※パパゴ「GoSafe 268」を使用してみましたので、レビューを追記しました。

PAPAGO!JAPANから、7月28日に最新ミラー型ドライブレコーダー「GoSafe 268」が発売されています。

GS268 package

スポンサーリンク

SONYのExmorを搭載しているとの事ですので、画質はかなり良さそうです。

同社のミラー型ドライブレコーダーには2015年モデルの「GoSafe 372」がありますが、「GoSafe 268」と「GoSafe 372」との違いについてなどを中心に見て行きます。

デザインはほぼ同じか?

両方とも実物が手元にありませんので、画像での比較になりますが、デザインの面では「GoSafe 372/268」は全く同じもののように見受けられます。

PAPAGO GoSafe 372
PAPAGO GoSafe 372

GoSafe 268
GoSafe 268

スポンサーリンク

もともとミラー部分に後続車のヘッドライドの光を軽減する防眩加工が施されていましたので、この辺りも「372」の仕様を引き継いでいるようです。

液晶の大きさも2.7インチ、変形と滲みに強いガラスレンズ使用に関しても「372」と同様です。

機能面では速度超過警告が追加されている

PAPAGO!のドライブレコーダーには、速度制限標識を読み取って警報を発するモデルが多いのですが、「GoSafe 268」にはオプションのGPSアンテナを装着する事により、読み取った制限速度に対する速度超過にも警報を発します。

直近に発売された「GoSafe 520」の標識の読み取りに関しては、ドライブレコーダーのこの手の機能としてはかなり精度が高く、実用的です。

普段、何気なく40キロ制限の道路を50キロ程度で走行している際にも警報が発せられますので、うっかり10数キロオーバーによる検挙の抑止が充分期待できます。

※道幅が広いので50キロ制限と思い込んでいた道路が40キロ制限だった事を改めて認識させられた事があります。

【GoSafe 520の速度制限標識の読み取り】

 

画素数は350万→200万だが、CMOSセンサーが強化

そもそも「GoSafe 372」を使用したことが無いのですが、このモデルは350万画素のCMOSセンサー、「GoSafe 268」は200万画素のSONY Exmor CMOSセンサーを採用しています。

それで画質がどう変わったかは両モデルを同条件で比較する他はないのですが、おそらく「GoSafe 268」は「GoSafe S30PRO」と内部的にはかなり似たモデルではないかと思います。

「GoSafe S30PRO」も200万画素のSONY Exmor CMOSセンサーですが、HDRなし、「GoSafe 268」はHDRありとなっています。

イメージ的には「GoSafe S30PRO」に近い画質になるのでしょうか?

【GoSaSafe S30PRO高速道路 】

スポンサーリンク

 

何れにしても、ミラー型ドライブレコーダーの中では画質的には最高峰になるのではないかと思います。

付属のmicroSDと最大容量がアップ

付属のmicroSDカードは8GBから16GBに、使用可能なメディアの最大容量は32GBから64GBへとアップしています。

メーカーパパゴ
》》》工賃が安い「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店の探し方
メーカー
サイト
GoSafe 268
GoSafe 268 GS268-16G
GoSafe 372
PAPAGO 国内正規販売品 送料無料 ミラー型&上下左右可動式カメラレンズ採用のGセンサー搭載フルHD高画質ドライブレコーダー「GoSafe 372」GS372-8G GS372-8G
発売日16.0715.09
参考価格
16.07.25
20,980円18,162円
最新価格Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
》》》知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
解像度1920×10801920×1080
西日本LED
信号消失対応
フレームレート 30fps30fps
水平視野角水平110°
対角135°
水平不明
対角130°
逆光対策SONY Exmor
HDR
HDR
付属microSD16GB8GB
microSD最大対応64GB32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
録画タイプ常時/Gセンサー常時/Gセンサー
GPS測位PAPAGOドライブレコーダー専用GPSアンテナ
安全運転支援
駐車監視機能モーションセンサーモーションセンサー
タイムプラスありタイムプラスあり
内蔵バッテリーなし
専用ケーブル
A-JP-RVC-1
バッテリーあがり
防止機能あり
》》》モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
駐車監視モードがない車で、駐車監視を行う裏技
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

ミラー型のドライブレコーダーの購入を検討しているのであれば、一番おすすめ出来るモデルになるかも知れません。

「GoSafe 268」を使用してみました

実際に「GoSafe 268」、「GoSafe 372」を使用してみましたので、評価、レビュー報告をおこないます。

2016y08m08d_143843597

「GoSafe 268」は「GoSafe 372」の後継機ではない

「GoSafe 268」の購入を検討している方は、おそらく「GoSafe 372」も視野に入れていると思いますので、先に「GoSafe 372」のレビューを確認して頂いた方が良いと思います。

■ パパゴ「GoSafe 372」のレビュー、評価

まず初めに「GoSafe 268」は「GoSafe 372」とそっくりで、ボタンの色以外の外観上の違いはありません。

ミラーとしての性能や使い勝手も「GoSafe 372」と同様です。

基本スペックは「GoSafe 268」のCMOSにSONYのExmorが使用されている点、付属microSDカード、最大対応容量の違い意外には、どこが変わったのか良く分かりませんでした。

使用してみて感じたのは「GoSafe 268」は「GoSafe 372」の改良版ではなく、別系統のモデルであるという点です。

「GoSafe 268」のスペック詳細

「GoSafe 268」のスペック詳細は以下の通りとなります。

パパゴ
ドライブレコーダーの持込取り付けが出来るお店
GoSafe372V2
GoSafe268
GoSafe 268 GS268-16G
17.04発売16.07発売
参考価格 17.05.07
17,980円18,898円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
--
1920×10801920×1080
全国LED信号
30fps30fps
水平不明
対角130°
水平110°
HDRHDR
付属16GB付属16GB
最大32GB最大64GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS付属GPSはOP
安全運転支援安全運転支援
駐車監視モード
動体検知
タイムラプスあり
専用ケーブル
A-JP-RVC-1
バッテリーあがり
防止機能あり
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

パパゴ「GoSafe 372」のレビュー、評価より

ミラー型のドライブレコーダー自体のラインナップが少ないのですが、競合モデルは同社「GoSafe 268」、セルスター2モデル、ユピテルの1モデルとなります。

セルスターのCSD-620FH/630FH」は、おそらくレーダー探知機相互通信タイプの「CSD-610FHR」と同じレンズやチップセット、CMOSセンサーを使用していると思われますので、「CSD-610FHR」の画質を参考として考えます。

「DRY-AS380M」については未使用です。

西日本LED信号への対応

「GoSafe268」については初期ロットから西日本LEDに対応しているようです。

パソコンがないのであればファームウェアの更新は難しいので、パソコンがない方には嬉しい対応だと思います。

視野角の違いでドライブレコーダーとしての性格が大きく変わる

この2モデルの性格を分けている大きなポイントが「GoSafe 268」が超広角なのに対して「GoSafe 372」はドライブレコーダーの平均値からみると視野角が狭い点です。

視野角が超広角、文字を拡大した時の鮮明さも超ハイレベルなのが理想ではありますが、これは限られた解像度の中では難しい部分です。

視野角が狭い方が、同じ「1920×1080」の枠の中に映る範囲が狭いので、ナンバーなどの撮影対象が画面一杯に大きく映ります。

【GoSafe 372が内側、CSD-610FHRが外側】

2016y08m06d_120627553

【CSD-610FHRが内側、GoSafe 268が外側】

2016y08m06d_115456764

視野角が狭いモデルは広いモデルに比べて光学ズームが効いているのと同じですので、映っているものは大きくハッキリと見えます。

【GoSafe 372とCSD-610FHRの比較】

 

視野角の差以上にレンズの種類や組み合わせの精度の差が出ているようで、「CSD-610FHR」の方は「GoSafe 372」に比べてかなりぼやけていますね。

では「CSD-610FHR」よりも広角で同じ解像度の「GoSafe 268」はどうでしょう?

【GoSafe 268とCSD-610FHRの比較】

これを見る限りは「GoSafe 372」と比べても遜色ないくらいハッキリ映っているように見えます。

「GoSafe 268/372」ともにガラスレンズで高性能なCMOSを使用していますので、他社のフルHDのモデルと比べるとどちらも精細感は高いですし、「GoSafe 268」についてはフルHDのモデルの中では、ミラータイプ以外のドライブレコーダーも含めて、視野角・精細感ともに最高レベルだと思います。

また、「GoSafe 268」の方はSONYのExmorを使用していますので、色目が自然で「美しい」と言った印象です。

 

同じくExmorと搭載しているセルスターの「CSD-610FHR」との違いを見ると、ドライブレコーダーのトータル技術に著しい差があるように感じます。

 

 

「GoSafe 268」はExmorの能力を最大限に活用出来ている

SONYのExmor CMOSセンサーは、色の階調が豊富なのが最大の特徴ではないかと思いますが、「CSD-610FHR」の方は色目もぼんやりしています。

一方で「GoSafe 268」は空の青さや、木々の緑の色の出方がとても素晴らしく、みずみずしさまで感じ取れます。

速度標識の認識率はどれくらい?

パパゴのドライブレコーダーで好評なのが、速度標識の読み取りと警告ですが、この部分では「GoSafe 268」は「GoSafe 372」に比べて読み取り精度が落ちます。

これは同じ解像度の中で広い範囲を撮影しているので、ある程度仕方がない部分ではあると思います。

 

標識が街路樹に隠れているケース、極端な逆光下では読み取り精度が落ちていますが通常の環境下ではそれなりに読み取ってくれます。

一方で「GoSafe 372」に関してはシビアコンディションでもしっかりと標識を認識しています。

 

夜間も明るくハッキリと映っている

夜間に関しては「GoSafe 372」の方は前方の車のナンバーなどはかなりハッキリと映りますが、全体的にはやや暗めな印象でした。

一方で「GoSafe 268」については、全体的に明るめで、視野角が広い為ナンバー等は小さく映りますが、全体的にキレのあるクッキリとしたイメージです。

 

セルスターの「CSD-610FHR」と比較すると、ガラスレンズの効果が良く表れているのが分かります。

 

駐車監視について

駐車監視については、「GoSafe 372」と同様にモーションセンサーによる30fpsでの録画と、1fpsでのタイムラプスの常時録画モードがあります。

 

綺麗…と言うよりも「美しい」という表現が似合いそうな画質です。

モーションセンサーによる録画は、64GBのmicroSDカードで9.5時間、タイムラプスであれば20~30倍の録画時間になるかと思います。

「GoSafe 268」の総評

画質という面ではフルHDのドライブレコーダーの中では最高レベルだと思います。

視野角が広い為、走行中の状況証拠を残す上では最強に近いですし、標識も6割程度の読み取り率で精細感も他社のモデルに比べれば断然上だと思います。

一方で駐車監視を考えた場合、正面からの衝突に関しては「GoSafe 372」の方が狭い範囲を拡大して撮影している為、「GoSafe 372」に分があります。(標識の読み取り率も90%以上ではないかと思います)

どちらも専用の常時ケーブルでの駐車監視が可能ですが、駐車監視重視なら「GoSafe 372」、走行中の動画が重視なら「GoSafe 268」がおすすめではないかと思います。

個人的にはどっちが好きかと聞かれれば「GoSafe 268」の方だと答えます。

■「GoSafe 268」128GBのmicroSDカードの使用

■「GoSafe 268」タイマー付き常時電源ケーブルでの駆動

■「GoSafe 268」モバイルバッテリーでの駆動

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダーおすすめ43機種をドバっと紹介!!

■「初心者向けのエントリークラス」おすすめドライブレコーダー4選

■「便利なスタンダードクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■「高画質なハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー6選

■「駐車監視に特化したハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■ ドライブレコーダー トップメニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう