》》》ドラレコプレゼント企画 レビュー投稿や、フェイスブックの「いいね」、ツイッターでの拡散でも応募可!


》》》レーダー探知機の最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

もくじ(クリック・タップで移動できます)

メーカーごとの違い

ハイエンドモデルのレーダー探知機の中には、iPhoneやAndroid搭載のスマートフォンの通信機能を使って警察の取締情報をユーザー間で共有できるタイプのモデルがあります。

ユピテルとセルスターは無料アプリを利用してユーザーが投稿した情報を自動更新機能によりレーダー探知機に随時配信するタイプです。

スポンサーリンク

ユピテル「れーだーちゃんねる

2015y01m29d_221529214

セルスター「ASSURA+LINK

2015y01m31d_002109797

ユピテルとセルスターの2016年モデルでは一体型液晶タイプの「GWR203sd」「A310」、「AR-G383GA」「AR-G353GA」、ミラータイプの「AR-393GM」「AR-363GM」、そして2015年モデルでは一体型液晶タイプの「GWR103sd」「GWR93sd」「AR-282GA」「AR-252GA」、ミラー型タイプの「GWM105sd」「AR-262GM」「AR-292GM」がこの機能を搭載しています。

一方でコムテックだけはユーザーによる投稿情報ではなく、実際に走行中にユーザーが受信したレーダー波の情報を周辺のユーザーに配信するタイプとなっており、システムが他の2社とは大きく異なります。

というか、異なっていました。(2015年以降のモデルではデータ共有的な機能は廃止されています)


この機能のメリットは至近距離でのレーダー波の取締りに対しては無双の強さを発揮する点なのですが、レーダー波を発しない光電管式の取締りに対しては全く無力であるとも言えます。

また、考え方によっては最近のレーダー探知機はレーダー波やステルスレーダー波の探知をする機能を有していますので、わざわざ自分のレーダー探知機で探知できる取締り情報の警告を貰っても意味がないのではないかという疑念も湧きます。

スポンサーリンク

現状ではこの機能を搭載しているのは2014年8月発売の「ZERO94VS」の1モデルだけなのですが、ユピテルとセルスターが2015年モデルにもこの機能を搭載している状況を考えると、発売から9ヶ月が経とうとしている「ZERO94VS」は微妙な存在になってしまっています。

従って取締り情報の共有を主眼に置いたレーダー探知機選びでは、ユピテルとセルスターから選んだ方が良いと言う事になります。

ユピテルとセルスターのどちらが良いのか

ユピテルと言うメーカーは、レーダー探知機メーカーとしては最古参で知名度やブランド力No.1のメーカーです。

管理に個人的にはユピテルのレーダー探知機はデザインも好きですし、メーカーの商品開発姿勢にも好感を持っています。

しかし、こと2015年以降のモデルに限っては、ドライブレコーダーとの連動性への対応が遅れた点、移動式小型オービスには対応していない点などがマイナス評価になり、セルスターにかなりシェアを奪われているようです。

発表されたばかりの2016年モデルの見ても、セルスターの上位機種と比べると見劣りする部分がありますので、2016年もおすすめNo.1メーカーはセルスターになりそうです。

セルスターはレーダー探知機業界ではブランド力や認知度で、老舗のユピテルに劣る部分がありますが、その上でユピテルと勝負する為には性能面では、常にユピテルのやや上を行くことを求められています。

チャレンジャーが王者の牙城を切り崩す為には同じような事をしていたら勝てません。

スポンサーリンク

それゆえにセルスターのレーダー探知機は性能面ではユピテル+αで最強なのです。

取締情報共有機能を搭載したレーダー探知機を性能面で選ぶなら、セルスターの2015~2016年モデルが最もおすすめです。

(編集長omi)

》》》レーダー探知機 2016年 おすすめモデルの比較

スポンサーリンク