》》》レーダー探知機の最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

ミドルクラスモデル「ZERO500M」発売

コムテックから「ZERO800V」、「ZERO700V」に続いて2015年モデルが続々と発売されています。

今回はミラー型の下位モデル「ZERO53M」の後継と思われるスペックの「ZERO500M」が4月8日に発売されました。

気になる性能ですが、「ZERO53M」の後継と言ってもその全てを引き継いでいるわけではなく、型番を3桁に変えて大幅にグレードアップした印象です。

スポンサーリンク

「ZERO53M」は下位モデルらしく、液晶の表示が2.2インチと小さくシンプルなものだったのですが、「ZERO500M」ではグレードアップして3インチになりました。

ジャイロセンサーは搭載していないものの、2015年モデルの最新機能の目玉である小型移動式オービスにも対応しています。

idousiki

スポンサーリンク

実はこの機能がユピテルの2015年モデルには搭載されておらず、後出しのセルスターとコムテックが対応したモデルを続々と発売している為、大御所ユピテルは2015年モデルに限っては、若干やっちまった感が漂っております。

気になる価格ですが、発売当初から23,000円を切っていますので、Wi-Fi対応やドラレコ映像の外部入力などを考えず、レーダー探知機としての基本性能だけを考えるのであればコストパフォーマンスでは最強と言えるバランスでの登場となっています。

コムテックはユーザビリティーに優れたメーカーですが、後出しジャンケンで見事に競合他社の痛いところを突いて来ましたね。

ミラー型レーダー探知機 メーカー別比較

メーカーユピテルセルスターコムテック
機種GWM105sd
ユピテル(YUPITERU) スーパーキャット超高感度GPSアンテナ搭載ミラー一体型レーダー探知機 GWM105sd
GWM95sd


ユピテル(YUPITERU) スーパーキャット超高感度GPSアンテナ搭載ミラー一体型レーダー探知機 GWM95sd
AR-262GM

セルスター(CELLSTAR) ASSURA 無線LAN搭載 3.2インチ液晶搭載 GPSミラー型レーダー探知機 270mm平面鏡 日本生産モデル AR-262GM
AR-191GM

セルスター(CELLSTAR) ASSURA 無線LAN搭載 3.7インチ液晶搭載 GPSミラー型レーダー探知機 300mm平面鏡 AR-191GM
AR161-GM


セルスター(CELLSTAR) ASSURA 無線LAN搭載 GPSミラー型レーダー探知機 270mm平面鏡 AR-161GM
ZERO 500M

コムテック レーダー探知機 ZERO 500M ミラー型 ZERO 500M
発売日2015.012014.022015.022014.072014.022015.04
参考価格27,349円19,103円30,015円26,790円24,356円22,801円
液晶3.6型3.6型3.2型3.7型3.2型3.0型
GPSデータ12.6万件12.2万件12.5万件11.8万件11.8万件11.3万件
取締検問データ4.7万件4.4万件4.1万件3.8万件3.7万件3.9万件
フルマップ-
小型移動式オービス----
取締り指針-----
自動更新OPOP-
無料更新--
取締情報共有OPOP--
ゾーン30-
ドラレコ/外部入力---
ドラレコ相互通信-----
ドラレコ連動---
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

セルスターの「AR-262GM」とは価格帯が全く違いますし、ユピテルの2014年モデルの「GWM95sd」が比較対象となりますが、Wi-Fi機能にこだわらないのであれば「ZERO500M」を選ぶのが賢い選択と言えそうです。

因みに「GWM95sd」でWi-Fi機能を開放しようとすれば無線LAN SDカードが必要ですので、プラス3,000円程度の追加出費となります。

もちろん、2015年モデルらしくトヨタハイブリッド車情報の表示にも対応しています。

(編集長omi)

》》》レーダー探知機 2016年 おすすめモデルの比較

スポンサーリンク