★☆★期間限定~お得なセール・クーポン情報のまとめ★☆★

イクリプスカーナビの2017~2018年モデルは、10月現在ではエントリークラスのAVN Liteシリーズのみの発表となっています。

富士通テンは、富士通グループの企業で、元々はカーラジオなどのカーオーディオを製作していた会社ですが2000年に世界初のDVDカーナビとAVを2DINに一体化し、カーナビブランド「ECLIPSE」を立ち上げています。

スポンサーリンク

 

2015年発売のモデルまでは車種専用の9インチモデルのラインナップがありましたが、2016年からは従来のアルパインに加えてパイオニア、パナソニックまでもが9インチ以上の車種専用モデルを発売している為か、現状では大画面ナビのラインナップは消えています。

これにより、イクリプスのカーナビのモデルの系統はエントリーモデルの「Lite系」、スタンダードモデルの「R」系、ドライブレコーダー内蔵の「D」系、通信ユニット同梱の「S」系4つの系統に集約されました。

イクリプス2016~2018年モデル

2015年モデルのマイナーチェンジモデルでは、全く進化が見られなかったイクリプスのカーナビですが、2016~2017年モデルではフルモデルチェンジにより大幅な仕様と商品構成の括りの変更が見られます。

大きな変更点は以下の3つです。

1⃣ドライブレコダー内蔵で前後の動画を録画する系統が追加された。

2⃣デザインが大幅に見直され、タブレットライクな丸みを帯びたスタイリッシュなデザインとなった。

スポンサーリンク

3⃣通信機能が標準となり、スマホのデザリングでの使用が可能になった。(スマホを持っていない人の為に、通信モジュール同梱モデルは継続)

2016y11m16d_103051899

最近のカーナビ業界のトレンドとしては、大画面化・タブレットライクなデザイン・ドライブレコーダー内蔵、または連動という3つの大きなポイントが挙げられます。

カーナビ自体にドライブレコーダーの録画機能を持たせてフロントとリアの動画を録画する機能は、2017年10月現在ではパイオニア・ケンウッド・イクリプスの3社が実装しています。

ケンウッドについてはフロント+リアへ取り付けたドライブレコーダーとの連動となっています。

■ ケンウッド カーナビ連動 前後ドライブレコーダー「DRV-N530」「DRV-R530」発表

イクリプス AVN Liteシリーズ

AVN Liteシリーズに関しては他社では全モデル対応が標準化しつつある、「VICS WIDE」や「ETC2.0」に対応していない為、2017~2018年モデルのこのエントリークラスの中ではもっともグレードが低く、価格が安いモデルとなります。

この点は最新の2017~2018年モデルでも変更はありません。

イクリプスAVN Liteシリーズ
工賃が安い「カーナビの持込取り付け」が出来るお店の探し方
メーカーサイトAVN-138M
AVN-138MW
発売日17.10
参考価格
17.10.07
セール、キャンペーンの状況次第でオートバックスが最安値になるモデルもあります。
最新価格AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
液晶7.0型
寸法2DIN(180mm)200mm
渋滞回避VICS FM多重
ETC2.0-
地デジワンセグ
CD録音-
DVD/SD-
USB
HDMI-
Bluetooth-
連動ドラレコDREC200
DREC4000
イクリプスのドラレコとは映像入力のみで連携はせず
※汎用ドラレコの方がおすすめ
バックカメラ対応バックカメラ
フロントカメラFEC111
ステアリングリモコン対応表
説明書リンク取付・取扱説明書
車種別適合表車種別適合表
地図更新14,000円程度
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

また、AVN Liteシリーズには感圧式タッチパネルが採用されていますので、スタンダード以上のモデルで採用されている静電式のようなフリック/ドラッグ/ピンチなどの操作は全く出来ません。

まあ、潔く中途半端なグレードは絞って、他社と競合しにくい最低クラスと独自性を打ち出したハイエンドクラスで勝負しようと言う意図が感じられますね。

イクリプス AVN R/S/Dシリーズ

R/S/Dの3つのシリーズに関しては、カーナビの基本性能とメディア対応などの基本性能の部分は全く同じです。

Rシリーズをベースとして、Sシリーズには通信ユニットが同梱(スマホのデザリングを使用するなら不要かと)、Dシリーズはドライブレコーダー機能が内蔵されていますので、機能面や拡張性の面で考えるとDシリーズが最上位グレードに当たります。

スポンサーリンク

2016y11m16d_121540045

2017年 ハイエンドモデル
Rシリーズ 単体モデル
2DIN(180mm)200mm
AVN-R7
AVN-R7W
参考価格 17.03.28
64,000円64,000円
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Sシリーズ 通信ユニット同梱モデル
2DIN(180mm)200mm
AVN-S7
AVN-S7W
参考価格 17.03.28
92,727円90,400円
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
Dシリーズ ドライブレコーダー同梱モデル
2DIN(180mm)200mm
AVN-D7
AVN-D7W
参考価格 17.03.28
84,300円89,000円
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
2017年モデルR/S/Dシリーズ共通
発売日16.12
液晶7.0型
フリーワード検索
渋滞回避VICS WIDE
ETC2.0対応車載機
フルセグ地デジ
CD録音
DVD
SDカード
iPhone/iPod
USB
HDMI-
Bluetooth
Wi-Fi
スマホ連携
バックカメラBEC113
フロントカメラFEC111
ステアリングリモコン対応表
説明書リンク取付・取扱説明書
車種別適合表車種別適合表
地図自動更新2019年10月まで無料

渋滞情報に関しては、以前は有料サービスのオンデマンドVICSが上位モデルで使用が可能でしたが、全モデルがVICS WIDEに対応となった事でようやく他社に並んだ感があります。

因みに通信機能を利用しての有料サービスは以下の3項目となります。

1⃣自動で地図の差分更新(フルバージョンアップはSD経由)

2⃣設定した目的地の周辺施設情報を自動で取得

3⃣目的地周辺の駐車場を検索(目的地2キロ手前で周辺駐車場の満空情報を表示)

無料サービスは以下の通りとなります。

1⃣スマホのアプリとの連動

2⃣音楽ファイルの楽曲名データ検索

3⃣アイコンのダウンダウンロードカスタマイズ

4⃣更新情報などのメッセージ配信

5⃣メモリ地点などのサーバーへのバックアップ

また、Dシリーズのドライブレコーダー機能に関しては、まだ取扱説明書を確認したろころ、サイバーナビのように動画を取り込んで安全運転支援の警報などを鳴らすような機能はないようです。

これとは別に2017年モデルの全てのカーナビに対して、後方の安全支援を行う「カメラ機能拡張BOX」というものが発売されています。

 

イクリプス(ECLIPSE) BSG17 カメラ機能拡張BOX

 

バックカメラの動画を録画するという方式はパイオニアと同様で、ケンウッドの2×ドライブレコーダー方式よりも実用性は高いと感じますね。

だたし、駐車監視については記述が見られないので非対応かと思われます。

…と考えるとドライブレコーダー連動のカーナビの機能は、現時点ではパイオニアが最も実用性が高いと思われます。

(編集長 Omi)

■ カーナビおすすめ最新モデルの比較

この記事が気に入ったらいいね!しよう