ホーン(警音器)の基準について

国土交通省 道路運送車両法 警音器に関する告示

ホーン(警音器)については保安基準で規定があります。

スポンサーリンク

詳細については国土交通省の告示をご覧ください。

大まかなホーンの保安基準の条件は次の通りです。

  • 音を連続的に発生するものであること
  • 音量や音色の変化がないこと
  • 基準値内の音量に収まっていること

カー用品店などで売られているホーンは、保安基準に違反するようなものはまずありません。

MITSUBA [ ミツバサンコーワ ] アルファーIIコンパクト [ クラクション ] ホーン [ 品番 ]
MITSUBA [ ミツバサンコーワ ] アルファーIIコンパクト [ クラクション ] ホーン [ 品番 ]

ホーンの交換方法について

ホーンの配線は車種によって異なります。

ホーンにプラスの配線だけが来ていてマイナスはボディアース(ボディ自体がバッテリのマイナス端子の役目をする)になっているもの。プラス・マイナスそれぞれ配線があるものなどがあります。

スポンサーリンク

ホーンの交換には配線の加工が必要になったり、バンパーやグリルなどの脱着が必要になる場合が多々あります。

NIK_8570

もしご自分で作業を行う場合は、必ずバッテリのマイナス端子の配線を外してから行ってください。

ホーンの配線をショートさせて配線が燃えたりヒューズがとんだり、不意にホーンが鳴ってしまうなどの可能性があるためです。

ホーン本体の交換のみであれば容易ですが、それに伴う配線加工やバンパー・グリルの脱着作業などをご自分行うのが困難な場合、交換作業は車屋さんに依頼されることをおすすめいたします。

(ライター:自動車整備士 SkyLight)

■ 安いオープンカーの購入計画

■ ちょっと奇特な中古車を安く買う方法

■ 10万キロオーバー(16万キロ)のコペン レストア計画

■ 10万キロを超えた車の維持費をどこまで抑えられるか検証

この記事が気に入ったらいいね!しよう