★☆★期間限定~お得なセール・クーポン情報のまとめ★☆★

DRY-AS375WGc」が、ユピテルとしては初の西日本LED信号対応のドライブレコーダーとして発売されました。

DRY-AS375WGcはユピテルのアッパーミドルモデル

ドライブレコーダーの国内メーカーとしては、過去の実績ベースではNo.1の地位を誇っていたユピテルですが、パイオニア・パナソニック・ケンウッドのカーナビ御三家が2015年モデルで西日本LED信号に対応してきたのを受けての改善です。

スポンサーリンク

また、安全運転支援機能(出発遅延警報のみ)も搭載しています。

ユピテルファンとしては嬉しい変更点ですし、画質そのものに関してはブランド力で売れているカーナビ御三家のモデルよりもユピテルの方が良いと感じます。(いくつもドライブレコーダーの動画を編集して比較した経験から)

一般用途ではそこまでの高画質は求められないのかも知れませんが、4Kのディスプレイで再生すると結構画質に差が出ます。

ユピテルは「DRY-AS375WGc」で、レベルの高い基本性能にプラスαで前述のカーナビ御三家の主力モデルにスペックを被せて対抗しようという算段のようです。

従って競合モデルは、パイオニアの「ND-DVR10」、パナソニックの「CA-XDR51D」、ケンウッドの「KNA-DR350」辺りとなるでしょう。

ただし、このモデルはHDRやWDRなどの逆光対策を搭載していおらず、ユピテルのハイエンドのカテゴリーの中では下位に位置するモデルだと思います。

スポンサーリンク

今後、上位に当たるモデルで逆光対策や、その他の安全運転支援機能を搭載するモデルを発売する上での試金石的な位置付けではないかと考えられます。

DRY-AS375WGcのスペック

DRY-AS375WGc」は、30fpsながら西日本LED信号の消失問題に対応しています。

西日本LED信号の消失問題への対応方法については、企業秘密なのかノウハウは公開していません。

メーカー特徴ユピテルパイオニアパナソニックケンウッド
》》》工賃が安い「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店の探し方
機種DRY-AS375WGc
ユピテル(YUPITERU) 『安全運転支援機能』 + GPS&Gセンサー搭載 310万画素CMOS 高画質 ハイグレード ドライブレコーダー DRY-AS375WGc
ND-DVR10
Pioneer(パイオニア) カロッツェリア ドライブレコーダーND-DVR10
CA-XDR51D
パナソニック(Panasonic) Full HD ドライブレコーダー CA-XDR51D
KNA-DR350
KENWOOD スタンダードドライブレコーダー KNA-DR350
発売日2016.022016.022015.112015.09
》》》セール、キャンペーンの状況次第でオートバックスが最安値になるモデルもあります。
参考価格
16.02.22
23,220円19,900円23,217円17,280円
最新価格Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
》》》知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
解像度1920×10801920×10801920×10801920×1080
西日本LED
信号消失対応
フレームレート30fps27.5fps55fps
27.5fps
27.5fps
水平視野角92°105°120°100°
逆光対策-WDRWDRHDR
付属microSD16GB32GB8GB16GB
microSD最大対応32GB32GB32GB32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
miniUSB
GPS測位
録画タイプ常時/Gセンサー常時/Gセンサー常時/Gセンサー常時/Gセンサー
安全運転
支援機能
---
駐車監視機能-モーションセンサー-モーションセンサー
-内蔵バッテリー50分
満充電180分
-内蔵バッテリー25分
満充電100分
駐車監視モードがない車で、駐車監視を行う裏技
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

DRY-AS375WGc」は、基本的にはベーシックという位置づけですが、次の2点で他社モデルとの差別化を行っています。

小型で目立たない

小型で取り付けマウントの高さが無い為、とにかく目立ちません。

更にフロントガラスにレンズを密着させる事が可能で、これによりダッシュボードなどの映り込みを軽減出来るというメリットも発生します。

ユピテルはこの円筒のモデルを従来から発売していますが、取付の際にレンズの角度を調整するのがやや難しいという問題点がありました。

DRY-AS375WGc」は、レンズ部が上下に稼働するタイプなのでレンズの角度調整が容易になっています。

出発遅延警報

この機能は、ユピテルの言うところの「アクティブセーフィティー」機能の一部で、他の機種では「追突防止機能」「疲労警告機能」などが実装されています。

DRY-AS375WGc」に搭載されているのは、このうちの1種類のみとなります。

2016y02m22d_002344393

【DRY-AS400WGのサンプル動画】

スポンサーリンク

 

DRY-AS375WGcの物足りない点

西日本LED信号に対応している点はかなりポイントは高いですが、視野角が狭く、逆光対策も搭載されておらず、駐車監視モードもないのが残念です。

画質の面では基本性能が高いとは言え、価格帯を考えるとちょっと様子を見た方が良いのではないかと思えるモデルです。

DRY-AS375WGcのまとめ

西日本地域のユーザーで、超小型のドライブレコーダーを取付ようと考えているなら、今のところ競合するモデルがありません。

従って、このモデルがおすすめなのは、ズバリ西日本地域にお住いで、超小型で目立たないドライブレコーダーを搭載したいと考えている人です。

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダーおすすめ43機種をドバっと紹介!!

■「初心者向けのエントリークラス」おすすめドライブレコーダー4選

■「便利なスタンダードクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■「高画質なハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー6選

■「駐車監視に特化したハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■ ドライブレコーダー トップメニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう