最近のカーナビ情勢はスマホに押されっ放し?

スマホの高機能化でカーナビの販売台数が激減しています…という話はもはや常識になりつつあるのかと思いましたが、実はこの辺りは意外とそうでもないのかも知れません。

因みに3月29日のパナソニックの製品発表会では、「アフターマーケット用のカーナビの販売台数は新車販売台数といまだに比例していて、スマホのナビの普及による販売減は認められない」という話でした。

DSC_0065

スポンサーリンク

販売台数よりも、落ち込んでいるのは単価の方だという事ですので、思ったよりカーナビ需要がスマホに食われているような事はないそうです。

DSC_0068

因みに2013年時点では「スマホの普及でカーナビ業界が大苦戦」と言われていました。

カーナビ縮小で大苦戦する、JVCとパイオニア 2013年10月2日 東洋経済ONLINE

スマートフォンの普及に押されて、カーナビ市場が縮小しています。
スマートフォンのカーナビアプリや地図アプリは、低価格で比較的性能も高いということで、需要が増えているのです。
こうした背景から、カーナビ業界は苦戦を強いられ、2013年4~6月期は大手4社のうち3社が営業赤字を計上しました。

スポンサーリンク

実際のところは良く分からないので、2010年~2015年の期間のスマホの普及率と新車販売台数、カーナビの出荷台数の推移を調べてみました。

データの引用元はこちらです。

・新車販売台数(自販連)

・カーナビ出荷台数(国土交通省)

・スマホの普及率(総務省)

これらのデータを表にまとめたのがこちらです。

2016年モデル
ZERO 802M
コムテック 4.0インチ液晶搭載 モーションセンサー搭載 ドラレコ相互通信対応 高感度GPSミラーレーダー探知機ZERO802M
ZERO 702V
コムテック 3.2インチ液晶搭載 5colorLED警報通知 ドラレコ相互通信対応 高感度GPSレーダー探知機ZERO702V
ZERO 802V
コムテック 4.0インチ液晶搭載 モーションセンサー搭載 ドラレコ相互通信対応 高感度GPSレーダー探知機 ZERO802V

16.03発売16.02発売16.04発売
キャンペーン次第でオートバックスが最安値になる場合あり
参考価格 17.06.13
32,398円18,960円23,980円
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
4.0型3.2型4.0型
リモコン
モーションセンサー
タッチスイッチ
リモコン
タッチパネル
タッチスイッチ
モーションセンサー
リモコン
タッチパネル
タッチスイッチ
連動ドライブレコーダー
相互通信ケーブル ZR-14相互通信ケーブル ZR-13
WiFi自動更新なし
フルマップレーダースキャンなし
小型移動式オービス はGPSのみで対応
GPS15.5万件
取締4.0万件
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

2016y04m07d_180546809

2014年は消費増税の駆け込み需要の影響でカーナビの販売台数はガクッと落ちていますが、2015年は12月までのデータを見る限り2012年の販売台数程度まで回復していそうです。

スマホは2010年からの3年間で急激に普及台数を伸ばしており、確かにカーナビの販売台数が2012年に一度大きく落ちています。

ただし、このタイミングではスマホのカーナビアプリはまだまだ実用に耐えうるものではなかったと記憶しています。

全体的に見るとスマホの普及率とカーナビの出荷台数の相関関係は極めて薄いと感じます。

スマホのアプリに流れる層は既に流れ切っており、そもそもスマホのアプリに流れやすい若年層は、人口が少ない上に最初から車の所有率が低いので、ほとんど影響がないと言えそうです。

スポンサーリンク

ただし、単価がダダ下がりのようですから、確かに市場全体は厳しい状況下に置かれている事は間違いないと思います。

とは言え、単価下落の要因はスマホの普及ではなく、メーカーサイドが新しい価値観をユーザーに提供出来ていないからと言うところでしょう。

東洋経済の記事では、あたかもスマホが不調の元凶のような表現をしていますが、これは各社の広報が新しい提案を出来ていないという現実から世間の目をそらす為、もしくは社内的にそういう言い訳がまかり通る風潮があって会社としてそのような認識になっていたのかは分かりませんが、市場の現実からは大きくかけ離れていた言えそうです。

(編集長 Omi)

この記事が気に入ったらいいね!しよう