》》》LaBoon!!ではパパゴ・ユピテル限定割引クーポン発行中!

現在、レーダー探知機メーカー3社の2016年最上位モデルを全て使用していますが、なかなか分かりにくい各社のレーダー探知機の細かい仕様の違いについてまとめておきます。(2017年モデルユピテル「GWR303sd」テスト中)

あまり一般の方は気にしないマニアックな部分の説明も多くなると思いますのでご了承下さい。

2016年の最上位モデルを基準として、各社のモデルの取扱説明書に書かれている機能の比較を中心にユーザーとしての実体験からの感想も併せて記載します。

スポンサーリンク

GPSの測位機能

ユピテル・セルスター・コムテックの測位方法について順に説明します。

ユピテルの測位機能

GPSレーダー探知機の要となるGPSの測位機能ですが、ユピテルの2016年モデル「GWR203sd」にはこのような機能があります。

マップマッチングシステム

GPS・Gセンサー・ジャイロセンサーで自車の進行方向を検知しつつ、地図上の位置のずれを補正します。

  • ジャイロセンサー
    ジャイロセンサーはカーナビにも搭載されていますが、自車の進行方向を計測する為の物です。
  • Gセンサー
    Gセンサーは加速度センサーとも呼ばれますが、自車の加減速の状態を把握します。
  • 気圧センサー
    気圧センサーは気圧の変化による高度を計測します。(高度計などの表示や高速道路と一般道を見分けるの関与)
  • 照度センサー
    照度センサーは周囲の明るさを計測します。ライト点灯を促す警報に使用されているようです。

トンネル内の警報・警告

説明書には「本機は、Gセンサー、ジャイロセンサーおよびマップマッチングシステムにより、GPSの電波を受信できないトンネル内のオービスや取締エリアをお知らせします。さらに別売品のOBDⅡアダプターで接続した場合は、OBDⅡ車速検知により高精度な警報を行います」とあります。

OBDⅡ接続なしでもそれなりの精度で警報はでき、OBDⅡ接続をしていれば高精度な警報が行えるようです。(ニュアンスとしてはOBDⅡ接続なしでもそれなりの精度と受け取れる表現)

クイック測位

前回電源をOFFにした時刻と自車位置の情報を基に、GPS衛星の位置を予測して再起動時の測位を早くするシステムです。(電源オフから6日間有効)

OBDⅡ車速検知

説明書には「GPS電波を受信出来ないトンネル内でも正確な車速情報を得る事が出来ます。」とありますが、OBDⅡに接続している際には、車速は常時GPSからではなくOBDⅡから吸い出している筈です。

スポンサーリンク

まとめると、GPS(位置の確定)・ジャイロセンサー(移動時の方向)・Gセンサー(加速度)・OBDⅡ(車速)・気圧(高度)の組み合わせで走行中もマップの位置ずれを防ぐという話でしょうか。

コムテックの測位機能

2016年の最上位モデルの「ZERO802V」の測位機能は以下の通りとなっています。

G+ジャイロシステム

説明書には「本製品は走行中に衛星の受信が出来なくなった場合、『G+ジャイロシステム』によって自車位置の検出を行います。」との記載があります。

この文面からすると衛星を受信している時はGセンサーとジャイロの補正はないようなニュアンスですがどうなのでしょう?

ユピテルの場合はGPS+ジャイロ+Gセンサーで座標を決定しているようですが。

コムテックは当たり前の事は書いていないだけかも知れません。

トンネル内の警報・警告

説明書には「G+ジャイロシステムのみでは、自車位置を完全に検出することが出来ません。そのため走行状況によっては、実際のオービスまでの距離と警報を行う距離が異なったり、警報を行わない場合があります。」とあります。

スポンサーリンク

OBDⅡ接続に関する記載が全く見られないので車速を取っていてもダメなのでしょうか?

ユピテルに比べて控え目な表現になっていますが、実質は同じ仕組みのような気もします。

まあ、トンネル出口のオービスに対する警報がしっかり行われるようであれば問題はないのでしょうが。

しっかり検証していないのですが、今までの使用感からはさほど問題を感じた事はありません。

最速GPS測位

コムテックの最速GPS測位はユピテル同様に衛星の位置を記憶して移動軌跡を計算するものですので仕組みはユピテルと同様のようです。

ただし、ユピテルが6日間の有効期間に対して、コムテックは3日間までとなっています。

仕様上はこの通りですが、コムテックの過去のモデルや2016年モデルの「ZERO802V」に関しても、数時間しか経っていないのに時々測位に1~2分掛かる事があります。

OBDⅡ車速検知

こちらもユピテル同様にOBDⅡから車速を吸い出す事で「正確な警報ができるようになります」と説明書にあります。

セルスターの測位機能

セルスターについては2016年モデルの「AR-373GS」の説明書を基準として解説します。

セルスターの測位機能はGPSについてのみの記載となっています。

ジャイロセンサーも搭載していますので実質はユピテルと大差はない気がしますが、時々道路一本分(並行する道路)くらい自車位置がずれている事があります。

超速GPS

説明書には「自車位置を素早く役10秒で測位するので~」とあります。

 

セルスターの超速GPSも72時間までは衛星の位置を記録して計算が可能で、再測位が早くなるとの事です。

「AR-373GS」はアンテナユニットがセパレートなので、測位の速さは安定していますが、「AR-383GA」などの一体型ではまれに数分間測位されない現象が発生しますが(何度か体験済み)、コムテックのモデルよりは測位は安定している印象です。

トンネル内の警報・警告

説明書には「GPSを受信できないトンネル内などの場所でもOBDⅡからの車速情報をもとに、速度表示や正確な警告案内を行うことが出来ます」とありますので、ユピテルやコムテックと同様です。

OBDⅡ車速検知

「OBDⅡ」による測位に関しては「トンネル内の警報・警告」以外に記載はありません。

よってGPSを受信している時は測位に反映させているかどうかは不明です。

無駄な警報のカットと誤報キャンセルの精度

この項目では各社の無駄な警報のカットと誤報のキャンセルのシステムについて見ていきます。

ユピテルの警報のカットと誤報キャンセルシステム

ユピテルの警報の設定については、誤報や無駄な警報を防ぐために以下のような設定があります。

レーダー受信感度の調整

レーダー波の受信感度を3段階で調節可能で、感度が高い順に①スーパーエクストラ ②エクストラ ③シティとなります。

その他の機能として「AAC」と「ASS」と言う物があります。

「AAC」とは不要な警報をカットする機能です。走行速度が時速30km未満ではレーダー波の受信警報をカットします。(誤報はカットされますが、取締りのレーダー波もカットされる)

「ASS」とはOBDⅡから吸い出した正確な速度に合わせて、自動的に①スーパーエクストラ ②エクストラ ③シティのうち、最適な感度を選択します。

両方ともオンの状態である「AAC/ASS」モードでは、以下の表のように段階的にレーダー多波の受信感度が上がっていきます。

時速30km未満では警報を行わない「AAC」のみをオンにすることは可能ですが、その際には感度は最も高い①スーパーエクストラになります。(「AAC/SE」モード」)

誤報キャンセルシステム

自動ドアなどで誤報が発生した場所を再度通過すると、自動的にキャンセルポイントが登録され、次回以降は警報をキャンセルします。(キャンセル中とアナウンスが流れる)

これはユピテルが特許を取得していますので、他社のレーダー探知機にはない機能です。

また、反対車線のオービスについては警報をカットします。

高速道路・一般道の警報対象の設定

高速道路で一般道のオービス警報などが出ると煩わしく感じますが、GPS警報の対象は「一般道」「高速道」「オール」「オート気圧なし」「オート気圧あり」の5つの設定から選ぶことが出来ます。

コムテックの警報のカットと誤報キャンセルシステム

コムテックの警報の設定については、誤報や無駄な警報を防ぐために以下のような設定があります。

レーダー受信感度の調整

コムテックのレーダー探知機の受信感度は①LOW ②HI ③S-HI ④HYPER の4段階から設定が可能です。

ユピテルの「ASS」と同様に自車速度と連動して感度が切り替わる機能があり、これは「ASC」と表現されています。

時速30km以下での警報のカットについては「LSC」機能と表現されていますが、内容的にはユピテルの「AAC」と同様です。

システムがどうなっているのか分かりませんが、見た目上はユピテルとほとんど同じです。

誤報キャンセルシステム

コムテックの誤報キャンセルの仕組みは、2日間に2回同じ場所でレーダー波を受信すると「キャンセルポイント」としてポイント登録を求める表示になります。

これはユピテルの自動登録に比べると不便ですね。(ユピテルが特許取っています)

誤報が多い上にいちいちセットしなければならないので結構面倒くさいです。

反対車線のオービスについてはユピテル同様に警報をカットします。

高速道路・一般道の警報対象の設定

こちらもユピテルと同様に「オール」「シティ」「ハイウェイ」の区分があり、自動的に判断する「オート」の設定もあります。

ユピテルには「オート気圧なし」「オート気圧あり」がありますが、コムテックの場合は「気圧センサー」ではなく、GPSとの距離で標高を計算しているようです。(気圧センサーがあるとの記載は見当たらない)

セルスターの警報のカットと誤報キャンセルシステム

セルスターの警報カットと誤報キャンセル設定については、以下の通りです。

レーダー受信感度の調整

レーダーの受信感度については、一般道・高速道を別々に設定することが出来ます。

感度が高い順に①エクストラ ②ウルトラ ③スーパーの3段階の設定です。

低速度帯での警報のキャンセルはコムテックと同様に「L.S.C.」(コムテックはLSC)と表現されており、一般道と高速道路を別々に時速30・40・50・60Kmから選択できます。

誤報キャンセルシステム

セルスターの誤報キャンセルは「自動」の項目が説明書には見当たりません。手動では他社と同様にキャンセルエリアの設定が可能です。

その割には誤報は少ないと感じるので、ユピテルの特許とは別の方法で内部的にキャンセルを行っているのかも知れません。

高速道路・一般道の警報対象の設定

セルスターの場合には設定は「オール」「標準」「高速道路向け」「一般道路向け」の4項目となっており、「ロード自動選択機能」がオンの状態では自動で道路の種類に従って発する警報を選択します。

GPS・取締検問データの更新について

GPS・取締検問データの更新方法はメーカーによって明確な差があります。

ユピテルのデータ更新

ユピテルの場合には、予めWiFiポイントを設定することで更新データの確認からアップデートまで全て全自動で実行します。

従って走行中の自動更新が可能です。

コムテックのデータ更新

コムテックの場合には「ZERO903VS/94VS」以外はWiFiを使用した自動更新には対応していませんので、レーダー探知機からSDカードを抜き取ってパソコンで更新する必要があります。(専用のソフトウェアがあるのでボタンポチポチで更新可能だが、駐車場が離れていると面倒臭い)

セルスターのデータ更新

セルスターの場合にはユピテル同様にWiFi接続で自動でデータ更新が可能ですが、完全自動ではなく確認ボタンを押す必要があります。

これが走行中に出る事が多く、放置すると消えてしまうのが厄介です。

そもそもデータ更新のダウンロードを告知されて「いいえ」を押すシチュエーションが思い浮かばないのですが、これもユピテルの特許が絡んでいるのでしょうか?

まとめ

上で羅列した項目をまとめると以下の通りです。

GPSの測位について

まとめとして、GPSによる測位のシステムは説明書を見る限りユピテルが高度を気圧センサーを生かして測定している事以外は3社ともあまり変わらないような気がします。

ただし、実際に3社のモデルを使用していて感じるのは、ユピテルは安定して測位が早く、比較的短時間で20以上の衛星を補足しますが、コムテックは3日間衛星の移動軌跡を計算して測位を早めると書いている割に、数時間電源をオフにすると測位に1~2分掛かる事がそこそこあります。

セルスターについては比較的測位の速さや安定感は高いですがユピテルよりもやや遅く、受信する衛星数が若干少ない為、トンネルなどに入ると測位が維持できなくなるタイミングが早く、トンネル出口に近づいた時は復帰もユピテルよりもやや遅いです。(コムテックはもっと遅い)

誤報のキャンセルについて

使用環境としては、各社ともに低速時の警報のカットはオフにしており、レーダーの受信感度は最大に設定しています。(低速でも実際の取締り地点での反応を比較したいのでこの設定にしている)

ユピテル・セルスターは誤報そのものが少なめで、コムテックは場所によってはかなり多くなります。

その上、ユピテルは誤報キャンセルポイントが自動で登録されるのに対して、コムテックは手動となります。(運転中には操作しないでね!と説明書に書いていますが、一定時間以内に登録しないとキャンセル画面が消えます)

セルスターについては誤報キャンセルポイントの自動登録自体の記述がないですし、「キャンセルポイントを登録しますか?」などの選択も出てきません。(どうなっているのか不明)

一般道・高速道の判別の精度

ユピテル・セルスターは完璧ではないものの、割と短時間で正確な判別を行ってくれますが、コムテックだけは高速道路走行中にやたらと「ALLモード」に設定が変わり、一般道のどうでも良いアナウンスが流れます。

確率的な部分でどの程度問題があるのかは検証出来ませんが、トンネル出口などのオービスに対する直前警報より、一般道のどうでも良い案内が優先されることがあります。(1~2キロ手前ではオービス警報が鳴りますので全くダメという事もないですが)

 

測位や警報の精度や使いやすさを考えると、レーダー探知機単体に予算が掛けられる人はユピテルがおすすめかなぁと、最近は感じています。(ドラレコ連動などの面もあるので要は何を優先するかですね)

(編集長 Omi)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!しよう