ユピテルから2018年モデルレーダー探知機「GWR403sd/A330」が発表されています。

「GWR403sd」「A330」の違いは販路のみで、中身は同等品と考えられます。

スポンサーリンク

今のところAmazonでは在庫なしの準備期間中のような扱いになっていますので、発売は2月上旬くらいになるでしょうか?

 

 

このところドライブレコーダーの業界全体の売上が上昇していますので、このタイミングでユピテルがレーダー探知機の新モデルを発表してきたのは意外です。

もともと完成度の高いメーカーですので、昨年の同時期に小型移動オービスのレーダー波の探知が実装された事を考えると、今年の年次更新は対策年の差別化が難しいのではないかと考えています。

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「GWR403sd」「A330」での更新ポイント

「GWR403sd/A330」の更新ポイントは全体的にはやはりマイナーチェンジと言う印象ではありますが、ところどころユピテルらしい?新要素が含まれているように感じます。

主な更新ポイントを見ていくと以下の4つのポイントとなります。

  • 標高データの収録による警報の精度アップ
  • 警報時の制限速度と実速度の表示・警報文字サイズの拡大
  • 説明ボアアップ機能の追加
  • ブラケットの高さ変更機能

私自身は2016年からユピテル・コムテック・セルスターのレーダー探知機を比較の為に3台搭載で使用していますが、やはり警報の精度や使い易さなどの点を考えるとユピテルが一番だと感じています。(ただし、GPSデータ更新の費用が有料なのもユピテルだけ)

2018年モデルの全体感としては、更に警報の精度と使い易さに特化させてきたと言う印象を受けます。

まあ、大きな方針変更や機能の追加はないのですが、全体の問題点を再度ピックアップして改善したというところでしょうか。

標高データと気圧センサーで誤報を防止する?

標高GPSデータの収録をどのように生かしてくるのかは実際に使用してみなければ分からない部分もあるのですが、高速道路の真下に側道があり、オービスが設置されていたり取締りポイントとして収録されているようなケースで有効になるのではないかと思われます。

まあ、もともとこの辺りの精度に関しては3社の中でも最も高いと感じていますので、ユーザーに対してのセールスポイントとしてさらに有効になるかどうかは不明ですね。

逆にこれと同じことを全体的に完成度が低いコムテックが実装してくると衝撃的です。

警報時の制限速度と実速度の表示

私自身はこのサイトを運営するようになってから、制限速度と実測度にはかなり注意を払って運転していますので、うっかりスピード違反を犯す可能性は極めて低いと思っている(だけかも?)のですが、以下のようなメッセージウィンドウに警報対象に応じて各種情報が表示されるようになりました。

あまりにも情報量が多過ぎるのも考え物ですが、最低限の情報に絞って、しかもかなり見やすいデザインとなってますね。

従前と比べると警報文字も大きくなり、アイコンなどを理解する必要も薄れました。

スポンサーリンク

個人的には2018年の更新ではこの変更ポイントが最も興味を惹かれました。(昨年はユピテルのモデルは買い換えていないので、買い換えても良いかな?と感じています)

説明ボアアップ機能の追加

レーダー探知機の各種機能はマニアックな項目や設定が多い為、説明書を良く読まなければ分からない部分が多いです。(昨年は比較の為に3社の説明書を熟読しました)

何だかよく分からずに機能の設定をしている方も多いと思うのですが、今回の更新ではインターフェイス周りのデザインや構造が大幅に見直されており、項目を長押しする事でボアアップの説明を表示させる事が出来るようになりました。

レーダー探知機はユーザー側がそれぞれの機能の特徴や仕組みを理解していないと、自分にあったベストな設定にならない可能性がある為、地味な変更点ではあるものの、実用性は高いと感じます。

ブラケットの高さ調整機能

この部分に関しては、いざ実装されてみると「なぜ今まで実装されなかったのだろう?」と感じるくらい便利な仕様だと思います。

レーダー探知機の台座と首の部分は見た目がかなり微妙ですし、車種と座高によってはドライバーの前方視界を妨げる恐れがあります。

因みに私の場合には過去にこの問題から、嫁と共有する車へのレーダー探知機の取り付け位置がおかしな事になっています。(笑)

■ アルファードにレーダー探知機を取り付け

この更新ポイントも一見地味ですが、ユーザビリティを高めると言う点では高評価です。

「GWR403sd/A330」のまとめ

「GWR403sd/A330」は微小なマイナーチェンジモデルかと思いましたが、更新ポイントを細かく見ていくと、レーダー探知機を気持ち良く使用する為の改善が多いと感じます。

また、警報の精度に関しても更にレベルが上がっているのではないかと思われます。

スポンサーリンク

2017年モデルからの買い替えは微妙ですが2016年以前のモデルからの乗り換えなら、満足出来そうな気がしますね。

 

 

(編集長 Omi)

この記事が気に入ったらいいね!しよう