×1296/30fps
逆光補正 不明
LED信号対応不明
60fps/30fps
対角165°(レンズ)
付属16GB
最大64GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSなし
WiFi対応
安全運転支援機能
駐車監視モードなし
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

スペックを見る限り録画視野角がそこそこ広そうで、2304×1296/30fps、1920×1080/60fpsの録画モードに対応している事から、画質設定次第では高精細と景色撮影には滑らかな動画が期待出来そうです。

どうやら2016年頃から海外で販売されているもののようですがYoutubeにアップされている動画はかなり圧縮されているようですので、画質の良し悪しは全く分かりません。

ダイナミックレンジは充分広いように見受けられます。

 

日本語ではあるが使用は海外向けっぽい

見る限り日本語の説明書は付属するものの西日本LED信号には非対応の可能性が高いです。

駐車監視にも対応していないようですね。

ただし、東日本中心で使用し、駐車監視も必要ないのであればかなりコストパフォーマンスが高いドライブレコーダーと言えるでしょう。

YIテクノロジーにはハイエンドクラスに期待したい

今のところ全く影も形もありませんが、YIテクノロジーには4K60fpsのドライブレコーダーの発売を期待したいですね。(超趣味利用ですが)

ただ、その為にはLED信号や駐車監視モードの実装、常時電源ケーブルの面などでクリアしなければならないハードルが結構あるとは思うのですが、画質超特化型のドライブレコーダーなんかでも結構面白そうだなとは思います。

(編集長 Omi)

■ WiFi対応のドライブレコーダー

スポンサーリンク

■ ドライブレコーダーおすすめ43機種をドバっと紹介!!

■「初心者向けのエントリークラス」おすすめドライブレコーダー4選

■「便利なスタンダードクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■「高画質なハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー6選

■「駐車監視に特化したハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■ ドライブレコーダー トップメニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう