》》》ドライブレコーダーの最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

国内大手PCパーツメーカーのオウルテックから、昨年発売された「OWL-DR02」を凌ぐスペックの「OWL-DR04」が発売されました。

OWL-DR02は個性がかなり際立ったモデルですが、「OWL-DR04」は「OWL-DR02」の個性をやや抑えつつ、残念だった部分をことごとく改善しているモデルです。

スポンサーリンク

堅実にユーザーの声を拾って正当路線で進化したというような印象を受けます。

オウルテック OWL-DR04-BK 
オウルテック OWL-DR04-BK 

「OWL-DR04」はこの価格帯では機能が最多で性能も安定

「OWL-DR02」と同様に「OWL-DR04」は1万円を切る価格で発売されていますが、HDRによる逆光補正、156°という視野角の広さ(水平視野角は分かりませんが120~130°の間だと思います)、西日本LEDへの対応、モーションセンサーによる駐車録画モードと内蔵バッテリー(10分程度)の搭載など、機能的な部分では盛りだくさんです。

パパゴオウルテックコムテックユピテル
ドライブレコーダーの持込取り付けが出来るお店
GoSafe 130
PAPAGO 速度制限標識警告 出発遅延警告 ドライバー疲労警告 ライト点灯忘れ警告最大64GBまで対応 衝撃を検知Gセンサー フルHDドライブレコーダー GoSafe 130 GS130-16G
OWL-DR04
オウルテック OWL-DR04-BK ブラック ドライブレコーダー
ZDR-012


DRY-V2
ユピテル 200万画素 衝撃センサー搭載 ドライブレコーダー DRY-V2
レビューレビュー--
キャンペーン次第でオートバックスが最安値になる場合あり
16.09発売16.06発売16.06発売16.08発売
参考価格 17.02.02
9,542円9,885円9,980円10,900円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×10801920×10801920×10801920×1080
全国LED信号全国LED信号全国LED信号全国LED信号
30fs30fps29fps30fs
水平110°
実測90°程度
水平不明
対角156°
水平109°水平100°
HDRHDRHDR/WDRHDR
付属16GB付属8GB付属8GB付属8GB
最大64GB最大32GB最大32GB最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSなしGPSなしGPSなしGPSなし
安全運転支援---
駐車監視モード
動体検知
タイムラプスあり
動体検知衝撃検知常時録画
衝撃検知
手動起動手動起動自動起動自動起動
専用ケーブル
A-JP-RVC-1
バッテリーあがり
防止機能あり
内蔵電池10分
専用ケーブルなし
裏技で対応
バッテリーあがり
防止機能あり
専用ケーブル
HDROP-05
バッテリーあがり
防止機能あり
最大12時間
専用ケーブル
OP-E487
OP-VMU01
バッテリーあがり
防止機能あり
最大12時間
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

「OWL-DR02」はHDR+WDRによる逆光補正が強烈で、水平視野角135°とドライブレコーダーの中では最高レベルでしたが、残念な点もはっきりしていました。

電源コネクタが本体下部に付いている為、車内インテリアがスッキリしなくなる、液晶が暗くてみにくい、インターフェイスが分かりにくいなど、この3点が弱点だったのですが、「OWL-DR04」では全て見事に改善し、+αの付加価値を付けて登場しました。

価格帯的には2クラス上のケンウッド「KNA-DR350」、パイオニア「ND-DVR10」辺りと画質や逆光補正能力などを比較しても、全く引けを取りませんし、「OWL-DR04」の方が見易い場面が多いです。

 

水平視野角に関しても、120°~130°前後はありそうですので、西日本LED信号への対応、モーションセンサーによる駐車録画などの点を考えると、同価格帯のドライブレコーダーの中では抜群に優秀な性能と機能の豊富さを持ち合わせています。

 

「OWL-DR04」は「OWL-DR02」の残念なポイントが全て改善されている

まずはデザイン面ですが、「OWL-DR02」厚みがあって正方形に近かったのですが、幅広でスリムなデザインに変更され、スタイリッシュになっています。

2016-06-08 21.07.09

スポンサーリンク

「OWL-DR02」では下部に付いていた電源コネクタも上部に移動し、暗くて見にくかった液晶が大型化されて明るくなっています。

【OWL-DR02】

2016-06-07 21.49.56

【OWL-DR04】

2016-06-07 21.50.04

インターフェイスに関しても、「OWL-DR02」では録画アイコンと日時のみの表示だったものが、HDRの設定や録画単位、Gセンサーの設定状況、解像度、モーションセンサーの設定、充電状況など、様々な情報が表示されるようになっていますので、操作性も改善しています。

2016-06-08 21.20.02

また、「OWL-DR04」特有の機能として、通常録画では音声録音をオフにし、衝撃を検知すると音声録画を開始する機能が新たに追加されていますので、事故の際の証拠として提出する際にプライベートな内容の会話を第三者に聞かれずに済むというメリットが発生します。

スポンサーリンク

一方で先鋭的だった「OWL-DR02」のHDR+WDRの逆光補正は、HDRのみに抑えられており、より自然な感じでマイルドな仕上がりになっています。

シーンごとに見ていくと逆光補正に特化している「OWL-DR02」の方がはっきり見えるケースもありますが、2ランク上のケンウッド「KNA-DR350」、パイオニア「ND-DVR10」と同等以上の処理能力だと思います。

駐車録画に関しては10分程度の稼働が可能なバッテリーを搭載していますが、他社の常時電源ケーブルとモバイルバッテリーでの駆動は、こちらで確認出来ていますので、これらの方法で長時間の駐車録画も不可能ではありません。

長時間の駐車録画については、以下の方法を参考にして下さい。

》》》おすすめのドライブレコーダー用 常時電源ケーブルは「CA-DR150」「FineSafer S」

》》》モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー

※走行中は「動体検知モード」をオフにします。

「OWL-DR04」の総評

「OWL-DR04」は「OWL-DR02」の先鋭化しすぎた部分を丸めて、デザイン、操作性、見易さなど、ユーザビリティに関わる部分を大幅に改善しているモデルです。

1万円以下の価格帯で、フルハイビジョン画質、HDRによる逆光補正、西日本LED信号への対応、モーションセンサーによる駐車録画モードを搭載していますし、画質も非常に良好です。

一言で表現すれば、一長一短のあった「OWL-DR02」を万人受けする優等生化したのが「OWL-DR04」だと言えるでしょう。

同価格帯のユピテル「DRY-AS350GS」、コムテック「HDR-101」とは、機能差がかなり大きく、内容的には勝負にならないくらいコストパフォーマンスに優れています。

Amazonのレビューで事故前の動画が記録されないとの指摘がありますが、緊急録画ファイルの保存についての仕様はケンウッドの「KNA-DR350」と同様です。

詳細に関しては以下のページのコメント欄にやりとりがありますのでそちらをご確認下さい。

》》》オウルテックのドライブレコーダー

》》》「OWL-DR04」128GBのmicroSDカードの使用

》》》「OWL-DR04」タイマー付き常時電源ケーブルでの駆動

》》》「OWL-DR04」モバイルバッテリーでの駆動

(編集長omi)

スポンサーリンク
口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

このモデルの口コミを投稿する

平均点:  
 0 レビュー