ドライブレコーダーに防犯効果を期待して導入を検討されている方もいらっしゃると思いますので、今回はドライブレコーダーに期待できる防犯効果について解説します。

何の前振りもなしに「ドライブレコーダーに防犯効果はありますか?」と聞かれたら、確実に「ある」と答えますが、車に関する防犯はかなり幅が広いので、まずはここでいうところの「防犯」の定義について考えてみましょう。

スポンサーリンク

防犯とは犯罪を抑止して防ぐ事

車の所有者が犯罪の被害に遭うシチュエーションとしては、当て逃げ、イタズラ、車内の物品の盗難、悪党や無法者に絡まれる、当たり屋に突っ込まれる、車両盗難、などが考えられます。

…で、これらの行為を抑止する効果があるかどうか?というのがドライブレコーダーの防犯効果を考える上でのポイントになります。

6つの犯罪に対するドライブレコーダーによる防犯効果は?

「やられた後に証拠として警察に提出して捜査の参考にしてもらう」と言うのは、そのような事例が世間に認知されれば犯罪の抑止になりますが、被害者にとっては目の前の犯罪を防止する事とは性質が異なりますので、まずはドライブレコーダーの装着によって目の前の犯罪を抑止する効果が期待できるかどうかを考えてみましょう。

当て逃げを防ぐことが出来るか?

残念ですが、ドライブレコーダーを装着していても当て逃げ犯を特定する手がかりとはなりますが、目の前の当て逃げを防ぐ効果は薄いと考えられます。

何故なら、当て逃げをするようなドライバーは相手の車にドライブレコーダーが装着されているかどうかを確認などせずに逃走するケースが多いと考えられるからです。(データはないです)

ただし、最近ではドライブレコーダーの認知度も高まっていますので、全く期待出来ないという訳ではないと思います。

スポンサーリンク

中には相手の車にドライブレコーダーがついているかどうか確認して、ついていれば申告するケースもあると考えられます。

従って当て逃げ防止にも少しは効果が期待できると言っても間違いではないでしょう。

イタズラを防ぐことが出来るか?

相手が子供であるケースを除いては、ドライブレコーダーの装着はイタズラ対策にはかなり強力な効果を期待出来そうです。

イタズラの動機にもよりますが、通りすがりのようなイタズラする人の中にはドライブレコーダーの装着の有無を確認してから犯行に及ぶ人は少なからず存在すると思います。

従ってイタズラ対策としては比較的強い防犯効果を期待できると言えます。(画像はYupiteru「DRY-ST3000c」の動体検知)

車内の物品の盗難は防げるか?

車内物品の盗難に関してもロックのし忘れでドアを開けられるケース、ガラスを叩き割られて盗まれるケースなどがありますが、前車のロックし忘れに関しては犯罪者にとってはドライブレコーダーは脅威になると思います。

ただし、それは比較的周囲に人気がある昼間などの場合で、誰もいないような暗い場所ではあまり防犯効果は期待出来ないかも知れません。

また、ガラスを叩き割るような筋金入りの悪党は、ついでにドライブレコーダーも盗み取ると思いますので防犯効果は薄そうです。

従って車内の物品に対しては、少しは防犯効果があると言えるでしょう。

運転中に悪党や無法者に絡まれた場合

これは相手がドライブレコーダーをむしり取るような極悪人の外道レベルでない限り、強力な防犯効果を期待できます。

ただし、自分の身に危険が及びそうになったらドライブレコーダーの存在を相手に認知させる工夫が必要です。

スポンサーリンク

また、相手が刃物を持ち出したりするような、常軌を逸したメンタルの持ち主の場合には、ドライブレコーダーの存在を誇示して相手を下手に刺激しない方が良い場合もあるかも知れません。

従って悪党や無法者に絡まれた場合には、絶大な効果を発揮する場合と、逆に自分が窮地に陥る場合があると言えそうです。

当たり屋に突っ込まれるのは防げないが?

海外などの場合には当たり屋があからさまにボンネットに突撃してきたり、車の前に寝転がって跳ねられたフリをしているような動画が見受けられますが、日本の場合にはもう少し巧妙で、徐行している車のミラーにわざと体を当ててきたり、駐車場などで故意にドライバーの死角に回り込んで跳ねられたフリをする手口が多いようです。

基本的に彼らは警察が大の苦手ですので、その場で金品を要求して示談を持ち掛けてきます。

怪しいと思われるケースであるならば、ドライブレコーダーを装着している旨と警察を呼ぶ事を伝えればを当たり屋被害はかなりの高確率で防げると思います。

車両盗難の防止には役立つか?

残念ながら車ごと盗むような筋金入りの悪党には通常のドライブレコーダーは全く歯が立ちません。

ドライブレコーダーごと盗まれてお仕舞いです。(笑)

盗難防止を考えているのなら、カーセキィリティ(これも熟練のプロには効かないケースも多い)や、その他の対策を講じる必要があると思われます。

ドライブレコーダーの防犯効果のまとめ

まとめとしては、ドライブレコーダーが強い防犯効果を発揮できるのは、イタズラ・昼間の物品の盗難・悪党対策・当て逃げの4つとなり、当て逃げの抑止にも多少の威力を発揮すると言えます。

防犯以外にも犯人の検挙までの一連の流れを考慮するのであれば、かなりの強力な対犯罪者アイテムと言えるかも知れません。

ただし、車両盗難にはほどんど役に立たないと思われますので、心配な方は何か別の対策を講じる事をおすすめします。

■ 車のイタズラ、防犯対策におすすめのキワモノアイテム

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダーで大容量のmicroSDカードを使用する方法

■ ドライブレコーダーおすすめモデルをまとめて紹介!!

■「1万円程度で買えるドライブレコーダー」おすすめ6選

■「便利なスタンダードクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■「高画質なハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー6選

■「駐車監視に特化したハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■ ドライブレコーダー トップメニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう