》》》ドライブレコーダーの最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

※2016年7月発売のパパゴのミラー型ドライブレコーダー「GoSafe 268」を追加しました。

ドライブレコーダーの設置を考えてはいるものの、フロントガラスに『いかにも』という感じにドライブレコーダーが鎮座するような状況にはしたくないと考えている人も多いと思います。

私も以前は嫁に内緒でドライブレコーダーを購入した事をを知られたくなかったので、ミラー型のドライブレコーダーを探したことがあるのですが、当時はまだミラー型で高性能なモデルが発売されていませんでした。

スポンサーリンク

そこでミラーに隠れるような小型のドライブレコーダーを購入したことがあります。

それから数年が経ち、現在ではミラー型でも高画質で高機能なドライブレコーダーが発売されています。

ミドルクラス以上のミラー型ドライブレコーダーは5機種

ミドルクラス以上の解像度のミラー型ドライブレコーダーは、ユピテルから1モデル、セルスターから2モデル、台湾メーカーのパパゴから2モデルが発売されています。

それ以外にも聞いたことがないようなところから発売されているものもあります。

中国メーカーの製品であれば他にも有ると思いますが、企画・生産管理に他国の企業が入っていないような工場で作られているものは、まだまだヤバいと思います。

そういったものは人柱になる可能性が高そうですので、取り付けの手間や工賃を考えると、すぐに壊れるようなドライブレコーダーは「安物買いの銭失い」の典型と言えるでしょう。

おすすめ出来る性能を備えたモデルはユピテルの「DRY-AS380M」と、セルスターの「CSD-630FH」「CSD-620FH」パパゴの「GoSafe372」「GoSafe268」の5機種くらいだと思います。

メーカー特徴パパゴセルスターユピテル
》》》工賃が安い「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店の探し方
機種GoSafe372
PAPAGO 国内正規販売品 送料無料 ミラー型&上下左右可動式カメラレンズ採用のGセンサー搭載フルHD高画質ドライブレコーダー「GoSafe 372」GS372-8G GS372-8G
GoSafe268
GoSafe 268 GS268-16G
CSD-630FH
CELLSTAR CSD-630FH セパレート型ハーフミラータイプ ドライブレコーダー【フルHD画質】
CSD-620FH
セルスター セパレート型 ハーフミラータイプ ドライブレコーダーCELLSTAR CSD-620FH
DRY-AS380M
Yupiteru DRY-AS380M ドライブレコーダー【フルHD画質】
発売日15.0916.0716.0416.0415.05
参考価格
16.08.07
18,162円20,980円25,049円23,446円22,189円
最新価格Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
》》》知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
セパレートカメラ---
解像度1920×10801920×10801920×10801920×10801920×1080
西日本LED
信号消失対応
---
フレームレート30fps30fps30fps30fps30fps
視野角水平不明
対角130°
水平110°水平107°水平107°水平120°
逆光対策HDRHDRHDRHDRHDR
付属microSD8GB16GB16GB16GB8GB
microSD最大対応32GB64GB64GB64GB32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
録画タイプ常時/Gセンサー常時/Gセンサー常時/Gセンサー常時/Gセンサー常時/Gセンサー
GPS測位PAPAGOドライブレコーダー専用GPSアンテナ-
安全運転支援--
駐車監視機能モーションセンサー
タイムプラスあり
モーションセンサー
タイムプラスあり
常時録画
衝撃センサー
常時録画
衝撃センサー
常時録画
衝撃センサー
内蔵バッテリーなし
専用ケーブル
A-JP-RVC-1
バッテリーあがり
防止機能あり
内蔵バッテリーなし
専用ケーブル
GDO-10
バッテリーあがり
防止機能あり
内蔵バッテリーなし
専用ケーブル
GDO-10
バッテリーあがり
防止機能あり
内蔵バッテリーなし
専用ケーブル
OP-E487
OP-VMU01
バッテリーあがり
防止機能あり
最大12時間
》》》モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
駐車監視モードがない車で、駐車監視を行う裏技
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

ポイントは西日本LED信号への対応、駐車録画、付加機能

こちらで紹介しているモデルは、どれもフルハイビジョンでHDRによる逆光対策を行っている高画質モデルです。

西日本LED信号への対応についてはパパゴだけ

2016年に発売されているドライブレコーダーは、西日本LED信号の消失問題に対応しているものがスタンダートになりつつあり、パパゴはファームウェアのアップデートで既存モデルの対応、ユピテルは最近発売しているモデルは西日本LED信号に対応しています。

image005

セルスターは今のところ、西日本LED信号に対応しているモデルはありません。

この5モデルの中では唯パパゴの「GoSafe372」「GoSafe 268」が対応済みです。

価格面でも最も安価ですので、西日本での使用を視野に入れているのであればパパゴの「GoSafe372」「GoSafe 268」がおすすめです。

これらのモデルに搭載されている「駐車監視モード」は、車のバッテリーから給電するタイプで、別途専用ケーブルが必要となりますが、内蔵バッテリー搭載型に比べて駆動時間が圧倒的に長くなるのがメリットです。

内蔵バッテリータイプのモデルだと、最高で30分程度しか駆動出来ず、しかも充電にもそれなりに時間が掛かりますので、ちょい乗りのお買い物を繰り返すような車には不向きです。

駐車録画への対応

ユピテル・セルスター・パパゴのモデルともに駐車録画に対応していますが、パパゴの「GoSafe372」「GoSafe 268」がモーションセンサーと1fpsの常時録画、セルスターの2モデルはフルハイビジョンではなく、HDでの常時録画+衝撃センサーによる録画、ユピテルの場合はフルハイビジョンでの常時録画+衝撃センサーによる録画となっています。

また、「GoSafe372」「GoSafe268」はフレームレートを1/10に落としたタイムプラスモードを選択可能ですので、microSDカードの容量を気にせずに駐車録画が可能です。

従って、高画質で事故前後の必要な状況だけを録画出来る「GoSafe372」「GoSafe268」が駐車録画では一歩リードしています。

スポンサーリンク

セルスターの2モデルはカメラ部分がセパレート

セルスターの「CSD-630FH」「CSD-620FH」はカメラ部分がセパレートタイプとなっており、カメラの取り付け場所を選びません。

2016y05m15d_213814855

ただ、ミラー型であれば全く目立ちませんので、別に他の場所にカメラを設置する必要もないとは思います。

安全運転支援機能の比較

DRY-AS380M」と「GoSafe372」「GoSafe268」には、「安全運転支援機能」が搭載されています。

DRY-AS380M」に搭載されている、「安全運転支援機能」は次のようなものです。

  • 速度制限の標識を読み取り、モニターに表示して注意を促す機能
  • 車線逸脱に対して警報を発する機能
  • 前の車との車間距離が縮まると警報を発する機能

2016y02m11d_183949842

一方で「GoSafe372」「GoSafe268」に搭載されている、「安全運転支援機能」は次のようなものです。

  • 速度制限の標識を読み取り、モニターに表示して注意を促す機能(オプションのGPSユニットを装着すれば、読み取った速度以上のスピードで走行している際に、速度超過警報を発します)2016y01m27d_155908892
  • 前の車が発進した際に、警報で発信を促す機能
  • 起動から一定時間経過すると警報を鳴らして休憩を促す機能
  • 夜間やトンネル、駐車場内でライトの店頭忘れを知らせる警報機能

パパゴのドライブレコーダーは、ほぼすべてのモデルで安全運転支援機能が充実しているのが特徴です。

【GoSafe 372 制限速度読み取り】

 

日本は世界的に治安が良く、当て逃げや当たり屋の被害も少ない国ですので、その他の電子デバイスの普及度から見ると、ドライブレコーダーはそれほど普及していませんでした。

防犯意識が低いのは平和な証拠でもありますが、その点がドライブレコーダーの普及と、機能面での多様性を遅らせてきた感があります。

台湾メーカーのパパゴは、2015年には北米とアジアを中心に、100万台の販売台数を誇るドライブレコーダーメーカーで、「安全運転支援機能」を搭載したモデルを随分前から市場に送り出しており、日本のメーカーもその流れに乗りつつあるのが現状です。

画質と実用性を考えれば、ミラー型ドライブレコーダーのおすすめはパパゴ

ユピテルの「DRY-AS380M」もセルスターの2モデルも高性能ではありますが、画質という部分ではパパゴの「GoSafe372」「GoSafe268」の方が上です。

西日本LEDに対応しているのもパパゴのモデルのみとなっていますので、ミラー型でおすすめなのは「GoSafe 372」「GoSafe 268」の2モデルとなります。

2モデルとも使用してみましたので、「GoSafe 372」➡「GoSafe 268」の順にお読み頂けるとそれぞれの特徴が分かり易いかと思います。

》》》「GoSafe 372」の評価、レビュー

》》》「GoSafe 268」の評価、レビュー

(編集長omi)

スポンサーリンク