周囲約160kmの周防大島(正式名は屋代島)、昭和51年に開通した立派な大島大橋を渡って島を巡るコース、丁度いい距離感のドライブが楽しめます。

周防大島って?

瀬戸内海では淡路島、小豆島に次いで3番目に大きい島で、人口は20000人前後で推移しており、島の形から「金魚島」との愛称もあります。

またみかんの特産地としても有名で、山口県に流通するみかんの80%は島産とのこと。

島の花: みかんの花、島の木: みかんの木という徹底ぶり、島中のいたるところにみかんの木が見られます。

スポンサーリンク

周防大島みかんの花の時期

みかん鍋(文字通りみかんの鍋)というチャレンジング?な新名物もあり、攻めのスタイルを貫く本気のみかん島です。

因みに周防大島でみかんの花が咲く時期は、その年の気温の変動にも左右されますが例年だと5月初旬が多いようです。

》》》周防大島町 公式サイト

ハワイのカウアイ島と姉妹島だそうで、夏休みの毎週土曜日にはサタフラこと「サタデーフラ」が開催されているという、景観だけでなくライフスタイルも南国なのです!

 

さぁ、「瀬戸内のハワイ」周防大島へ!

連続トラス橋としては世界2位の長さを誇る全長1020mの大島大橋、美しい黄緑の橋を渡って周防大島へ渡るとそこは南国!

橋は徒歩でも渡ることができ、厳しい潮流の中で巻き起こる迫力のうず潮も楽しめます。

大島大橋の好眺望、飯の山

この島は時計回りのドライブがオススメ、まずは先ほど渡ってきた大島大橋を俯瞰できる眺望スポット、飯の山に登ってみましょう。

車で頂上までアプローチでき、五階建ての展望台からは「日本三大潮流の1つ大畠瀬戸」の激しい潮流の中を船が行き交う様子が躍動感たっぷりに飛び込んできます。

飯の山

展望スポット嵩山山頂へ

こちらも車で行ける眺望スポット。

展望台からは360度の眺望で、瀬戸内を眺めるには絶好の高見櫓。条件が良ければ四国の石鎚山まで見えることもあるのだそう。

ここはパラグライダーの離陸基地で、タイミングが良ければ次々にパラシュートが花開き飛び立っていく様子を見ることができます。

スポンサーリンク

大空いっぱいに色とりどりのパラシュートが咲く光景は圧巻の一言!

 

お問い合わせ: 橘ウインドパーク TEL 0820-77-2513

道の駅サザンセトとうわ

大島の名物・特産物が集結する充実した物産コーナー、2Fのお食事処では地産地消へのこだわり、ドライブの際には必ず立ち寄りたい施設。

島の周囲は潮流の良い好漁場で、特に鯵は絶品!、オススメ「あじ定食」は是非とも食していただきたい逸品でございます。

道の駅サザンセトとうわ

なぎさ水族館

周防大島の最奥地にある人気の水族館、おさわりコーナーという怪しげなネーミングの「タッチングプール」で磯の生き物に素手で触れ合えます。

看板には「日本一小さい水族館」と表示されています、日本一収集家にはたまりませんね!

さらに!、この周防大島町近海には世界最大級の「ニホンアワサンゴ」の群生地があり、当館でも展示してあります。

お問い合わせ: なぎさ水族館 TEL 0820-75-1571

片添ヶ浜海水浴場

海水浴シーズンには多くのお客さんで賑わう人気スポットで、砂浜は白く光輝いて美しく、立ち並ぶヤシの木はリゾート感を高揚させてくれます。

シーズン中でなくとも砂浜を歩き、トロピカルな雰囲気を味わいたいものです。

 

沖家室島(おきかむろじま)

大島の南端からチョコっとくっついてる感の島です。

沖家室島(おきかむろじま)

離島好きのワタクシ、橋を見れば渡らずにはいられないのです。

結論から言いますと、何もありません。ただただ、島の人々が脈々と受け継がれてきた変わらぬ生活の姿があります。

何も無いと思いきや・・・

ウェブサイト:ようきたのんた沖家室

現在サイトへの不正侵入で不具合が発生しているという何ともシュールなメッセージがありますが・・・。

コツコツと積み上げられた記事、現在も更新され続けている素晴らしいウェブサイトです!

運が良ければ・・・「スナメリ」に会えるかも!

スナメリとは小型のイルカで、愛嬌ある笑顔が可愛く、ひとなつっこくてお調子者という水族館の大人気者なのです。

特に前島とつながる定期船では遭遇率が高く、100頭以上の大きな群れが発見されて話題になったこともあります。

ジャンプする姿を見れることもあるそうで、そうなったらラッキー感倍増ですね!

(ライター:セレス)

》》》中国エリアのおすすめドライブコース

スポンサーリンク