■Amazonで使用出来るユピテル限定割引クーポン発行中!

夏といえば海!愛知県の知多半島には毎年多くの観光客で賑わう「内海海水浴場」がありますが、泳ぐだけが海ではありません。

海で泳ぐのも良いですが、海を見ながら、潮のにおいを感じながら、海沿いをドライブしてみるのはいかがでしょうか?

今回は知多半島の海岸線沿いをドライブしながら、楽しんでいただける愛知県のドライブコースと周辺のおすすめスポットを紹介いたします。

スポンサーリンク

50種以上が食べられるえびせんべいの里

まずドライブの最初に立ち寄りたいのは、美浜ICをおりるてすぐ目の前にある「えびせんべいの里」です。

えびせんべいは、愛知県の三河地方が国内シェアの95%を占めている地域の名産品で、通常のせんべいは米を原料としていますが、こちらのえびせんべいはジャガイモとエビが主な原料となっており、海老の香りと豊かな味わいで癖になりそうなほどの美味しさが魅力です。

ここではせんべいの製造過程を見学出来るだけでなく、販売されている様々な50種類以上のえびせんべいを試食することができます。

せっかく立ち寄ったのであれば、すべてのえびせんべいを試食してみてはいかがでしょうか?

また、こちらではオリジナルのせんべい作り(有料)も体験できます。

自分で焼いたせんべいに絵付けをし、その場で記念写真も撮ってくれますので良い思い出作りになるでしょう。

カップルに人気の野間崎灯台

えびせんべいの里から15分ほどすすむと見えてくるのが、野間崎灯台です。

この灯台はもう現役ではないのですが、今でも海を見守り続けるその姿には凛々しさを感じます。

S__5709964

スポンサーリンク

また、ここは別名恋人岬ともよばれていて、灯台の周りにある鉄柵に鍵をかけると、その恋人たちは幸せになれるという言い伝えがあり、ドライブの人気立寄りスポットとなっています。

是非ともカップルで訪れておきたいスポットですね。

アトリエぜんきゅうでホッと一息

野間崎灯台から知多半島西側の海岸沿いを数キロ走ると内海の町に入ります。

「にわ ぜんきゅう」さんと言えば、内海出身の流木造形や砂絵などで有名なアーティストですが、内海の町中をすすむと、民家の中にみえてくるのがこのぜんきゅうさんが庵を構える「アトリエぜんきゅう」です。

「にわ ぜんきゅう」さんの作品は、これまでにもテレビ・雑誌・新聞などでも取り上げられ、学校や企業のポスターなどにも数多く採用されていますが、このアトリエでは、オリジナルのお地蔵さんをモチーフとした温かみのある作品に触れることが出来ます。

S__5709963

アトリエに入るとぜんきゅうさんがお茶を出してくれ、作品についてのお話を聞くこともできます。

素朴で温かみの作品達に囲まれながら、ドライブの合間にゆったりとした時間をお楽しみいただけます。

スポンサーリンク

昼食は「まるは食堂 本館」でジャンボ海老フライ!

アトリエぜんきゅうでホッと一息ついた後は、再び海岸線を20kmほどドライブですが、そろそろお腹も空いてくる頃ではないでしょうか?

知多半島と言えば奈良時代以前から漁業が盛んで、現在でも多くの漁港がありますが、知多半島の先端に位置する「まるは食堂」では、新鮮な魚介類だけでなく、名物のジャンボ海老フライがおすすめです。

S__5709965

その大きさと揚げたてのプリッとした海老は他では味わう事が出来ない絶品です!

本館のお座敷では目の前に広がる海を眺めながらお食事ができますので、広大な海を眺めながらのランチで心をリフレッシュしましょう。

なお、個室での食事は事前の予約が必要ですので、こちらから予約状況を確認しておくと良いでしょう。

お食事の後には1階の土産コーナーにて南知多の名産品を買うこともできますので、せっかくなのでどんなものがあるか試しにのぞいてみて下さいね。

変わり種の逸品「じゃこソフト」を食べてみよう

まるは食堂でお腹がいっぱいになっているかも知れませんが、そのまま海岸沿いを反時計周りに進むと、ここでしか食べる事が出来ない、ソフトクリームにちりめんじゃこをトッピングした「じゃこソフト」や「海老じゃこコロッケ」で有名な「ちりめん工房ジャコデス」が左側に見えてきます。

こちらの「じゃこソフト」は、テレビや雑誌などでも紹介されており、じゃこの塩分とバニラの甘さが絶妙な味を醸し出す逸品ですので、話のネタに是非ともチャレンジしておきたいところです。

「いちごの丘」でイチゴタルトやイチゴ狩りもおすすめ

「ちりめん工房ジャコデス」から今度は知多半島の東側の海岸沿いに国道247号線をドライブすると、15分程度で県道280号との交差点が見えてきます。

この交差点を左に曲がって200m位のところに、現地で栽培された新鮮なイチゴを使ったケーキやタルト、いちごロールが食べられる「いちごの丘」があります。

予約制となりますが、こちらの「いちごの丘」裏に併設されているイチゴ狩り園で大きくて甘い「章姫(あきひめ」イチゴ狩りを楽しむ事も出来ます。

営業時間は16:00までとなっていますが、この行程なら時間的には余裕がありますのでイチゴ狩りも体験してみてはいかがでしょう?

さて、このように南知多周辺には海だけでなく、見て楽しみ食べて楽しめるスポットもたくさんあります。

今回紹介しきれなっかたスポットもまだまだたくさんありますので、ドライブ中にも絶景スポットや穴場スポットをさがしてみるのも良いですね。

(ライター:ラスク)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!しよう