》》》ドラレコプレゼント企画 レビュー投稿や、フェイスブックの「いいね」、ツイッターでの拡散でも応募可!


》》》ドライブレコーダーの最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

高画質なドライブレコーダーを紹介する前に「高画質」の定義を決めておきたいと思いますが、ここではひとつ目は解像度、2つ目は白つぶれや黒つぶれを抑えるHDRやWDRなどの逆光補正機能、2つ目は動画のノイズの少なさや滑らかさ、3つ目は明るさと色目の再現性とします。

HDRやWDRなどのうち、ソフト面で補正を入れているモデルの場合、補正処理によって不可がかかり、画質が低下する場合がありますので、逆光補正が無いモデルの方が綺麗に見えるケースもあります。

スポンサーリンク

レンズやCMOSセンサー、チップセットの性能によってはHDRやWDRと謳われていないモデルでも白つぶれや黒つぶれが少ないモデルもあります。

スタンダードな解像度は「1920×1080px」のフルハイビジョン

2016年8月時点でのドライブレコーダー市場のスタンダードと言える解像度「1920×1080px」のフルハイビジョンの解像度です。

解像度が違うと何が変わるのかと言えば、動画を構成する一つ一つの点が、解像度が上がるほど細かくなり、結果としてキメの細かい動画になります。

Youtubeで720Pと1080Pを比較してみよう

試しにYoutubeの動画を再生画面に右下に矢印のアイコンがあると思いますので(パソコンの場合)、ここから「画質」のタブを選択して、再生時の解像度を最低の144Pに変更してみて下さい。

動画がモザイク状に見えると思います。

因みにこの動画は、元が「2560×1080px」のものを4Kに変換してアップロードしています。

デフォルトのYoutubeの再生画面のサイズだと、再生解像度を選ぶ際に720P~4Kは同じに見えると思います。

再生画面の枠が720P程度しかない為(ブラウザの設定もよります)、それ以上解像度を上げても見え方が変わらないのです。

ところが、1080P(フルハイビジョン)以上のパソコンディスプレイを使用して閲覧しているのであれば、720Pの動画は全画面表示にした時にややぼやける筈です。

スポンサーリンク

ここで再生解像度を1080Pに上げると綺麗に見えると思います。

ディスプレイが720P以下の解像度のものであれば、それなりに小さい液晶画面だと思いますので全画面表示にしてもぼやけたりしないと思います。

※スマホの解像度は720p程度が多い為、フルハイビジョンや2Kの動画をスマホで閲覧しても違いは感じられないかも知れません。

パソコンのディスプレイの解像度を調べる方法

パソコンのディスプレイの解像度を調べる方法は「コントロールパネル」を呼び出して「ディスプレイ」の項目から「解像度の調整」というメニューを開きます。

「コントロールパネル」はWindows10はスタートメニューを右クリック、Win7~8は確かスタートメニューの中にあったと記憶しています。

現状のドライブレコーダーのハイエンドな解像度

現状のドライブレコーダーのハイエンドな解像度は、フルハイビジョン「1920×1080px」よりも上の「2304×1296px」「2560×1080px(ワイド)」ですが、闇雲に解像度の高いモデルを選べば良いという事でもありません。

高解像度であれば動画がきめ細かく綺麗に見えますが、自分がドライブレコーダーを設置する目的を考える事が必要だと思います。

走行中に事故があった際の前後の状況が把握出来れば良いというだけであれば、フルハイビジョンで充分です。

スポンサーリンク

走行中や駐車中の当て逃げに対してナンバーを抑えたい、または趣味で4Kなどのテレビやパソコンのディスプレイで動画を視聴したい、Youtubeに綺麗な動画をアップしたいと考えるのであれば「2304×1296px」「2560×1080px(ワイド)」の解像度のドライブレコーダーを選んだ方が良いと思います。

当て逃げの証拠能力としては高い方が良い

動画を視聴するモニターの解像度が「1920×1080px」のフルハイビジョン画質であった場合、ドライブレコーダーで録画された動画が、それ以上の解像度であってもフルハイビジョン画質でしか視聴する事が出来ません。

相手が逃げないという前提での事故の際には、客観的に状況を把握する目的であれば、フルハイビジョンの解像度でも充分です。

ところが、駐車中や走行中の当て逃げとなると、また事情が異なります。

当て逃げは物損ですので、ナンバーが明確に把握出来ていない限り、警察はほとんど動いてくれないのが実情です。

lgf01a201401252000

実際のところ、私が関わった、もしくは知人が被害にあった当て逃げ事件では、目撃者はいませんでしたが、幸い駐車監視モードを搭載したドライブレコーダーを装着していた為にナンバーが分かっていました。

お陰で警察は運転手の身元を確認する事が出来たのですが、民事面での賠償はなされたものの、運転者への刑事罰と行政処分はなしという結果でした。

損害が出た車の現状回復はなされましたので、直接的な被害はありませんでしたが、このような当て逃げに対する対応の甘さがあり限り、当て逃げは減らないでしょう。

目撃者なしの当て逃げの場合、ドライブレコーダーで録画された動画が唯一のよりどころとなります。

車の真正面から当てられた場合は別として、次の動画のようなケースでは、解像度の高いドライブレコーダーで撮影した動画のナンバー部分を拡大した際には、高解像度の方がはっきりした映像となる為、当て逃げ犯の身元判明に結び付き易くなります。

フルハイビジョンと「2304×1296px」の差は、動画を拡大したときにはっきりと分かります。

 

事故の際に相手のナンバーをしっかり記録したいのであれば、「2304×1296px」の解像度のモデルがおすすめです。

因みに同じ解像度でも見え方は結構変わりますので参考までに。

 

これは2Kの解像度の4つのドライブレコーダーで、看板をパソコンのソフト側で10倍に拡大したものです。

見え易い順に「PAPAGO! GoSafe 520」>「アサヒリーチ Driveman GP-1」>「HP f520g 」>「ケンウッド DRV-610」ではないかと思います。

逆光補正のレベルの高さ

2015年以降はほとんどのモデルでHDR、WDRなどの技術によって逆光による黒潰れや白潰れを補正する機能を搭載しています。

2015y09m13d_013322469

HDRとWDRのどちらが優れているかは、なかなか一概には言えない部分があり、どういった違いがあるのかは以下のリンクで説明しています。

》》》HDRとWDRの違いは?

逆光補正機能の効果

HDRやWDRなどの逆光補正機能は、この動画を見てもらえば一目瞭然です。

逆光補正あり:Yupiteru 「DRY-WiFiV5c」

逆光補正なし:COWON「AW1」

 

逆光補正の有無が、ドライブレコーダーの信頼度に及ぼす影響は、かなり大きいものである事が分かると思います。

ただし、カメラとしての素の性能が高いモデルの場合は、逆光補正をしていなくても白つぶれや黒つぶれしないものもあります。

【逆光補正なし:左上アサヒリサーチ 1080sα】

 

HDR・WDRを搭載してもモデルによって見え方が違う

逆光補正の方法や、レンズ、CPU、CMOS、センサーなどの性能によってHDR/WDRを搭載しているモデルの間にも補正能力の差があります。

補正能力の差は以下の3点が挙げられます。

  • 補正が入った後の見え方
  • 補正が入るまでの時間
  • 補正が入る時のノイズ

「KENWOOD DRV-610 HDR」「HP f520g WDR」

 

「HP f520g」は解像度を「1920×1080px」に落とせばHDRが効いてもっと明るくなります。

 

「HP f520g」「ユピテルDRY-WiFiV5c」

 

ノイズの入り方や滑らかさは、主観もあるので見た目でご判断下さい。

明るさと色目の再現性

基本的にはどのドライブレコーダも、夕方や夜間など、光が少ない状況下では動画全体が暗くなってしまいがちです。

これはある程度は仕方がない部分ではあります。

逆光補正の他に、光の少ない場面でも全体的に明るく映るようにするには、高性能なレンズやCMOSセンサー、チップセットの処理能力が必要です。

ハイスペックモデルの中には、夕方や夜間の撮影を得意としているモデルや、色彩表現に優れたモデルも存在します。

【Driveman GP-1 高速道路 夕方】

 

【GoSafe 520 駐車録画 】

 

高画質なドライブレコーダーのおすすめモデルは?

現時点でフルハイビジョンを超える解像度と、逆光対策が施されている、もしくはカメラの素の力で白つぶれや黒つぶれを防ぐドライブレコーダーは、ケンウッド、ユピテル、ヒューレットパッカード、パパゴ、アサヒリサーチから発売されています。

「f520g」は外装変更のマイナーチェンジモデル「f530g」(中身同じ)が発売されたので、現状はほぼ手に入りません。

メーカー特徴パパゴアサヒリサーチヒューレット
パッカード
ケンウッドユピテル
》》》工賃が安い「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店の探し方
機種GoSafe 520
PAPAGO GoSafe 520 世界が広がるワイドHDドライブレコーダー ウルトラワイドHD&3M映像録画対応 GS520-16G

Driveman
GP-1 シンプルセット
アサヒリサーチ ドライブレコーダー DRIVEMAN S-GP-1 シンプルセット GPS Gセンサー 駐車監視
f530g
ヒューレット・パッカード HP f530g ドライブレコーダー/GPS搭載・高画質SUPER HD 1296P、米Ambarella社 A7チップ搭載、大口径F1.8 レンズ、超広角156度、WDR+Gセンサー、常時録画、動体感知、臨時駐車監視モード、日本語メニュー対応。 [並行輸入品]
DRV-610
ケンウッド(KENWOOD) フルハイビジョン ドライブレコーダーDRV-610
DRY-WiFiV5c

ユピテル(YUPITERU) 400万画素カメラWiFi搭載載一体型ドライブレコーダー DRY-WiFiV5c
発売日16.0616.0516.0416.0314.12
》》》セール、キャンペーンの状況次第でオートバックスが最安値になるモデルもあります。
参考価格
16.05.15
19,800円21,600円22,500円24,343円22,290円
最新価格Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール

AUTOBACS
》》》知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
最高解像度2560×1080
2304×1296
2304×12962560×1080
2304×1296
2304×12962304×1296
西日本LED
信号消失対応
-
フレームレート30fps27.5fps
45fps(1920×1080)
30fps
45fps(1920×1080)
27.5fps30fps
水平視野角120°
114°水平不明
対角156°
121°対角120°
逆光対策HDR-HDR
WDR
WDRHDR
付属microSD16GB--16GB8GB
microSD最大対応32GB64GB(SD)32GB128GB64GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
録画タイプ常時/Gセンサー常時/Gセンサー常時/Gセンサー常時/Gセンサー常時/Gセンサー
Wi-Fi----
GPS測位-
安全運転支援--
駐車監視機能モーションセンサー
タイムプラス
タイムプラス
0.5~10fps
モーションセンサーモーションセンサー-
内蔵バッテリー15分
専用ケーブル
A-JP-RVC-1
バッテリーあがり
防止機能あり
専用ケーブル同梱
バッテリーあがり
防止機能あり
最大24時間駆動
内蔵バッテリー
30分
内蔵バッテリー15分
専用ケーブル
CA-DR150
バッテリーあがり
防止機能あり
-
》》》モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
駐車監視モードがない車で、駐車監視を行う裏技
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

この5つのモデルの画質を評価すると、以下の通りになります。

☑ナンバーの認識率などの鮮明さ

GoSafe 520>Driveman GP-1>f530g>DRY-WiFiV5c>DRV-610

☑明るさ

Driveman GP-1>f530g=DRY-WiFiV5c>GoSafe 520>DRV-610

☑逆光に対する強さ

DRY-WiFiV5c=DRV-610>GoSafe 520>Driveman GP-1>f530g

☑色調の豊かさ

GoSafe 520>Driveman GP-1>f530g=DRY-WiFiV5c>DRV-610

通常の走行時での証拠能力重視であれば、おすすめはパパゴの「GoSafe 520」、駐車録画に重点を置くのであればアサヒリサーチの「Driveman GP-1」がおすすめモデルとなります。

 

(編集長omi)

》》》ドライブレコーダーの最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

スポンサーリンク