夏のレジャーといえば、真っ先に思いつくのが海ではないでしょうか。

家族や恋人同士でドライブに出かけるといった際のドライブコースとして海は最適といえます。

日本は島国で、海に囲まれていますが、大都市周辺の海はどうしても汚れてしまっているので、自然が残る地方の海へ出かけることが多くなりますが、大都市から比較的近くにありながら、とても美しい海を満喫できると言う穴場スポットが各地にあります。

和歌山県内にも、大都市の大阪との県境に位置しながら、豊かな自然と非常に透明度が高い美しい海が残り、海沿いを軽快に走行することが出来るドライブに最適なスポットがあります。

スポンサーリンク

大都市近郊なのに、自然がいっぱいの「加太」

和歌山県と大阪府のちょうど県境という位置に立地していて、大阪からのアクセスがとても良好で、ドライブコースに最適なのが、和歌山県の「加太」です。

加太-友ヶ島01

和歌山県の加太は海に面していてビーチもあるので夏に海水浴を楽しむ人々でも大変賑わいます。

大阪から和歌山にかけて走る国道26号沿いから少し外れたところに位置する加太ですが、国道沿いから少し外れるだけで、急にレトロな街並みが広がり始めます。車を運転していても、非常に歴史を感じさせる古い建物が残っていたり、レトロな駅舎があったりと、眺めているこの先に何が待ち構えているのだろうとワクワクしてきます。ひとたび海沿いに出れば、澄み切った美しい海に感動すること間違いありません。

加太で是非とも訪れたい淡島神社

加太の街中にある有名なスポットが淡島神社です。この神社がなぜ有名かというと、お人形を供養する神社として有名で、神社の境内には無数の日本人形などが供養のために飾られていて、とても異様な景色が広がっています。

加太-淡島神社01

無数の人形が祭られている姿はこの神社でしか見ることが出来ないと言え、一度は見ておきたい光景です。

宝物館もあって、その中には髪の毛が延びるなどと言われているお人形などがお祀りされています。

スポンサーリンク

 

ラピュタの島と呼ばれる友ヶ島

加太の街から少し離れた、船で訪れなければいけない場所に友ヶ島と呼ばれる島があります。

この島が隠れたスポットで、最近ではラピュタの島と呼ばれています。

加太-友ヶ島遺跡01

宮崎駿先生が描かれたアニメのラピュタに登場するような世界が、友ヶ島には残っています。

この島は、その昔は軍隊の砲台等が設置されていて、砲弾をしまっていた倉庫などが赤いレンガで作られていて、そのような施設が現存していて、その姿が、ラピュタに出てくるお城や町の風貌にとてもよく似ていると話題になっています。

 

また、友ヶ島は、船で訪れる島なので、加太の街の海より更に水質が良くなっています。

友ヶ島にもビーチがあって海水浴などを楽しむ事も出来ます。

加太の途中にある道の駅もおすすめ

加太の街へたどり着く途中に、道の駅が出来ていて、その場所では、海釣りが出来る釣り堀があるので、ドライブの途中に釣りを楽しむ事も出来ます。

海の上に建つテラスのような作りにもなっているので、上空から綺麗な海を見下ろすことが出来、ドライブの休憩スポットとしてもお勧めです。

また、取れたての生きた魚を購入することや、加太の名産をおみやげとして購入する事も出来ます。食事をすることが出来る施設などもあるので、途中休憩に利用してみるのもお勧めです。

加太へ行くには

加太へ行くには、大阪市内から和歌山にかけて延びる国道26号を走って、大阪と和歌山の県境で海沿い方向へ走っていく事でたどり着けます。

 

道路案内標識に従って走ればそれほどルートは難しくないので迷う事もまずありません。

(ライター ゆう)

スポンサーリンク