「THINKWRRE」は韓国のドライブレコーダーメーカーです。

韓国のドライブレコーダーと言えば、日本では先行して市場を開拓してきた「COWON」が有名で「THINKWARE」はあまり馴染みがありませんが、韓国ではドライブレコーダーのシェアNo.1のメーカーで年間100万台の販売実績があるようです。

韓国向けには様々なモデルが販売されていますが、2017年初頭の段階では日本国内ではオプションによる前後2カメラ対応の「F750」「X500」の2つのモデルのみがラインナップされています。

スポンサーリンク

THINKWARE DASH CAM

「F750」「X500」ともにFHD、WDR、GPS内蔵、常時ケーブルによる駐車録画とスタンダードな機能の部分では同様ですが、「F750」は液晶なしのWiFi対応、「X500」はWiFiなしの大型液晶モデルとなっています。

THINKWARE
ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
F750

X500

レビューレビュー
キャンペーン次第でオートバックスが最安値になる場合あり
16.12発売
参考価格 17.02.02
27,800円24,800円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080
西日本LED非対応
30fps
リアカメラはOP扱い
フロント:水平不明 対角140°
リア:水平不明 対角144
WDR
付属16GB
最大64GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
安全運転支援
駐車監視モード
動体検知
自動起動
専用ケーブル
TWA-SH
AK1-POWER CABLE
バッテリーあがり
防止機能あり
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

この2つのモデルの特徴はフロント・リアの2カメラともにフFHDで30fpsの録画が可能な点です。

現状市場に出回っている2カメラタイプのドライブレコーダーは、「FHD+HD」や「HD+HD」のモデルが多い為、画質の部分では単体モデルに比べて劣るのが弱点でしたが、「F750」「X500」についてはフロント・リアともに高画質な動画を記録する事が出来ます。

THINKWARE DASH CAM-Rear View Camera BCFH-150

気になる録画時間の方は64GBのmicroSDカードであればフロントのみで約7時間、フロント+リアなら4時間程度となっています。

画質はかなり良さそう

画質の部分についてはスペック表だけでは分からないのですが、「Ambarella A7」を搭載したチップセットにCMOSセンサーはSONYのExmorを使用していますので、この組み合わせであればかなり高画質になる可能性があります。

ソフトウェアの部分でも露出の自動調整やピントの微調整、ノイズ除去、コントラスト調整などの様々な機能が盛り込まれていますので、FHDながら画質の面ではかなりハイレベルであると思われます。

衝撃録画は本体メモリにもダブルで録画

「F750」「X500」には一風変わった機能として、衝撃録画の際にmicroSDカードだけではなく本体の512MBのメモリにもダブルで録画を行う「DUAL SAVE」機能が搭載されています。

microSDカードには寿命がありますので、万一microSDカードの不具合で事故の際の動画が保存されていなかった場合でも安心のダブル録画機能です。

スポンサーリンク

2つの安全運転支援機能を搭載

「F750」「X500」には前方衝突警報、車線逸脱警報の2つの安全運転支援機能が搭載されています。

両方とも3段階の感度の調整が可能になっている他、車線逸脱警報については50・60・70・80・90・100km以上の中から作動する速度を選択出来ます。

駐車録画は専用常時ケーブルを使用

駐車録画は専用の常時電源ケーブルを使用して行いますが、動作停止の電圧の設定と6・12・24・48時間のタイマー設定が可能となっています。

前後2カメラ運用で考えるなら現状の最高レベル

「F750」「X500」は単体で運用するには価格がネックになりますが、ポイントはフロント+リアの2カメラ運用で前後ともにFHD画質の録画が可能な点です。

録画時間については2カメラで4時間/64GBとなりますが、128GBのmicroSDカードであれば2倍になりますのでどうにか不満のないレベルになるかと思います。

※それぞれのカードの使用の可否については調査中

スポンサーリンク