1DINのカーナビを探している方を時々お見受けする事があるので、今回は1DINのカーナビについて2017年現在の状況を調査してみました。

1DINのインダッシュナビは風前の灯

既に国内メーカーから見捨てられて数年以上が経過している1DINのインダッシュナビですが、2年くらい前まではそこそこ中国メーカーの製品が楽天市場などで販売されていました。

スポンサーリンク

今回、再度調査を行ったところ、それらのモデルはほとんどが消えており、見つかったのは次のものだけでした。

車載 カーナビ 2017年版 1DINインダッシュ 8G カーナビ 地デジTV内蔵 WSVGA 7インチタッチパネル DVDプレーヤー ラジオ USB SD 動画 音楽再生 外部入出力あり[7206]

こちらのカーナビはどこのメーカー製なのかよく分かりませんが、8GBの容量で見た目は国産の10年以上前のモデルのような地図です。

機能面ではカーナビ機能のほかに、CD・DVD再生・USBメディア再生、ワンセグ視聴、Bluetooth対応・バックカメラ対応など、一通りの機能は揃っていますので、カーナビ機能の案内精度や地図の見易さ、操作性などは未知数ではあるものの、自分で取り付けが可能であれば決して高いものではない気がします。

まあ、おそらくジャイロセンサーは非搭載なので、一昔前のポータブルナビのような案内精度ではないかと思いますが。

ポータブルナビ用の1DINアタッチメントは存在する

なぜ1DINのカーナビを探しているかと言う理由にもよるのですが、カーナビパネルに2DINのスペースはあるものの、既に1DINはオーディオユニットなどで使用していて、残りの1DINにカーナビをはめ込みたいと考えているようであれば、パナソニック・ユピテルのポータブルナビ用に1DIN固定のアタッチメント類が販売されています。

スポンサーリンク

 

こちらはパナソニックゴリラナビ専用の1DINボックスとスタンドが一体化したものです。

2017年モデルのゴリラナビでは「CN-G510D/G710D/G1100D」に対応しています。

■ パナソニック ポータブルナビ ゴリラ 2017年モデル

 

一方で以下のスタンドは既存の1DINボックスに両面テープでゴリラナビを固定する仕様となっています。(2017年モデルCN-G510D/G710D/G1100D対応)

ユピテル用は以下の製品が対応していますが、適合に最近のモデル記載がないので2017年モデルでは加工が必要になるのかも知れません。

そもそもカーナビパネルに1DINのスペースしかない場合にはこれらのアタッチメントは使用できないので、割り切ってポータブルナビをダッシュボードに設置するか、または以下のようなアタッチメントを使用してエアコンの吹き出し口などに設置するしかなさそうですね。

思い切ってタブレットをカーナビ代わりに使用してみては?

これはスマホの通信プランに余裕があったり、モバイルルーターなどを既に所有している人におすすめですが、最近の無料カーナビアプリはかなり進化しており、使い方さえ覚えれば通常のインダッシュナビよりも便利に使用できるケースもあります。

スマホの画面だと小さすぎますが、7インチ以上のタブレットであれば通常のインダッシュナビと大きさは変わりません。

スポンサーリンク

スマホやタブレットでの無料カーナビアプリの使用感については、以下のページで説明していますので興味のある方ご覧ください。

■ おもしろ実験「スマホ、タブレットの無料カーナビアプリ」はどこまで便利に使えるのか?

1DINインダッシュナビのまとめ

2017年現在では辛うじて1モデルだけ1DINのインダッシュナビを見つける事が出来ましたが、2年位前と比べるとその数は激減しています。

まあ、カーナビ自体がスマホやタブレットで代替をする人も増えているようで右肩下がりの市場なので、このようなニッチなカテゴリーは消滅する流れでしょうね。

ポータブルナビ市場でもパイオニアが2015年を最後に最新モデルの更新を停止しています。

従って1DINしか空きスペースがない場合、現時点ではポータブルナビかタブレットの2つしか選択肢がない状況になっています。

(編集長 Omi)

■ ポータブルナビ 2017年 最新7モデルの比較

この記事が気に入ったらいいね!しよう