最近は自動車メーカー純正品や、ネット通販での販売のない指定店専用モデルについてのご質問が増えてまいりましたので、今回は関東三菱などで独自に推奨されているコムテックの「DC-DR501」「DC-DR511」について紹介します。

基本スペックは一般モデルの「HDR352」系統と変わりませんが、ディーラーやショップなどでの取り付けを前提としている為、付属するケーブルが異なっています。

スポンサーリンク

もくじ(クリック・タップで移動できます)

「DC-DR501」「DC-DR511」のスペック

「DC-DR501」「DC-DR511」のスペックは以下の表の通りです。

コムテック
DC-DR501
DC-DR511
1920×1080
全国LED信号
29fps
水平130~131°
HDR/WDR
付属8GB
最大32GB
64GB~128GBのmicroSDカードを使用する裏技
GPSなしGPSあり
駐車監視モード
常時録画+衝撃センサー
自動起動
専用ケーブル
261780-0080
HDROP-05同等品?
モバイルバッテリーから給電・充電出来るドライブレコーダー
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

「DC-DR501」「DC-DR511」の違いは「HDR-351H」「HDR352GH」と同様にGPSの有無となっています。

指定店舗モデルと「HDR352」系との違いは、前述の付属電源ケーブルが直接配線ケーブルになる点、また本体にプリントされているロゴが異なる点などが挙げられます。

また、レーダー探知機との連動機能については説明書に一切記載がない為、サポート外になろうかと思います。

「HDR-352」系ではレーダー探知機と接続するD-LINK端子が通常のHDMI出力のみに置き換わっています。

ハードウェア的には同じものにしないとコストが上がる為、レーダー探知機との連動に対応してそうですが、おそらくソフトウェアが非対応であると思われます。

駐車監視については「HDROP-05」と同等品と思われるオプション扱いの3芯のタイマー付きケーブルを使用する事で対応となります。

価格帯の方ですが、2017年12月現在では関東三菱でGPSありの「DC-DR511」が本体価格29,840円、取付工賃6,480円合計36,320円、GPSなしの「DC-DR501」については本体価格27,000円、取付工賃6,480円合計33,480円となっています。

Amazonなどの「HDR-352」の価格と比べるとどちらも8~9000円程度高くなります。

「DC-DR501」「DC-DR511」のまとめ

「DC-DR501」「DC-DR511」は一般モデルの「HDR-352」系のデチューンモデルとなりますが、価格的にはかなり高めとなっています。

おそらくネットで情報収集しない人向けにディーラーでセールスして販売しているモデルだと思いますので、この記事を見てしまった人は迷わず「HDR-352系」を買うべきですね。(笑)

■ コムテック「HDR-351H/HDR-352GH/HDR-352GHP」のレビュー、評価

取付をどうしてもディーラでやりたい…と言っても取り付けは下請けの電装屋さんが呼ばれますが…と言う方は、ネットで「HDR-352系」を購入して取り付けだけディーラーでお願いできるか交渉してみては如何でしょうか?

まあ、ディーラーで専売品を購入すれば、不具合があった時の対応を丸投げ出来るのがメリットですので予算に余裕があるならディーラーで購入しても良いかも知れませんね。

(編集長 Omi)

スポンサーリンク

■ ドライブレコーダーおすすめモデルをまとめて紹介!!

■「便利なスタンダードクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■「高画質なハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー6選

■「駐車監視に特化したハイエンドクラス」おすすめドライブレコーダー7選

■ ドライブレコーダー トップメニュー

この記事が気に入ったらいいね!しよう