フロントとリアを録画できるドライブレコーダー

》》》ドライブレコーダー無料プレゼント企画実施中!!

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

》》》ドライブレコーダーの最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

フロント・リアの同時録画のドライブレコーダーは3強

自動車事故の40%は追突事故によるものと言われています。

管理人は前後に1台ずつドライブレコーダーを設置していて備えは万全ですが、最近ではフロントにメインカメラ、リアにサブカメラを設置して前後を録画するタイプのドライブレコーダーも発売されています。

ただし、まだまだその選択肢は多くは無く、人気どころではユピテル「DRY-S100c」とガーミン「GDR45DJ」、そしてINBYTEも2タイプの前後録画型のドライブレコーダーを発売しています。

安心度で言えば日本メーカーのユピテルだと思いますが、スペックを比較すると圧倒的にINBYTE「CR-2000S+」が高く、次にガーミン、ユピテルは最も低くなっています。

価格面ではINBYTEの下位モデル「FineVu T9」が圧倒的に安く、ガーミンとユピテルは同程度、そしてハイスペックのINBYTE「CR-2000S+」がそこから1万円程度高くなっています。

メーカー特徴ユピテルガーミン
》》》工賃が安い「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店の探し方
機種DRY-S100c
ユピテル(YUPITERU) GPS・Gセンサー搭載セパレートタイプ ドライブレコーダー DRY-S100c
OP-CM30
(オプションサブカメラ)
ユピテル(YUPITERU) オプションサブカメラ OP-CM30
GDR45DJ
[ガーミン/GARMIN] ドライビングレコーダー (1210905) 【品番】 GDR45DJ
GBC30
(付属サブカメラ)
発売日2015年 5月2015年 5月2014年12月
》》》セール、キャンペーンの状況次第でオートバックスが最安値になるモデルもあります。
参考価格33,000円12,723円42,996円
最新価格Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール

AUTOBACS
Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール

AUTOBACS
Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール

AUTOBACS
》》》知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
サイズ113×62×14mm(突起部除く)52×24mm(突起部除く)82x66x42mm46x46x46mm
解像度1280×720640×4801280×720
最高画質時のフレームレート30fps30fps
視野角対角130°対角119°対角132°対角120°
CMOS
付属microSD8GB8GB
microSD最大対応32GB32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
録画タイプ常時/Gセンサー常時/Gセンサー
Wi-Fi--
GPS機能
地デジノイズ対策
駐車監視機能-モーションセンサー
-内蔵バッテリーなし
専用ケーブル
同梱
バッテリーあがり
防止機能未確認
》》》モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
駐車監視モードがない車で、駐車監視を行う裏技
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。
メーカー特徴INBYTE
》》》工賃が安い「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店の探し方
機種CR-2000S+
Inbyte インバイト FineVu 2カメラフルHD 液晶付ドライブレコーダー CR-2000S+ CR-2000S-P
FineVu T9
前後2カメラ式ドライブレコーダー FineVu T9 T9
発売日2015年3月2014年10月
参考価格54,358円17,384円
最新価格Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール

AUTOBACS
Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール

AUTOBACS
》》》セール、キャンペーンの状況次第でオートバックスが最安値になるモデルもあります。
サイズフロント: 92.5×66×42 mm
リア: 52×24×24 mm
フロント: 97×34.8×27.4 mm
リア: 50.5×41×24.9 mm
解像度フロント:1920×1080リア:1920×1080フロント:1280×720
リア:640×480
最高画質時のフレームレート30fps30fps
CMOS
リア用カメラ付属付属
付属microSD32GB16GB
microSD最大対応32GB
【FineVuシリーズ専用】 専用MicroSDカード 32GB [国内正規品]
32GB
【FineVuシリーズ専用】 専用MicroSDカード 32GB [国内正規品]
SDカード追加市販のSDカード Class10 32GB
が追加で使用可能
-
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
録画タイプ常時/Gセンサー常時/Gセンサー
Wi-Fi--
GPS機能FineVu T9用 GPSモジュール
地デジノイズ対策未確認未確認
駐車監視機能モーションセンサーモーションセンサー
内蔵バッテリーなし
専用ケーブル付属
内蔵バッテリーなし
専用ケーブル
FineVu T9用 常時電源コード
バッテリーあがり
防止機能あり
》》》モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
駐車監視モードがない車で、駐車監視を行う裏技
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

画質と録画時間で比較した場合

メーカーユピテルガーミンINBYTE
モデルDRY-S100cGDR45DJCR-2000S+FineVu T9
フロント1280×7201280×7201920×10801280×720
リア640×4801280×7201920×1080640×480
microSD
最大容量
32GB32GB32GB32GB
追加SDカード--32GB-
最高画質の
録画時間
320分315分320分288分
走行録画320分
駐車監視
割当無し
225分148分128分

この4つのモデルの画質を比較した場合は、INBYTEの「CR-2000S+」が前後ともにフルハイビジョンで最高です。

次いで、ガーミン「GDR45DJ」、ユピテル「DRY-S100c」、INBYTE「FineVu T9」と続きます。

また、前後同時の録画となるとmicroSDカードの容量も食いまくりますので、録画時間も気になるところですが、基本的にはこれらの4機種は32GBまでの対応で、INBYTEの「CR-2000S+」のみ追加で駐車監視用に32GBのSDカード(microSDではない)を使用する事が出来ます。

駐車監視機能がないユピテルの「DRY-S100c」は、全ての領域をほぼ走行録画に使用できますが、他の機種は割当領域が決まっている為、走行録画時間は2~3時間程度と短めです。

駐車監視機能で比較した場合

駐車監視機能で選ぶなら「GDR45DJ」は本体に1時間程度駆動するバッテリーを積んでおり、INBYTEの「CR-2000S+」は車のバッテリーからの常時給電用のケーブルと電圧監視機能が搭載されていますので、このどちらかがおすすめです。

ユピテルは、そもそもメーカーとして「ドライブをより快適に楽しく」というのがメインのコンセプトですので、ドライブレコーダーに駐車監視機能を付けるという発想がないようです。(それでも一番人気ですが)

また、裏技的にユピテルのドラレコで駐車監視を使う方法もあります。

スポンサーリンク

結局どのモデルがおすすめなのか?

駐車監視は裏技でどうにかなるとして、ポイントは画質と録画時間、企業の信頼性だと思います。

流石に最近のドライブレコーダーは性能も向上し、すぐにお釈迦になったりという話はあまり聞きませんが、壊れた時の対応などを考えた場合はユピテルだと思いますし、国内で最も売れている前後録画型のドライブレコーダーはユピテルの「DRY-S100c」だと思います。

追突などの事故対応を考えた場合、状況の証明という部分では「640×480」の解像度でも役に立ちますが、追突されて逃げられた場合などはナンバーの読み取りは難しいです。

640×480の参考動画

 

事故対応のみが目的でドライブレコーダーを取り付ける場合で、追突されて当て逃げというレアなケースは考慮しないと言うのであれば、やはりアフターサービス等などの安心感があるユピテルの「DRY-S100c」がおすすめですが、機能と価格のバランスを優先すれば、ガーミン「GDR45DJ」になります。

前後ともにフルハイビジョンで最高の安心感と、更に動画鑑賞や動画投稿などの趣味的用途も考慮するのであれば、INBYTEの「CR-2000S+」をおすすめしたいところです…と言いたいところですが、少しでも趣味的用途を考えているのであれば、前後個別にドライブレコーダーを設置する事をおすすめします。

確かに前後2台のカメラを1台の前方ユニットで統括管理するシステムは、後方のカメラの設定等を前方のカメラから変更出来たり、1画面で前後の状況を映し出せたりというメリットはありますが、限られた容量のmicroSDカードを前後2台の領域で使いますので録画時間が圧迫されます。

更に何より、無理矢理に機能を詰め込んでいるので価格が高くなります。

管理人は前後合わせて3台のドライブレコーダーを設置していますが、その方が画質、価格、録画時間の面でまだまだメリットが大きいように感じます。

基本的にドライブレコーダーの録画設定等は、そう頻繁に変更が必要なものでもなく、カードの抜き差しにやや手間がかかる程度ですので、よほど前後連動にこだわる理由がないのならば、前後に1台ずつの設置をおすすめします。

特に最近は各メーカーともに毎年新しいモデルを発売していますので、カメラ1台型であれば高性能、高機能のモデルが1万円台で手に入ります。

(編集長omi)

》》》ドライブレコーダーの最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

》》》ドライブレコーダー無料プレゼント企画実施中!!


 コメントに関しては時間的な問題により、個別に運営サイドからの返信が出来ませんのでご了承下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ