》》》ドラレコプレゼント企画 レビュー投稿や、フェイスブックの「いいね」、ツイッターでの拡散でも応募可!


》》》レーダー探知機の最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

セルスター、コムテックは移動式小型オービス対応済み

2014年から運用が始まった神出鬼没の「移動式小型オービス」ですが、これはレーダー波を発しない取締り方法の為、レーダー探知機メーカーの対応として30キロ制限の住宅地「ゾーン30」の警告と「移動式小型オービス」のGPSデータの組み合わせで注意を喚起するモデルが発売されています。

速度違反に新装置=移動し摘発、生活道路も-「固定化」改善へ・警察庁

スポンサーリンク

速度違反の取り締まり場所が固定化されているのを改めるため、警察庁は30日、持ち運びや狭い所に設置が可能な自動取り締まり装置の運用を始めると発表した。特定の幹線道路に偏っていた摘発が、住宅街などの生活道路でも大幅に増えると同庁はみている。

idousiki

11月4日から約2カ月間、埼玉県内で試行。効果や住民の反応を確かめた後、全国展開する。科学警察研究所が精度を確認済みで、新装置に撮影された違反者は刑事・行政処分を受ける。

装置は3種類で、スウェーデンやオランダの製品を一部改良した。持ち運びできる装置は、三脚の上にレーダーやカメラなどを収めた測定部がある。高さ約1メートルで本体の重さは約8キロ。バッテリーで約10時間動かせるが、盗難や破損を防ぐため無人にはしない。(2014/10/30-10:08)

住宅地や人通りの多い市街地で飛ばすような行為はけしからんと思いますので、警察庁のこの対応自体は評価に値すると思います。

 

ただし、ゾーン30に指定されているエリアでも道幅が広く人通りが少なく、40kmくらいで流れているような道路があった場合、警察の点数稼ぎの為に周りの流れに合わせて走っていたのに捕まった…なんて事もありそうな話ですので、やっぱりレーダー探知機で対応して欲しいですね。

セルスター・コムテックのの2015年以降の中位以上の探知機では、標準で「移動式小型オービス」に対応しています。

ユピテルの方は、2016年1月現在でも、この「移動式小型オービス」に対しての対応を明確化していません。

住宅地の走行が多い場合は、セルスターコムテックのモデルを選んだ方が良さそうですね。

スポンサーリンク

(編集長omi)

》》》レーダー探知機 2016年 おすすめモデルの比較

スポンサーリンク