》》》ドライブレコーダーの最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

最近のドライブレコーダーには、標準で駐車監視機能が搭載されているモデルが増えていますが、この駐車監視機能には、メーカーによっていくつかのタイプがあり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

大別すると内蔵バッテリーで20~30分の録画を行うタイプ、車のバッテリーから常時電源を取って長時間の録画を行うタイプとなりますが、現状の主流は後者の常時電源となって来ています。

スポンサーリンク

内蔵バッテリーを搭載するタイプ

内蔵バッテリーを搭載して駐車監視を行うモデルは、非常に種類が多いですが、駆動時間は30分~1時間程度ですので、長時間の駐車録画には不向きです。

ただし、実質的には常時電源ケーブルの使用も可能なものが多いので、内蔵バッテリーと常時電源を組み合わせる事で大幅に実用性が上がります。

ケンウッドパイオニアTA-Creative
ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
DRV-320/325
ケンウッド(KENWOOD) スタンダード ドライブレコーダー DRV-320
ND-DVR10
Pioneer(パイオニア) カロッツェリア ドライブレコーダーND-DVR10
TA-009C
TA-Creative 広角 150° 300万画素 西日本LED信号消失対応 フルHD 1080P 3.0インチ 液晶搭載 ドライブレコーダー 常時録画 Gセンサー ナイトビジョン TA-009Cシルバー)
レビューレビューレビュー
キャンペーン次第でオートバックスが最安値になる場合あり
16.09発売16.02発売16.09発売
参考価格 17.03.17
14,999円17,760円12,999円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×10801920×10801920×1080
全国LED信号全国LED信号全国LED信号
27.5fps27.5fps30fps
水平100°
水平105°水平不明
対角150°
HDRWDRHDR
付属8G/32G付属32GB-
最大32GB最大32GB最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSありGPSあり-
駐車監視モード
動体検知動体検知動体検知
自動起動自動起動手動起動
内蔵電池25分
専用ケーブル
CA-DR150
バッテリーあがり
防止機能あり
内蔵電池50分
専用ケーブルなし
裏技で対応
バッテリーあがり
防止機能あり
内蔵電池20分
専用ケーブルなし
裏技で対応
バッテリーあがり
防止機能あり
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。
ヒューレット
パッカード
コムテックオウルテック
ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
f530g
ヒューレット・パッカード HP f530g ドライブレコーダー/GPS搭載・高画質SUPER HD 1296P、米Ambarella社 A7チップ搭載、大口径F1.8 レンズ、超広角156度、WDR+Gセンサー、常時録画、動体感知、臨時駐車監視モード、日本語メニュー対応。 [並行輸入品]
HDR-251GH
コムテック 常時録画 200万画素 Full HDドライブレコーダー GPS搭載 3年保証モデル 日本製 HDR-251GH
OWL-DR01
オウルテック GPS搭載 常時録画ドライブレコーダー 東日本/西日本両対応 300万画素 フルHD録画 広角140° F1.6レンズ WDR/Gセンサー/モーションセンサー 2.7インチ液晶 8GB microSDカード付属 12V/24V車対応 OWL-DR01-BK
レビュー-レビュー
キャンペーン次第でオートバックスが最安値になる場合あり
16.04発売15.08発売15.12発売
参考価格 17.03.17
18,800円16,800円14,099円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
2304×1296
2560×1080
1920×10801920×1080
全国LED信号全国LED信号全国LED信号
30fps
45fps(1920×1080)
29fps30fps
水平不明
対角156°
水平120°水平
実質95°程度
WDR・HDRHDRWDR
-付属8GB付属8GB
最大32GB最大32GB最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSありGPSありGPSあり
安全運転支援--
駐車監視モード
動体検知衝撃検知動体検知
自動起動自動起動手動起動
内蔵電池30分
専用ケーブルなし
裏技で対応
バッテリーあがり
防止機能あり
内蔵電池30分
専用ケーブルなし
裏技で対応
バッテリーあがり
防止機能あり
内蔵電池20分
専用ケーブルなし
裏技で対応
バッテリーあがり
防止機能あり
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

内蔵バッテリータイプの中には衝撃センサーによって録画を開始するのも、モーションセンサーによって録画を開始するもの、常時録画を継続した状態になるもの(フレームレートを落とす場合もあり)の3つの録画方法が存在します。

衝撃センサーによって録画を制御するタイプ

衝撃センサーによって録画を開始するモデルは、接触の後からの録画の為、相手の車のナンバープレートを記録するなどの証拠能力としてはやや劣ります。

内蔵バッテリー搭載型で衝撃センサーによる録画を行うモデルは、コムテックから販売されています。

※モーションセンサーによる駐車録画を行うモデルは、衝撃センサーによる駐車録画も行う事が可能な場合が多いですが、モーションセンサーがあるのにわざわざ衝撃センサーを使うシチュエーションが想像できないので、表へ記入は行っていません。

基本的には電源が落ちると、自動的に駐車録画モードに入ります。

モーションセンサーによって録画を制御するタイプ

モーションセンサーは、周囲の動体を検知して録画を行いますので、衝突の前後の記録が残り、証拠能力としては衝撃センサーによる録画のものよりも優れています。

ただしデメリットもあり、衝撃に至らなかった動画も保存される為、実際の運用としては車の周囲を点検して異常があった場合にのみ、駐車録画分のデータを確認するという形になるでしょう。

スポンサーリンク

こちらの機能を搭載しているモデルは、ケンウッドトランセンドパパゴヒューレットパッカードか、TA-CREATVIVEから販売されています。

ケンウッド・パイオニアの製品は車が停止して5分間後、もしくは電源が落ちた場合に自動で駐車モードが起動します。(手動でも起動可能)

ヒューレットパッカードの場合は、電源が落ちるときに駐車モードに入るかどうかの確認メッセージが表示され、キャンセルしない限り自動で駐車モードが起動します。(手動で起動させたい場合は本体のボタンで電源を切ればOK)

駐車中も常時録画を行うタイプ

内蔵バッテリーでこのタイプの録画を行うモデルは種類が少なく、ユピテルの2016年モデル「DRY-AS410WGc」くらいになるかと思います。

》》》ユピテルのドライブレコーダー

常時電源によって録画を行うタイプ

このタイプは、別途各メーカー指定のバッテリー給電ケーブルが必要になりますが、長時間の駐車監視に対応しています。

本体か専用の給電ケーブルに、バッテリーの電圧を検知してバッテリーあがりを防いだり、タイマー機能が搭載されているものがほとんどです。

このタイプも同様に衝撃センサー・モーションセンサー・常時録画の3つの録画方式が存在します。

スポンサーリンク
パパゴ
ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
GoSafe 520
PAPAGO GoSafe 520 世界が広がるワイドHDドライブレコーダー ウルトラワイドHD&3M映像録画対応 GS520-16G

GoSafe 30G
GoSafe 388mini
ファミリーユースに最適なマイナスイオン鉱石配合のフルHD高画質ドライブレコーダー GoSafe 388mini GS388mini16G
レビューレビューレビュー
キャンペーン次第でオートバックスが最安値になる場合あり
16.06発売17.01発売16.08発売
参考価格 17.03.17
14,980円17,580円13,617円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
2304×1296
2560×1080
1920×1080
1920×10801920×1080
全国LED信号全国LED信号全国LED信号
30fps60fps30fps
水平120°
対角146°
水平108°水平108°
HDRWDRHDR
付属16GB32GB付属16GB
最大32GB128GB最大64GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSなしGPSありGPSはOP
安全運転支援安全運転支援安全運転支援
駐車監視モード
動体検知
タイムラプスあり
動体検知
タイムラプスあり
動体検知
タイムラプスあり
手動手動手動
専用ケーブル
A-JP-RVC-1
バッテリーあがり
防止機能あり
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。
アサヒリサーチTHINKWAREコムテック
ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
Driveman
GP-1 シンプルセット
アサヒリサーチ ドライブレコーダー DRIVEMAN S-GP-1 シンプルセット GPS Gセンサー 駐車監視
F750


HDR-352GH


レビューレビューレビュー
キャンペーン次第でオートバックスが最安値になる場合あり
16.05発売16.12発売17.01発売
参考価格 17.03.17
23,760円27,800円23,000円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
2304×1296
1920×1080
1280×720
1920×10801920×1080
全国LED信号西日本LED未確認全国LED信号
27.5fps
45fps(1920×1080)
30fps29fps
-リアカメラはOP扱い-
水平114°フロント:水平不明 対角140°
リア:水平不明 対角144
水平136°
-WDRHDR/WDR
-付属16GB付属8GB
最大64GB(SDカード最大64GB最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSありGPSありGPSあり
-安全運転支援-
駐車監視モード
常時録画
タイムラプスあり
動体検知常時録画
衝撃録画
自動自動自動
専用ケーブル同梱
バッテリーあがり
防止機能あり
最大24時間駆動
専用ケーブル
TWA-SH
AK1-POWER CABLE
バッテリーあがり
防止機能あり
専用ケーブル
HDROP-05
バッテリーあがり
防止機能あり
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。
ケンウッドユピテル
ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
DRV-610

ケンウッド(KENWOOD) フルハイビジョン ドライブレコーダーDRV-610
DRV-320/325

ケンウッド(KENWOOD) スタンダード ドライブレコーダー DRV-320
DRY-ST7000c


レビューレビューレビュー
キャンペーン次第でオートバックスが最安値になる場合あり
16.03発売16.09発売17.01発売
参考価格 17.03.17
16,300円14,999円22,394円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
2304×12961920×10802560×1440
全国LED信号全国LED信号全国LED信号
27.5fps27.5fps30fps
水平121°水平100°水平120°
WDRHDRHDR
付属16GB付属8GB付属16GB
最大128GB最大32GB最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSありGPSありGPSあり
安全運転支援-安全運転支援
駐車監視モード
動体検知動体検知動体検知
自動起動自動起動手動起動
内蔵電池15分
専用ケーブル
CA-DR150
バッテリーあがり
防止機能あり
内蔵電池25分
専用ケーブル
CA-DR150
バッテリーあがり
防止機能あり
専用ケーブル
OP-E487
OP-VMU01
バッテリーあがり
防止機能あり
最大12時間
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

衝撃センサーによって録画を制御するタイプ

このタイプのモデルは、セルスターから発売されています。

駆動時間は専用の常時電源ケーブルに依存し、バッテリーの残量に関わらす、7~12時間までとなっています。

モーションセンサーによって録画を制御するタイプ

このタイプのモデルは、パパゴガーミンINBYTECOWONから発売されています。

ガーミンについてはモデルによって、給電ケーブルが付属するものもありパパゴ、INBYTE、COWONは別売となっています。

いずれも、バッテリーの電圧を検知して給電を停止する機能を搭載しています。(COWONは本体側に制御機能あり)

常時録画を行うタイプ

こちらはアサヒリサーチユピテルの1部のモデルで採用されている方式で、走行時のフレームレートのまま駐車録画を行うもの、フレームレートを落として駐車録画を行うものがあります。

駐車録画の起動の条件や設定方法などは各社まちまち

ドライブレコーダーを趣味としてではなく、防犯や証拠能力として使用したいのであれば出来るだけ普段の使用の中で手間を掛けたくないですよね?

そこで知っておきたいのが駐車録画の起動方法と設定の利便性です。

起動方法は自動か手動

自動で駐車録画モードに切り替わるものは、エンジンのオン・オフに連動に連動する、もしくは一定以上の振動を一定時間以上検知しない事をもって駐車録画モードに切り替わる方式です。

この方式のメリットは、外出先でその都度駐車録画の設定をオンにしなくても自動的に切り替わる為、煩わしさを感じない点です。

デメリットは自宅の駐車場などで駐車録画を必要としない場合には、手動で電源を落とすか、駐車録画の設定をオフにしなければ無駄なバッテリーを消費してしまう事です。

 

逆に手動で駐車録画モードに切り替えが必要なものは、毎回外出先で駐車録画モードをオンにして、車に戻った時に駐車録画モードをオフにしなければなりません。

自宅駐車場などの駐車録画を必要としない場面では無駄なバッテリー消費を抑えることが出来ますが、外出先でその都度設定変更が必要な点はかなり面倒だと思います。

両方のデメリットを解決した方式もある

これらの2種類の起動方式のデメリットを解決しているモデルも2017年からぼちぼち発売され始めました。

このタイプは、GPSデータに基づいて予め登録した地点においては駐車録画を行わない設定が可能となっており、放ったらかしでも必要な場所では自動的に駐車録画を行い、自宅駐車場などの駐車録画が不要な場所では録画を行いませんので、全く手間を掛けずにバッテリーの消費を抑える事が可能です。

》》》ユピテルからスタンダードドライブレコーダー「DRY-ST6000d」発売

モーションセンサーによる録画状況の確認は面倒臭い

衝撃センサーによる駐車録画は衝突してからの起動になる為、衝突前の状況が移りません。

逆にモーションセンサーの場合には録画ファイル数が膨大に量になる為、毎回モーションセンサー録画を確認するのは普通の人であれば運用上不可能に近いと思います。(常時録画タイプも同様)

従って、モーションセンサーによる録画を行うモデルの場合には、車に戻った際に車内外に異常がないか確認をする必要が出てきます。

どちらの方式にもデメリットが存在する訳です。

両方のデメリットを解決した方式もある

この問題に関しても、2016年末から2017年にかけて対策が施されたモデルが発売されています。

仕組みとしては駐車中も常時録画を行いながら、衝撃があった場合には前後の動画を切り取ってイベント録画として保存するものです。

車に戻った際にはイベント録画の発生件数を知らせてくれるので、煩わしい車内外の確認作業を軽減することが出来ます。

このタイプのモデルは、コムテック・THINKWAREから発売されています。

》》》コムテック「ZDR-012」「ZDR-014」の評価と違い

》》》レーダー探知機相互通信ドライブレコーダー「ZDR-013」の評価、レビュー

》》》THINKWARE F750のレビュー、評価

》》》THINKWARE X500のレビュー、評価

ディップスイッチでのタイマーや電圧設定は極めて分かりにくい

常時電源ケーブルを使用する事で、エンジンのオンオフに連動して自動で駐車録画を行うドライブレコーダーは、ほとんどの場合、専用の常時電源ケーブルのディップスイッチで停止電圧やタイマーの設定を行います。

こう言った機械物が好きな人なら良いですが、分かりにくい・面倒くさい・説明書を管理しなければならないなど、デメリットも存在します。

正直、私は機械物は好きですが面倒くさいと感じることは大嫌いです。

説明書なんか見なくたって誰でも簡単に使いこなせる物が一番良いに決まってますから、本体側で全ての設定が可能なモデルの方を高く評価しています。

自動で駐車録画のオンオフが可能で、なおかつディップスイッチを必要とせず、本体側で設定は可能なモデルは以下の通りです。

》》》コムテック「ZDR-012」「ZDR-014」の評価と違い

》》》レーダー探知機相互通信ドライブレコーダー「ZDR-013」の評価、レビュー

》》》THINKWARE F750のレビュー、評価

》》》THINKWARE X500のレビュー、評価

》》》ドライブマン GP-1の評価、レビュー

バイルバッテリーでの駐車監視を前提としているタイプ

このタイプは、今のところ電産商事のDorarecot「DDR101-NV」のみだと思います。

給電端子を2つ搭載する事で、駐車時に別売の大容量モバイルバッテリーからの給電が可能です。

夜間の駐車録画に適しているタイプ

このタイプも今のところ電産商事のDorarecot「DDR101-NV」のみだと思いますが、ナイトビジョンと言う色数を抑えるモードで、少ない光源でもある程度の録画が可能となっています。(真っ暗だと映りません)

駐車監視モードがないモデルで駐車監視を行う方法

ここからはドライブレコーダーのメーカーが公認している使用方法ではありませんので自己責任になりますが、駐車監視モードを搭載していないモデルでも、いくつかの方法で強引に駐車監視録画を行う事が出来ます。

汎用品の給電ケーブルを使用する

汎用品の電圧検知型の給電ケーブルを使用する事で、原理的には全てのドライブレコーダーでの駐車監視が可能になります。

ただし、それらのモデルは駐車中のモーションセンサーや衝撃センサーによる起動には対応していないので、駐車中の常時録画になります。(常時録画を停止して、衝撃録画のみの設定に出来るモデルは、衝撃検知で録画開始可能)

 

なお、常時電源から電流を供給する場合には、いずれのケースにおいても、録画時間が車のバッテリーの放電状況に左右されます。

従って、一概にどれくらいの時間録画が可能であるかはやってみなければ分かりません。

》》》給電システムを使用してドライブレコーダーの駐車監視を行う方法

これでバッテリー上がりも怖くない!おすすめのジャンプスターター

モバイルバッテリーを使って駐車監視を行う

ここでは一般的にはあまり知られていませんが、試してみて上手く行った方法を紹介します。

ユピテルとケンウッドの最新のドライブレコーダーの中には、microUSBケーブル(android搭載のスマホやタブレットの充電ケーブル)やminiUSBケーブルを使用してパソコンと接続し、カードのデータをパソコンで読み取る機能を搭載しているモデルがあります。

実際に試したモデルは、ユピテルの「DRY-WiFiV5c」になりますが、ケンウッドの「KNA-DR300」もminiUSBからの駆動報告がありますのでおそらく使えると思います。

具体的にはパソコン接続用のmicroUSB/miniUSBコネクタからドライブレコーダーに給電する方法ですが、家庭用の充電器からの給電とモバイルバッテリーからの給電で、駆動が可能な事が確認できましたので、こちらの記事「ドライブレコーダー DRY-WiFiV5cを防犯、駐車監視カメラ化する方法」を参照してみて下さい。

なお、他のモデルでは実際に試していませんが、USBの規格で考えれば電圧は5V、電流は~2.4V程度となりますので規格上は他のモデルでもコネクタが刺さるのであれば駆動は可能だと思います。

因みに電力ベースで各ドライブレコーダーに流れている電流を計算すると、5Wのユピテルの4機種は1A、2.2Wのケンウッドの2機種は0.4A程度になりますので、同じモバイルバッテリーを使用した場合でも、ケンウッドの2機種はユピテルの4機種と比較して2倍以上の駆動に耐えられる計算となります。

安価なモバイルバッテリーで電源を確保出来れば、あとはmicroSDカードの容量がポイントとなります。

ユピテルの4機種は64GBまで、ケンウッドの2機種は32GBまでの使用となっていますが、こちらも自己責任の裏技で64GBを使用する方法があるようです。

(編集長omi)

スポンサーリンク