セルスター2015年モデル

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

》》》レーダー探知機の最新人気機種の徹底比較はこちらをクリック

このページはセルスターレーダー探知機 2015年モデルのスペック比較ページです。

最新の2016年モデルは以下ののページに記載しています。

》》》セルスターレーダー探知機 2016年モデル

今年一番人気のセルスターが止まらない

セルスターから、2015年最強最新のレーダー探知機「AR-282GA」「AR-292GM」が発売されています。

既に2014年モデルをバージョンアップさせた最上位機種「AR-252GA」「AR-262GM」が発売されており、2015年モデルは打ち止めかと思っていたので、管理人自身もこの発表には驚きです。

思えば、2015年モデルのユピテル・セルスター・コムテックの戦いは、性能面で完全にセルスターが常に一歩上を進んでおり、「AR-252GA」「AR-262GM」「AR-202GA」の3機種との相互通信を実現したドライブレコーダーCSD-500FHRが6月2日に発売されたとあって、今年の前半からセルスターのレーダー探知機は一番人気で、かなり売れまくっているようです。

年度の前半からの好調さに乗って、6月に「AR-282GA」、7月に「AR-292GM」の発売で攻勢を強めています。

「AR-282GA」、「AR-292GM」性能

気になる「AR-282GA」「AR-292GM」のスペックですが、違いは概ね以下の通りです。

  • 液晶画面が3.2インチから3.7インチに大幅インチアップ(「AR-282GA」「AR-292GM」共通)
  • 奥行きが22.5mmから19.8mmへと大幅に薄型になった(「AR-282GA」)
  • ワイド&スリムでかなりスタイリッシュになった(「AR-282GA」)
  • ミラーのサイズが270mmから300mm、液晶画面が3.2インチから3.7インチに大幅インチアップ(「AR-292GM」)
  • フルマップで東京23区と全国の政令指定都市において詳細な市街地図表示が可能になった(「AR-282GA」「AR-292GM」共通)

AR282-GA

 

2015y07m14d_201737790

既に先行してCSD-500FHRが発売されていますので、周辺機器を揃えれば高性能ドラレコと相互通信や映像のキャプチャリングが可能となっています。

capt

セルスター
液晶タイプAR-282GA
セルスター(CELLSTAR) ASSURA 無線LAN搭載 3.7インチ液晶搭載 GPS一体型レーダー探知機 日本生産モデル AR-282GA
AR-292GM
セルスター(CELLSTAR) ASSURA 無線LAN搭載 3.7インチ液晶搭載 GPSミラー型レーダー探知機 300mm平面鏡 日本生産モデル AR-292GM
参考価格36,800円39,800円
最新価格Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10
ポンパレモール


AUTOBACS
Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール
AUTOBACS
相互通信ケーブル3.6mGDO-06
セルスター(CELLSTAR) ドライブレコーダー用オプション レーダー探知機相互通信用コード 12V車専用 3.6m GDO-06
相互通信ケーブル3.6mGDO-07
セルスター(CELLSTAR) ドライブレコーダー用オプション レーダー探知機相互通信用コード 12V車専用 0.4m GDO-07
ドライブレコーダーCSD-500FHR
セルスター(CELLSTAR) コンパクトドライブレコーダー レーダー相互通信対応 Full HD画質 パーキングモード搭載 日本製3年保証モデル CSD-500FHR

2015年4月までの記事

2月~3月にセルスターから「ASSURA」2015年最新モデルが3機種発売されました。

また、4月には追加で2モデルの発売が発表されています。

セルスター2015年モデル
機種AR-252GA
セルスター(CELLSTAR) ASSURA 無線LAN搭載 3.2インチ液晶搭載 GPS一体型レーダー探知機 日本生産モデル AR-252GA
AR-202GA
セルスター(CELLSTAR) ASSURA 3.2インチ液晶搭載 GPS一体型レーダー探知機 日本生産モデル AR-202GA
AR-222RA
セルスター(CELLSTAR) ASSURA OBDⅡ対応 コンパクトモデル 日本製 3年保証 AR-222RA
AR-212EA
セルスター(CELLSTAR) ASSURA OBDⅡ対応 コンパクトモデル 日本製 3年保証 AR-212EA
AR-262GM
セルスター(CELLSTAR) ASSURA 無線LAN搭載 3.2インチ液晶搭載 GPSミラー型レーダー探知機 270mm平面鏡 日本生産モデル AR-262GM
参考価格26,575円21,895円21,800円16,203 円30,015円
最新価格Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール

AUTOBACS
Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール

AUTOBACS
Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール

AUTOBACS
Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール

AUTOBACS
Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール
AUTOBACS

AR-252GA」と「AR-262GM」は2014年モデルの「AR-181GA」・「AR-191GM」の後継モデルで、違いは「AR-252GA」が液晶ディスプレイ型、「AR-262GM」がミラー型となっている点で、性能部分については全く変わらない仕様となっています。

AR-202GA」についてはこの2機種からWi-Fi機能とそれにまつわる自動更新や情報共有機能を外したものとなっています。

加えて「AR-222RA」は気圧センサーとジャイロセンサーを外したモデル、「AR-212EA」は更に加速度センサーとリモコンなしのモデルとなり、GPSデータも12.5万件から9.7万件に圧縮されています。

2015年モデル追加機能

2015年モデルには、GPSデータ・取締検問データと待ち受け画面の表示項目数の増加に加えて、以下の機能が追加されています。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーとの相互通信対応

別売の相互通信用コードGDO-06/07を使用する事で、従来まではドラレコからレーダー探知機への映像の取り込みという片方向の通信だったものが相互通信となり、レーダー探知機からGPS情報やドラレコの操作信号、電源を送る事が可能になりました。

相互通信が可能なドライブレコーダーは、「CSD-500FHR」となります。

モデルによってはドラレコで撮影した動画に走行軌跡の表示が出来るようになります。

移動式オービス設置ポイント

2014年から試験的に導入されている生活道路の「移動式オービス」設置ポイントに対応しています。

ラウンドアバウトのお知らせ

交差点に変わるラウンドアバウトのお知らせを行う機能。

ラウンドアバウトとは2014年9月1日より運用が始まった環状交差点、現在34箇所が運用され、今年度中には更に15箇所の整備が予定されています。

2015y02m10d_205231703

(画像出展 国土交通省

ハイブリッド専用情報表示

トヨタのハイブリッド車にOBDⅡ端子を使って接続する事で、充電状況やモーター出力・エンジン出力などを表示する機能。

2015年モデルは買いか?

セルスターのレーダー探知機は2014年に無線LANやスマホのデザリングによるインターネットへの接続で、データの自動更新や無料アプリ「ASSURA+LINK」やユーザー投稿データのリアルタイム反映が可能になり、大きく進化しました。

セルスター2015年モデル2014年モデル2013年モデル
機種AR-252GA
セルスター(CELLSTAR) ASSURA 無線LAN搭載 3.2インチ液晶搭載 GPS一体型レーダー探知機 日本生産モデル AR-252GA
AR-181GA
セルスター(CELLSTAR) ASSURA 無線LAN搭載 3.7インチ液晶搭載 GPS一体型レーダー探知機 AR-181GA
AR-G700S
セルスター(CELLSTAR)2ピース セパレートタイプGPSレーダー探知機 (無線LAN搭載) AR-G700S
参考価格26,575円24,000円27,800円
最新価格Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール

AUTOBACS
Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール
AUTOBACS
Amazon
楽天市場

Yahoo!
Qoo 10

ポンパレモール
AUTOBACS
GPSデータ125,000件118,000件105,000件
取締検問データ41,000件38,000件35,000件
待受表示項目数180種類--
ドラレコ相互通信××
移動式オービス××
ラウンドアバウト××
ハイブリッド車情報××
ゾーン30×
自動更新×
情報共有×
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

2015y01m31d_002109797

2013年~2015年のASSURAシリーズの進化を見れば分かりますが、2013年から2014年は実用面で大きく進化しており、反面2014年と2015年モデルの差は画期的とまでは行きません。

しかし、2014年度から試験的に導入されている移動式オービスへの対応については高い評価が出来ます。

速度違反に新装置=移動し摘発、生活道路も-「固定化」改善へ・警察庁

速度違反の取り締まり場所が固定化されているのを改めるため、警察庁は30日、持ち運びや狭い所に設置が可能な自動取り締まり装置の運用を始めると発表した。特定の幹線道路に偏っていた摘発が、住宅街などの生活道路でも大幅に増えると同庁はみている。

idousiki

11月4日から約2カ月間、埼玉県内で試行。効果や住民の反応を確かめた後、全国展開する。科学警察研究所が精度を確認済みで、新装置に撮影された違反者は刑事・行政処分を受ける。

装置は3種類で、スウェーデンやオランダの製品を一部改良した。持ち運びできる装置は、三脚の上にレーダーやカメラなどを収めた測定部がある。高さ約1メートルで本体の重さは約8キロ。バッテリーで約10時間動かせるが、盗難や破損を防ぐため無人にはしない。(2014/10/30-10:08)

また、価格の面では発売されたばかりの2015年モデルと2014年モデルの差は5~6千円程度となっており、データ量や豊富な待受画面の設定などを考えれば2015年モデルのコストパフォーマンスは比較的高いと言えます。

2014年モデルと2015年モデルの価格差は随分落ち着いて5千円を切りました。

セルスターについては、そろそろ2015年モデルの買い時と言えそうです。

しかも事実上業界最強と言える「AR-252GA」が3万円以下となっていますので、性能重視ならば迷わずこのモデルをおすすめします。

ミラー型でも同様にセルスターの「AR-262GM」が現状では最強の性能を誇っていますので、最強の性能を求めるなら「AR-262GM」をおすすめします。

(編集長omi)

》》》レーダー探知機 2016年 おすすめモデルの比較

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ