★☆★期間限定~お得なセール・クーポン情報のまとめ★☆★

3月29日に発表されたパナソニックのストラーダ2016年モデルは、スーパーハイエンドモデルに位置付けられる9インチの大画面カーナビでした。

9インチの大画面カーナビと言えば、従来からアルパインやイクリプスにいくつかのモデルがありますが、今回発表されたストラーダ「CN-F1D」は他社のモデルとはひと味もふた味も違っていました。

スポンサーリンク

DSC_0092

ストラーダー2016年モデル「CN-F1D」の見るべきポイントは3つ

「9インチのカーナビなら今までにもあったじゃん?」と言いたくなるところですが、「CN-F1D」には他社の9インチモデルにはない魅力が3つあります。

  • 液晶がタブレット状で、コントロールユニットから手前にせり出している為(フローティング構造)、感覚的には10インチ程度に見える
  • コントロールユニットは2DINの為、取付可能な車種が豊富(現状確認済みで144車種)
  • 国内アフターマーケットでは初の「Android Auto」に対応

チルトと奥行き、上下の移動が可能な液晶ユニット

「CN-F1D」のタブレット型の液晶は上下の移動とチルトが可能になっており、チルト状態でコントロールユニット部のブルーレイディスク、SDカードなどのセットが可能になっています。

DSC_0107

DSC_0106

DSC_0077

スポンサーリンク

確かに通常のダッシュパネルに収まるタイプのカーナビの場合は、操作する際に若干身を乗り出して左手を突き出す形になりますが、このようなフローティング構造であれば視認性も格段に向上し、操作の際にも身を乗り出さなくて済みますので、便利で快適なカーナビ操作が可能になりそうです。

取付適合車種が豊富

「CN-F1D」は現状144車種への取り付け適合性を確認済みという事なでのすが、まだまだ未確認の車種が多数ありますので、最終的な適合車種はかなり増えてきそうです。

このカーナビの最大の魅力はこの点ではないでしょうか?

8インチ以上の大画面のカーナビの需要はかなり多いのですが、今までが適合性の問題で取り付けが不可能だった為、諦めざるを得ない状況でしたから。

「CN-F1D」は2DIN構造なので、コラムシフトが特殊な位置についている場合でなければ、ほとんどの車に取り付けられそうな印象を持ちました。

今後の適合車種に関しては発売予定の2016年6月上旬までにパナソニックの公式サイトに掲示されるのではないかと思います。

DSC_0076

他社の大画面ナビに比べると圧倒的な適合車種数ですし、私が乗っている車はこの中には含まれていませんが、見る限り問題なく取り付けられそうな感じです。

何より、1920×1080のフルハイビジョン画質のフルーレイの再生が可能なカーナビはパナソニックのストラーダだけですし、ブルーレイとかなり相性の良い作りとなっているのは間違いないでしょう。

「Android Auto」に対応

「Android Auto」とは、2015年にGoogleがカーナビなどの車載デバイス用に開発したOSで、スマホとの連動性や音声検索の精度向上、多彩なアプリのカーナビでの起動が期待されます。

スマホとの連携によって後部座席からもナビの操作が可能になるようですので、30~40代のファミリー層におすすめなナビだと感じました。

何やら輸入車にありがちな1DINのダッシュパネル向けの製品の開発の協議中のようですので、1DINカーナビを探している輸入車のユーザーには朗報ではないかと思います。(すぐには実現しないかも知れませんが)

スポンサーリンク

(編集長 Omi)

この記事が気に入ったらいいね!しよう