沖縄といえばエメラルドグリーンの美しい海と美しいビーチを連想する人がほとんどだと思います。

沖縄の美しい海やビーチはもちろん素晴らしいのですが、沖縄の最北部まで足を伸ばすと、リゾート地沖縄といった雰囲気とは一味違った沖縄の景色を楽しむ事が出来ます。

沖縄の中でも少し変わった景色を見てみたいと言う人にはとてもおすすめの秘境を楽しむ事が出来るドライブコースといえるのが、国道58号を通って向かう辺戸岬と呼ばれる場所です。

国道58号をドライブしながら辺戸岬へ

辺戸岬は沖縄の最北部にあるまさに秘境といえる場所です。

スポンサーリンク

辺戸岬まで行くには沖縄を南北に端から端まで走る国道58号を走行することになります。

辺戸岬01

沖縄の南部から中部にかけては、遠浅の海が広がり、海の色も美しくたくさんのビーチがあって、まさにリゾート気分満喫といった雰囲気ですが、沖縄の北部、やんばると呼ばれる地域に入るとそこはもうリゾート地沖縄とはかけ離れた別世界が広がっています。

生えている植物も日本の植物とは思えないような変わった形の木々がうっそうと茂っていて、そこはジャングルといえるほどの森が広がっています。

海もエメラルドグリーンの海から様変わりして、深い海が広がっています。

国道58号沿いに車を走らせるとすぐ横に海が広がっていて、反対側はジャングルと海と森に囲まれたとてもスリルあるドライブコースといえます。

車でドライブしていても、日本とは思えない景色にとても感動します。

絶景広がる辺戸岬

沖縄最北端の辺戸岬は、断崖絶壁が広がる岬ですが、そこからは、広大に広がる海と美しい空が広がりとても心癒されます。

辺戸岬02

岬の先端に立って海を見下ろせば何十メートルもしたに海が広がり吸い込まれそうになります。

広大に広がる海と、青く澄み切った空は、ビルなどの遮るものも何もなく、美しい景色を堪能しつくすことが出来ます。

また、辺戸岬の次ぐ近くには巨大なヤンバルクイナの像があって、この地に天然記念物のヤンバルクイナが生息していることを伝えています。

スポンサーリンク

辺戸岬の周辺は広大な手つかずの自然が残っているので、運がよければ、ヤンバルクイナをはじめ貴重な生物に出会える場合があります。

辺戸岬からは、国道58号以外のルートもあって、山の中を駆け抜けるルートなどもあるので、帰りは国道58号以外のルートで帰ってみるのもお勧めです。

山の中に入っていくと巨大なガジュマルと呼ばれる気がうっそうと茂っていて、映画の世界で見るような神秘的な森が広がっている地域もあってとても楽しむ事が出来ます。

金剛石林山もおすすめ

辺戸岬のすぐ近くには、金剛石林山と呼ばれるスポットもあります。

金剛石林山とは、大小様々な巨石群がまるで山のようにそびえたっていて、とても神聖な雰囲気がする場所です。

辺戸岬03

この場所は最近話題のパワースポットとしても知られている場所で、神々が宿るとされる場所が点在しています。

金剛石林山は若干入場料が必要な有料施設になりますが、お金を払ってでも十分価値がある、この地ならではの貴重な自然を見ることが出来ます。

金剛石林山を訪れると、自然が作り出す造形美のすばらしさを感じると共に、自然の力のすごさにも考えさせられるものがあります。

辺戸岬アクセス

辺戸岬へ行くためには、那覇方面からであれば、高速道路の沖縄自動車道を走行して、終点の許田で降りた後は、降りてすぐの国道58号をひたすら北方向へ走行することになります。

那覇方面からでは3時間以上はかかる長距離のドライブコースになりますが、沖縄中部ではエメラルドグリーンの海を眺めながら走ることが出来たり、美しいビーチを眺めながら走ったりと、飽きる事はありません。

 

(ライター ゆう)

スポンサーリンク