★☆★期間限定~お得なセール・クーポン情報のまとめ★☆★

ドライブレコーダーを購入する際に必ずと言って良いほど迷うのは、ドライブレコーダーが録画データを記録するmicroSDカードなどへの記録メディアの容量をどれくらいにするか?という点ではないでしょうか?

これは一概にどれくらいが良いとは言えず、ドライブレコーダーを導入する目的と使用方法で全く変わってくる部分ですので、目的に合わせたグレードと使用方法別に録画・記録時間の目安について解説します。

スポンサーリンク

1時間の録画時間でどれくらいの記録容量が必要?

ドライブレコーダーの録画時間と記録容量についてはモデルごとにかなりの幅がありますが、まずは2017年7月現在で最もスタンダードと思しき、ケンウッドのフルハイビジョンで27.5fpsのドライブレコーダー「DRV-320」を基準に考えていきます。

「DRV-320」の場合には、付属の8GBのmicroSDを使用すると録画時間は1時間19分となっていますので、1時間では6GBの記録容量を使用します。

このモデルの場合には常時録画分とイベント録画分は、別の領域に記録されますので、初期設定では常時録画は1時間5分、イベント録画は14分が最大となっています。

フルハイビジョンの標準的なドライブレコーダーであれば1時間で6GB程度ですが、解像度やフレームレートが上がっていくと記録容量も倍増してしまいます。

目安としてはフレームレートが60fpsで2倍、30fpsでも解像度が「2304×1296」だと1.5倍、「2560×1440」では2倍程度です。

スポンサーリンク

従って概ね全てのドライブレコーダーで1時間あたり6~12GBの間という事になります。

ドライブレコーダーを運転中の事故対応のみと考えている場合

このケースの場合には現状販売されているドライブレコーダーは、ほぼ全てのモデルが衝撃を検知した際のイベント録画ファイルを別のフォルダに記録するようになっています。

モデルによっては①録画中のファイルを20~40秒程度を複製してイベントフォルダに記録するもの、そうではなく②現在録画中のファイルをそのままイベントフォルダに記録するものがあります。

①の複製記録タイプは「DRV-320」のように常時ファイルとイベントファイルがパーテーションで仕切られています。(違うドライブに保存されると考えた方が分かり易い)

従ってどちらかの容量に余裕があっても、相互に空き容量のやり取りは出来ません。

②の現在録画中のそのままイベントフォルダに移動するタイプは、パーテーションが存在せず、同じドライブにフォルダを分けている形になりますので、イベントファイルが増えると常時録画分の記録領域が圧迫されます。

いずれのタイプであっても、事故に遭った後にカードを抜き忘れて何かの理由で通電したままレッカーで車を移動させるような特殊な状況が発生しなければ、しっかり事故の動画は残ります。

従って8GBのmicroSDカードであっても運用を誤らなければ問題は発生しないでしょう。

注意したいのが、うっかり事故に遭った帰り道にmicroSDカードを抜き忘れて、さらに衝撃検知の感度が走行中にしょっちゅう作動するように設定していた場合です。

この場合にはイベントファイルが上書きされる可能性がありますので、自信のない人は少し容量が大きめのmicroSDカードを選んだ方が良いかも知れません。

フルハイビジョンで32GBもあれば最低でも28回分のイベントファイルが保存出来ますので、そうそう上書きしてしまう事もないでしょう。

■ ドライブレコーダーにおすすめのmicroSDカードは?

スポンサーリンク

ドライブレコーダーで長時間の駐車監視を行う場合

長時間の駐車監視を行う場合には、その前提として車に戻った際には必ずその時点で車内外に異常がないか確認することを徹底するのなら8GBのmicroSDカードでも問題は発生しないモデル、問題が発生するモデルがあります。

問題がないケースは該当モデルが駐車監視と常時録画の衝撃センサーの感度を個別に調整出来る場合で、なおかつ駐車中の衝撃検知ファイルを保存する「専用フォルダ」があるモデルを使用した場合です。

※ケンウッドの「DRV-320/325」「DRV-610」は駐車中のモーションセンサーと衝撃センサーのファイルが同一フォルダに保存される為、これには該当せず。

 

駐車中の衝撃検知ファイルを保存する「専用フォルダ」があるモデルであれば軽く擦られた程度で反応するくらいに駐車監視の感度を設定しておけば、大体のケースでは問題は発生しません。

ただし、感度設定を上げ過ぎると大雨や大風でイベントファイルが生成されまくりますので、大容量のmicroSDカードを選んだ方が無難ではありますが、それはドライブレコーダーを購入後に考えればよいかと思います、。

 

最初からある程度の容量が必要だと分かっているのは、動体検知のみによる駐車監視を行うモデルです。

動体検知のみの場合、周囲の動きや感度によってはほぼ常時録画しっぱなしの状態になってしまいますので、タイムラプス(1秒に1回撮影など)機能などを使用しないのであれば、想定する駐車監視時間に合わせた容量のmicroSDカードが必要です。

※雨の日は完全にアウトだと思います。

 

録画しっぱなしになると1時間で6~12GBですので、12時間などの長時間になるなら、かなりの容量のmicroSDカードが必要になると思います。

また、駐車監視の衝撃センサーの感度を常時録画とは別に設定出来ないモデルの場合、走行中の衝撃センサー感度に合わせているとドアの開閉程度ではイベント録画が発生しないモデルもあります。

この場合には最終的には常時録画分が決め手となりますので、動体検知のみのモデルと同様に大容量のmicroSDカードが必要になります。

■ ドライブレコーダーで大容量のmicroSDカードを使用する方法

ドライブ動画の撮影など趣味利用する場合

この場合は使用出来る最大のmicroSDカードを選ぶという選択肢しかないと思います。

フルハイビジョン30fpsであれば64GBで10時間程度カバーできます。

60fpsや2Kオーバーの解像度のモデルでは128~200GBを考えたいところですね。

■ ドライブレコーダーで大容量のmicroSDカードを使用する方法

 

ドライブレコーダー自体がモデルの幅だけでなく、運用の幅も人によってかなり広くなってきましたので、絶対にコレ!という答えはないのですが、出来る限る大容量の物を買っておけばめんどくさいルールに縛られる事は無くなりますね。

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダーおすすめ43機種をドバっと紹介!!

■「初心者向けのエントリークラス」おすすめドライブレコーダー4選

■「便利なスタンダードクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■「高画質なハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー6選

■「駐車監視に特化したハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■ ドライブレコーダー トップメニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう