パワースポットとして名高い伊勢神宮。

気軽な女同士で恋愛運アップのも楽しいですが、今回はカップルでデートに使えそうなドライブコースを2つご紹介したいと思います。

カップルで行くと分かれるというジンクスがあるけど?

伊勢神宮や夫婦岩にいくと、そのカップルは別れるなどというジンクスがまことしやかに囁かれていますが、このジンクスがいつごろから語られるようになったかは正確には分かりませんが、ある程度推察する事は可能です。

スポンサーリンク

因みにこのジンクスは、天照大神が女神である事からカップルに嫉妬して別れさせるというものです。

ジンクスが出来た理由は伊勢神宮近郊の遊郭の発達

江戸時代の中期(1700年頃)に入り、お伊勢参りの参拝客が増えた事で現在の伊勢市古市町辺りに遊女を置いた茶屋が現れ、100年後には遊女1,000人を抱える大歓楽街に発展しました。

江戸時代末期には、三大遊廓として江戸の吉原、京都の島原と並び称されるようになっています。

そんなことから当時の男性の中には、伊勢神宮に女性同伴で行きたくないという理由から「伊勢神宮に女性同伴で行くと神様がやきもちを焼いて別れる事になる」という言い訳を考えついたのが、「伊勢神宮にカップルで行くと分かれる」というジンクスの始まりと言われています。

そんなジンクスは全くの眉唾ですので、どんどんカップルでお伊勢参りをしましょう。

アクセス抜群の国道23号~県道37号ルート

伊勢神宮までのドライブルートは、地道はもちろん、高速道路から伊勢自動車道が走っているのでアクセスも抜群です。

途中のサービスエリアで休憩しつつ松阪牛コロッケを食べてみたり、そんなドライブの楽しみもいいですね。

駐車場は外宮の方を利用しよう

伊勢神宮は内宮と外宮に分かれていますが、一般にイメージされる、おかげ横丁やおはらい町などの賑わいは内宮の方です。

でも参拝としては外宮→内宮の順番が正式なんだそうです。

スポンサーリンク

ドライブするにあたって重要である駐車場ですが、これは内宮、外宮両方ともかなりの数が停められる駐車場が用意されています。

でもおすすめは外宮に隣接されている駐車場。

こちらは無料で停められて、内宮より比較的すいていることが多いんです。

式年遷宮などの一大行事の有無にかかわらず、いつ行っても混雑が予想される伊勢神宮は、ゆっくりとみるなら早めの到着のドライブ計画が大事かも。

さすがお伊勢さん!!賑わいとそのパワー

賑やかなおかげ横丁の様子などの中にいると、「お伊勢参り」を実感します。

おかげ横丁に行ったら、これから暑い季節食べたいのは「赤福氷」。

かき氷と赤福餅が一緒になった贅沢な一品は、ここだけのもの。食べておきたいですね。

内宮に比べ、外宮は落ち着いた雰囲気です。

スポンサーリンク

緑豊かな中をゆっくりと散策すると、きれいな空気に心なしか身も心もきれいになるような気がします。

オリンパスペンと敦子 270

またドライブへ、伊勢湾へ~カップルにおすすめの夫婦岩

伊勢神宮のあとは、車に乗ってドライブ再開。

20分ほど走ると、二見浦に到着することができると思います。

こちらでは、カップルにおすすめの縁結びや夫婦円満の象徴と言われている夫婦岩や、水をかけると願いが叶うという「満願蛙」のいる二見輿玉神社、神話の舞台になった「天岩屋」があります。

「夫婦岩を訪れたカップルは別れる」などというジンクスは全くの眉唾です。

すぐ近くには、二見シーパラダイスや二見プラザがあるので、ここでお土産物をみても楽しいです。

プラザ内や参道には、ハマグリや大あさりなど、伊勢の海の幸が気軽に食べられるお店が並んでいます。

鼻をくすぐる磯と醤油の香りがたまりません。

オリンパスペンと敦子 294 (2)

甘いものがお好きな方は、塩ソフトクリームもありますし、少し車を走らせれば和菓子屋さんもたくさんありますよ。

二見輿玉神社の参道を通り抜けると、海に突き出た道もあります。そこから光り輝く伊勢湾を眺めるのも素敵です。

二見浦で夕日を見る

ドライブデートの終わりは、二見浦に沈む夕日を見るのはいかがでしょうか。

二見浦には海岸沿いにバーベキュー場や公園があり、そこから伊勢湾に沈む夕日を見ることが出来ます。

夕やけを見ることはあっても、景色に阻まれたりして普段は夕日を見ることも少ないと思います。

海に沈んでいく時の太陽の色や海、空の色はとても美しくて、言葉を忘れます。

オリンパスペンと敦子 307 (2)

そして、遠方からのドライブになればなるほど、長時間になる分、帰るまでに一緒に行く人との距離を縮めてくれると思います☆

日程に余裕があれば一泊のドライブに

ご紹介した伊勢神宮と二見輿玉神社ですが、本来は二見輿玉神社で身を清めてから伊勢神宮に参拝するのが正式のようです。

また、夫婦岩は日の出スポットとしても有名ですので、一日目をどこかで宿泊して、翌日夫婦岩の日の出を見て、二見輿玉神社で身を清めてから伊勢神宮に参拝する、というドライブコースもいいかもしれません。

伊勢志摩スカイラインルート

伊勢と鳥羽を結ぶ全長16.3kmの天空のドライブコースです。

地図

伊勢湾に浮かぶ島々の景観を見ながら楽しめ、その道中にある展望台や地元の食べ物を体験できる伊勢湾をより楽しむことができる場所となっています。

また、スカイラインを降りてからは二見シーパラダイスや夫婦岩でも楽しめること満載です。

絶対押さえたい絶景

  • 朝熊山展望台
  • 絶景の展望足湯
  • 二見シーパラダイス
  • 夫婦岩

伊勢志摩スカイラインの朝熊山展望台は景色が綺麗で、伊勢湾を色んな角度から楽しむことができ、本当に素晴らしい場所です。

子供もとても大喜びで楽しむ姿が見られたり、ベンチでゆったりくつろいでいる方もいて、家族にもデートにも最適なドライブコースの立ち寄りスポットです。

また、そこには展望を眺めながら楽しめる展望足湯や伊勢神宮の鬼門を守る名刹「金剛證寺(こんごうしょうじ)」もあります。

車を展望台の駐車場に止めて散策しながら、自分だけの絶景スポットを探してみてはいかがでしょうか?

初めはあまり期待していない人も多いみたいですが、実は「絶景!!!」と叫びたくなるほどの景色が広がっているんです。

また、ゆっくり景色を楽しみながらスカイラインのドライブコースを降りた後は、二見シーパラダイスや夫婦岩(めおといわ)があります。

二見シーパラダイスではここでしか見ることのできない豪快なあっかんべーが得意ということで有名なミナミゾウアザラシや、アシカやいるかとの触れ合いのできるサービスも多く、身近に楽しめる水族館となっています。

》》》二見シーパラダイス

併設の二見プラザでは地元の逸品名品からおみやげ物や新鮮魚介を楽しむことがでるようになっています。

その後は、水族館から散策しながら行くことのできる夫婦岩へいくのがおすすめです。

夫婦岩は2つの岩が夫婦が寄り添うように見えることから名付けられることで有名で、年間通して多くの観光客やカメラマンが訪れることで有名です。

ドライブコース限定グルメ

■とばーがー

鳥羽の地元の食材をふんだんに使って作った鳥羽のソウルフードです。

》》》とばーがーラインナップ

今では全種類21個あり、伊勢えびコロッケバーガーや浦村牡蠣ドックなど聞いただけでお腹が空いてしまいそうなラインナップとなっています。

食べられるところは鳥羽市に点々としており、探してみるのもまた楽しみの一つになります。

とばーがー

■朝熊山展望台の売店(朝熊茶屋)

  • たこせん
  • 伊勢うどん
  • 焼き伊勢うどん
  • 朝熊うどん

この中でオススメなのは焼き伊勢うどんです。

こちらはこの店舗限定のB級グルメです。

伊勢うどんがあまり好きじゃないなという方でも大好きになると思いますよ。

》》》朝熊山展望台の売店(朝熊茶屋)

■おさかな厨房二見ヶ浦食堂

二見シーパラダイスに併設する二見プラザあります。

伊勢えびを一尾使った二見定食が有名です。

その他に新鮮な魚介を使った料理を取り扱っています。

いつも多くのお客さんが集まり、時間を少しずらして来店してみるのもいいかもしれないです。

》》》おさかな厨房二見ヶ浦食堂

お伊勢参りと絶景スポット巡りのまとめ

観光するところが何もないと思っていた三重ですが、実はこんなに見たい!やりたい!が満載の場所だったんです!

ぜひ参考にしていただき、楽しんで旅行をしていただければと思います。

(ライター:ラスク)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!しよう