2017年10月30日更新~現状に合わせて内容を見直しました。

コムテックは車好きの方であれば必ず知っているであろうレーダー探知機の3大メーカーのうちの1社ですが、当時はニッチ市場であったドライブレコーダーもサーキットなどでの走行動画撮影用を主とした用途として随分昔から販売しています。

スポンサーリンク

一般車両へのドライブレコーダー設置のブームは2014年のケンウッドの市場参入から始まりましたが、ケンウッドが強力なブランドイメージを使い、お手頃価格で購入できるスタンダードモデルを大量に投入して事で2014~2016年半ばまではコムテックも他の老舗メーカーと同様に市場でのシェアを落としていたように見受けられます。

2016年以降は地道なマーケティングでユーザーの細かい需要を拾い、多品種で様々な機能を持った商品の展開を継続した事、テレビCMなどでブランドイメージを向上させた事、レーダー探知機との連動機能を強化した事などが原動力となって、おそらく2017年上半期では人気No.1のドライブレコーダーメーカーになっていると推察されます。

カスタムショップ向けに生産されているモデルなども含めるとキリがないくらい取扱いモデル数が多いので、ここではドライブレコーダー市場の中心となっているフルハイビジョン以上の解像度のモデルのうち、一般店・量販店向けに販売されている2015~2017年モデルをグレードごとに紹介します。

エントリー~スタンダードクラス

コムテックのドライブレコーダーでエントリー~スタンダードクラスは2016年に発売された次の3モデルです。

コムテック
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
ZDR-012

ZDR-014
ZDR-013
ドライブレコーダー200万画素FullHD 高速起動 衝撃録画対応 レーダー相互通信対応 ZDR-013
16.06発売17.02発売16.11発売
参考価格 17.10.29
9,980円14,923円12,000円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080
全国LED信号
29fps
水平108~109°120°
HDR/WDR
付属8GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS非対応GPS内蔵GPSレーダー探知機から吸い出し
駐車監視モード
常時録画+衝撃センサー
自動
専用ケーブル
HDROP-05
バッテリーあがり
防止機能あり
専用ケーブル
HDROP-09
バッテリーあがり
防止機能あり
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

この3モデルはおそらく内部的にはかなり共通部品が多いように感じます。

と言うのは視野角やGPSの有無などの差はありますが、画質がソックリだからです。

スポンサーリンク

どれも同じグレードの他社製品と比べると視野角が10%程度広めなのが最大の特徴であり、人気の要因であると考えられます。

「ZDR-012」

「ZDR-012」は2016年の6月に発売されたGPSなしのエントリーモデルですが、当初15,000円程度で販売されていたののの、発売から半年経った12月に一気に価格が10,000円程度まで下がり、そこから1年近くバカ売れしているエントリークラスでは人気No.1のモデルです。

 

コンパクトはなく、精細感も高い方ではないですし画質も綺麗な方ではないのですが、このクラスでは最大の視野角がおすすめのポイントですね。実用性重視で余分な機能を容赦なく切り捨てた特徴のはっきりしたモデルです。

■ コムテック エントリークラスドライブレコーダー「ZDR-012」のレビュー、評価

「ZDR-014」

「ZDR-014」は「ZDR-012」にGPSを内蔵させ、駐車監視の利便性を極限まで追求したモデルです。

 

 

視野角も水平120°と「ZDR-012」よりも1割程度広くなっていますが、おそらくレンズやCMOSセンサーなどの核となるパーツは「ZDR-012」と共用していると思います。(画質が似ている)

従って、コンパクトはなく、精細感も高い方ではないですし画質も綺麗な方ではないのですが、このクラスでは最大の視野角と駐車監視の利便性を徹底的に追及した事で多くのユーザーに受け入れられているモデルと言えそうです。

■ コムテック「ZDR-014」の評価、レビュー

「ZDR-013」

「ZDR-013」は液晶なしのドライブレコーダーで、コムテックのレーダー探知機との連動を使用の前提としているユーザーの間口の狭いモデルです。

コムテック ドライブレコーダー ZDR-013 200万画素 Full HD 常時録画 衝撃録画 高速起動 レーダー探知機連携

コムテック ドライブレコーダー ZDR-013 200万画素 Full HD 常時録画 衝撃録画 高速起動 レーダー探知機連携

スポンサーリンク
posted with amazlet at 17.10.29
コムテック(COMTEC) (2016-11-15)
売り上げランキング: 530

 

 

対象となるユーザーは少ないものの、レーダー探知機メーカー3社のうち、もっともドライブレコーダーとレーダー探知機の連動性、ドライブレコーダー単体の実用性、コストパフォーマンスの3つが優れている事から他のモデルと同様にかなりのカテゴリーキラーとなっています。

■ レーダー探知機相互通信ドライブレコーダー「ZDR-013」の評価、レビュー

ハイエンドモデル

コムテックのハイエンドモデルは2015年モデルが内蔵バッテリータイプ、2017年モデルが常時電源タイプとなっており、駐車監視のコンセプトが異なる為、内蔵バッテリータイプを検討しているユーザー向けに2015年モデルも合わせて掲載します。

2015年モデル

コムテックの2015年のハイエンドモデルは次の2モデルです。

コムテック
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
HDR-251GH
コムテック 常時録画 200万画素 Full HDドライブレコーダー GPS搭載 3年保証モデル 日本製 HDR-251GH
HDR-151H
コムテック 常時録画 200万画素 Full HDドライブレコーダー 3年保証モデル 日本製 HDR-151H
15.08発売
参考価格 17.10.29
26,800円23,757円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080
全国LED信号
29fps
水平120°
HDR/WDR
付属8GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSありGPSなし
駐車監視モード
衝撃センサー
自動起動
内臓バッテリー30分
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

「HDR-151H」と「HDR-251GH」の違いは内蔵GPSの有無ですが、他の部分では同等品となっています。

駐車監視は内蔵バッテリーによる30分の監視で、衝撃センサーによる録画の仕様となっていますが、おそらく内蔵メモリーに一時的に動画を保存する事で待機状態でも一定時間の動画をプールし、衝撃があった場合にはmicroSDカードに衝撃前からの動画を保存する仕組みかと思います。

型落ちで一時期価格が下がったのですが現状はかなり高めに推移しています。

2017年モデル

コムテックの2017年のハイエンドモデルは次の3モデルです。

コムテック
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
HDR-351H
HDR-352GH

HDR-352GHP

17.01発売
参考価格 17.10.28
17,566円18,800円22,800円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
1920×1080
全国LED信号
29fps
水平130~132°
HDR/WDR
付属8GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSなしGPSあり
駐車監視モード
常時録画+衝撃センサー
自動起動
専用ケーブル
HDROP-05
バッテリーあがり
防止機能あり
専用ケーブル付属
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

この3モデルはおそらくハードウェアの構成はほぼ同じで、「HDR-351H」がGPSなし(レーダー探知機から吸出しは可能)、「HDR-352GH」はGPS内蔵モデル、「HDR-352GHP」は更に駐車監視用の専用ケーブルを付属させた構成となっています。

 

 

おそらく、現行のハイエンドモデルの中では国内でナンバーワンの人気を誇っているモデルだと思うのですが、その人気の秘密は130~132°程度の水平録画視野角、強烈なHDR補正による状況把握能力の2つのポイントかと思います。

本体は大振りですし、メニューも決して使い易くはありませんが、やはり無駄をそぎ落として必要な部分を最大限に拡大した点が多くのユーザーに受け入れられているのでしょう。

精細感の面では「2560×1440」モデルには劣りますし、景色の撮影に関しては他社のモデルの方が優れています。

■ コムテック「HDR-351H/HDR-352GH/HDR-352GHP」のレビュー、評価

フロント・リアの2カメラモデル

「ZDR-015」は2017年8月に発売されたコムテックの最新ドライブレコーダーです。

コムテック
「ドライブレコーダーの持込取り付け」が出来るお店
ZDR-015
キャンペーン次第でオートバックスが最安値になる場合あり
17.08発売
参考価格 17.10.29
25,269円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
フロント:1920×1080
リア:1280×720
全国LED信号
29fps
フロント:水平115°(レンズ)
リア:水平112°(レンズ)
HDR/WDR
付属16GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPS内蔵
駐車監視モード
常時録画+衝撃検知
自動起動
専用ケーブル
HDROP-09
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

私はこのモデルを触ったことはありませんが、おそらくフロントカメラは「ZDR-012」「ZDR-014」の中間にあたる視野角、リアに関しては「1280×720」の解像度ですが、視野角は水平112°と比較的広めとなっています。

 

 

駐車監視の仕様についてはベースが「ZDR-014」となっている為、かなり便利ですし、価格がいつの間にか2万円台に下がっている為、超お買い得になっていると感じます。(この価格はビビった)

ここ最近のドラレコ人気で生産が追い付かず、2~3ヶ月くらい入荷しないかも知れません。

コムテックは限られた国内自社工場で生産ラインがパンクしないように、またラインを止めないようにある程度はコントロールしていると思いますが、おそらく1ヶ月程度のドラレコ人気で工場がパンクしているのではないかと思いますね。

ここで予約販売をしておけば工場を安定的に回せる為に、やたらと安い価格で予約を取っているのだと思います。(2~3ヶ月待てる人には超お買い得です)

■ コムテックから2カメラタイプのドライブレコーダー「ZDR-015」発売

コムテックのドライブレコーダーのまとめ

コムテックのドライブレコーダーは走行中の証拠能力に特化した仕様となっており、コンパクトさ・精細感・動画の綺麗さに関しては他のメーカーの同価格帯のモデルには劣ります。

ただし、そのはっきりしたコンセプトがユーザーに受け入れられ、2017年のドライブレコーダーのNo.1人気メーカーとなっているようです。

…が、ドラレコ市場の変化は早いので来年の今頃はどうなっているかは分かりません。(笑)

(編集長 Omi)

■ ドライブレコーダーおすすめモデルをまとめて紹介!!

■「1万円程度で買えるドライブレコーダー」おすすめ6選

■「便利なスタンダードクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■「高画質なハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー6選

■「駐車監視に特化したハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■ ドライブレコーダー トップメニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう