夏には暑さをしのぐために、涼しい場所に訪れたくなるものですね。

夏といえば、海や川などで、だれでも涼しくなることができるスポットに行って、涼を求めたくなりますが、東京や大阪などの大都市ではなかなかそのような場所を見つける事も出来ません。

ですが、大都市の周辺には大自然が広がり、涼を求めることが出来るスポットがたくさんあり、最高のドライブスポットといえる場所が点在します。

関西圏においても、大阪の周囲には涼を求めることが出来るドライブコースがあり、その一つにまさに絶景と涼しさが味わえる滝があります。

スポンサーリンク

緑豊かな快適なドライブコース 国道169号

奈良県内を走る国道は数々ありますが、その中でも道路沿いに名所がたくさんあるのが国道169号です。

蜻蛉の滝01

この国道沿いには、桜で有名な吉野山があったり、川遊びを楽しむ事が出来る吉野川があったりと、見どころがたくさんなります。

そんな国道169号をさらに山々がそびえたつ方向へと走り続けると、五社トンネルというトンネルが現れます。

この五社トンネルを抜けてすぐにある交差点を右折すると、おすすめのドライブの立ち寄りスポットがあります。

国道169号は国道とは言いますがますが、片側1車線なので、道に迷う事もまずないと言えます。

ですが、トンネルを抜けて一つ目の右折する交差点は意外に見落としがちなので注意が必要です。

右折する交差点の目印としては、あきつの小野スポーツ公園という施設があるので、この施設を目印として走れば比較的迷う事もないと思います。

アクセスがとても良好な「蜻蛉の滝」

奈良県内のおすすめのドライブコースの立ち寄り場所が、「蜻蛉の滝」です。

この滝がおすすめの理由は、滝がある場所は大抵が山の奥で、車を停めて、登山しないとたどり着けないという所が多いですが、蜻蛉の滝はアクセスがとても楽で、軽装で訪れることが出来る点です。

蜻蛉の滝02

特別な装備などは一切必要ありません。

蜻蛉の滝の手前には、県民グラウンドがあって、このグランドに無料駐車場があるので、車を停めて、徒歩5分程度で蜻蛉の滝に着いてしまいます。

滝までの道もとても整備されていて、道もコンクリートが塗られているので、普通の靴で歩くことが出来るので安心です。

スポンサーリンク

 

巨大な滝壺が目を見張る蜻蛉の滝

蜻蛉の滝で目を見張るのがその巨大な滝壺です。滝から落ちる大量の水で削られたとても大きな滝つぼは、上からのぞくと吸い込まれそうでとても迫力があります。

蜻蛉の滝03

蜻蛉の滝はとても水量が多く、滝の高さも数十メートルあるので、とても大迫力です。

滝のすぐそばまで行くことが出来るので、滝から飛び散るしぶきを体に感じてとても涼しくて、マイナスイオンをたっぷりと浴びることが出来て体もリフレッシュします。

駐車場からすぐの場所にあるにもかかわらず、これほど大きな滝があるのかと驚くこと間違いありません。

暑い夏には絶好の自然のクーラーといえて、イスなども備えられているので、ゆっくりと涼むことが出来ます。

滝の手前の川で川遊びもオススメ

蜻蛉の滝の入口のところには、小さな川が流れていて、この川もとても綺麗で小さな魚やカニなどもいて、川遊びには最高です。

特に小さなお子さんがいる家族で行く場合には、大自然の中で川遊びが出来て最高の思い出になる事は間違いありません。

更に嬉しいのが、とても綺麗なトイレがあるので、山の奥の場所ですが、トイレがなくて困るといったこともありません。

山の中にあるトイレといえば大抵が汚れていたりするのですが、とても整備されていて、周囲もとても綺麗で清潔感もあります。

緑豊かな山々、美しい川、迫力ある滝と様々な魅力があるドライブコースと言え、とてもオススメです。

国道169号を南へ走り続ければ和歌山県の新宮市までたどり着く

国道169号は非常に長い国道で、奈良県から南へ走り続ければ、なんと和歌山県の新宮市までたどり着くことが出来ます。

その間、ずっと山間の道を走り続けますが、時間がある場合には、和歌山で一泊するつもりで、大自然広がる国道169を出発地点から終点まで駆け抜けてみるというチャレンジをしてみるのも面白いかもしれません。

(ライター ゆう)

スポンサーリンク