夏の夜空といえばとても美しく天体観測におすすめの季節といえます。

都会では街中の光の影響で、夜空を見上げても美しい星空を見ることがなかなか出来ず、見える星の数も数少ないと言えます。

ですが、少しマイカーに乗って遠出をしてみれば、無数の星を夜空に眺めることが出来る天体観測スポットが各地には点在します。

近畿地方にも美しい星空を観測することが出来るスポットが複数あり、その中でも特におすすめのスポットの一つに和歌山県のみさと天文台と呼ばれる天体観測施設があります。

スポンサーリンク

秘境の天体観測施設「みさと天文台」

和歌山県の山の奥にある美しい星空を観測できる施設がみさと天文台です。

 

みさと天文台は山の山頂に設置されている天文台で、秘境と呼んでもおかしくないような場所にあります。

天文台がある山の麓までは整備された道がありますが、ひとたび天文台を目指して山道を上がり始めると、車の離合も難しいほど狭い道が続きます。

しかも道路の傾斜が非常にきつく、急な坂道が続くので、初めてみさと天文台を訪れる時は、到着するのか心配になってしまうほどです。

険しい道のりはスリルがありますが、このドキドキ感が溜まらないとも言えます。

天文台のすぐそばに着くと広く整備された駐車場があります。

この駐車場に車を停めて、更に道を上って天文台を訪れることになります。

天文台までの歩道もスリリング

駐車場からみさと天文台までの歩道も夜に訪れるととてもスリルがあります。

付近には照明が無いので真っ暗で、携帯ライトを持って行かないと歩く事も困難な状態です。

真っ暗な山道を登っていくと、急に明るい場所が現れて、美しいフォルムをした天文台が目の前に現れます。

みさと天文台01

天体観測と天体に関する説明を聞くことが出来る

みさと天文台には、非常に巨大な望遠鏡が設置されていて、その望遠鏡を使用して天体観測を体験することが出来ます。

超巨大な望遠鏡を目の前にするととても興奮してしまいますが、このような巨大な本格的な望遠鏡を使用して天体観測が出来る施設は数少ないのでとても貴重な体験をすることが出来ます。

スポンサーリンク

巨大な望遠鏡を作動する際には、建物の天井部が自動で解放されて、頭上に夜空が現れますが、その光景も圧巻です。

また、天体観測のあとには、施設の方からの天体観測に関する貴重なお話を聞いたりすることも出来ます。星に関する知識を深めることが出来るのでとてもおすすめです。

天体観測に参加するには若干の参加費用が必要ですが、とても低料金です。

みさと天文台02

星が間近に見える

みさと天文台の周囲では、肉眼でも無数の星を確認することが出来てしかも間近に見ることが出来ます。

夜空には本当はこんなにも多くの星があったのかという事を改めて実感することが出来ます。道路の脇に車を停めて車中から星空を眺めてみるのもロマンチックでおすすめです。

街中では夜空はかすんだようになってしまいますが、みさと天文台の周辺の空は、曇りもなく、本当に空気も綺麗で空が澄んでいます。

みさと天文台は山の頂上で、民家も全くないので、周囲に灯りを発する施設が無いので、星の明るさがはっきりと伝わってきます。

無題

みさと天文台へのアクセス

みさと天文台へは、和歌山県の海南市から東へのびる国道370号を東方向へ走り、和歌山県海草郡紀美野町松ケ峯周辺で、国道から松ケ峰山頂方向へ走れば、天文台に着きます。

 

海南市から国道370号を山道に入れば、すぐに外灯も無いような道路が続きます。非常に真っ暗な道が続くので、運転には十分注意が必要です。

(ライター:ゆう)

スポンサーリンク