ここしばらくはレーダー探知機のラインナップが今一つパッとしなかったユピテルですが、久しぶりに人気が出そうなモデルを発表して来ました。

それが6月20日に発表されたセパレートタイプのレーダー探知機「A710」なのですが、2015年の1月に先代モデルの「A700」が発売されてから、およそ1年半後の更新となります。

「A710」は「A700」からどう変わったのか?

「A700」との大きな違いは次の二つのポイントです。

スポンサーリンク

☑小型移動式オービスへの対応が実装された

☑タッチパネルがスマホのような静電式になった

ユピテル2016年モデル ハイエンド
機種A710


GWR203sd
A310
ユピテル(YUPITERU) スーパーキャット超高感度GPSアンテナ搭載一体型レーダー探知機GWR203sd
GWR201sd
A210
ユピテル GPS内蔵 レーダー探知機YUPITERU Super Cat GWR201SD
A110

ユピテル(Super CAT)ハイパフォーマンスモデル【特許】誤警報カット機能搭載レーダー探知機A110
GWM205sd
A510
ユピテル(Super CAT)最上位フルスペックモデル【特許取得】誤警報カット機能搭載ミラー型レーダー探知機GWM205sd
発売日16.0716.0116.0316.0316.03
》》》セール、キャンペーンの状況次第でオートバックスが最安値になるモデルもあります。
参考価格
16.09.17
37,100円25,640円25,800円19,800円23,345円
最新価格
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
Amazon
楽天市場
Yahoo!
AUTOBACS
》》》知らない人は要チェック!!Amazonを頻繁に使うなら、是非とも作っておくべきカード
液晶サイズ3.6型
セパレート
3.6型3.6型3.6型3.2型
ミラー型
操作方法タッチパネル
(静電式)
タッチパネル
(静電式)
リモコンリモコンリモコン
衝突警報
システム連動
OPOPOP-OP
GPSデータ131,000件131,000件131,000件131,000件131,000件
取締検問データ51,000件51,000件51,000件51,000件51,000件
移動式小型
オービス
----
フルマップ
レーダースキャン
取締路線点滅×
取締指針対応
クイック測位
ラウンドアバウト
スマホ設定
Googleカレンダー
走行記録
ハイブリッド車情報
自動更新OPOPOPOPOP
情報共有OPOPOPOPOP
※スペックは誤りがある可能性もありますので、念の為メーカーサイトでもご確認下さい。

レーダー探知機自体がそれほど頻繁に操作するようなものではない為、タッチパネルの変更点はユーザーにとってはあまり興味をそそるような内容ではないかも知れません。

やはり一番のポイントは、移動式小型オービスへの対応を実装した点でしょう。

セルスター、コムテックなどは2015年からこの移動式小型オービスに対応していましたが、ユピテルだけは未実装でしたので、コストが一番掛かるメーカーの割にどうなの?という印象を受けていました。

》》》移動式小型オービス対応レーダー探知機

2016年モデルでは、最下位機種の「A30」から移動式小型オービスに対応してきていますが、上位機種では「A710」が初となります。

セパレートタイプのレーダー探知機は極端に種類が少なく、2015年モデルの「A700」はかなり価格が高かったのですが、価格が一番高いのに他社で対応している小型移動式オービスに対応していないのはどういう事?と考えるユーザーも多かった事でしょう。

「A710」の登場によって、レーダー探知機単体で考えた場合には、ユピテルが業界最上位モデルの座を奪還したかも知れません。

スポンサーリンク

》》》セパレートタイプのレーダー探知機

セパレートタイプってそんなに良いの?

セパレートタイプのメリットは次の2つのポイントです。

アンテナをレーダー波が受信し易い位置に設置出来る

性能面で考えれば一体型やミラー型と大きな差はないですが、アンテナ部分の取り付け位置に制約がなくなる為、取締りレーダー波を最も受信し易いフロントガラスの前方に設置する事が出来ます。

輸入車などの中には、フロントガラス自体に取締りレーダー波を通さないものもありますので、車外にアンテナを設置する例もあるようです。

レーダー探知機の性能面でも多少のアドバンテージがあるという事ですね。

なによりも車内インテリアがスタイリッシュに

それよりももっと大きなメリットは、車内インテリアをすっきりスタイリッシュにまとめる事が出来る点でしょう。

特にユピテルの「A710」は厚みが12mmの超薄型で、セルスターのセパレートタイプのモデル、「AR-373GS」と比べると6mmも薄くなっています。

2016y06m21d_174136129

スポンサーリンク

車のインテリアはこだわり出すとキリがないのですが、全体的にビシッとスッキリキメたい人には何物にも代え難い部分ではないでしょうか?

逆に車内インテリアにあまり興味が無い人には、このモデルを選ぶメリットはほとんどないと言えるでしょう。

(編集長 omi)

スポンサーリンク
口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

このモデルの口コミを投稿する

平均点:  
 1 レビュー
by サイト管理者 on test
テスト投稿

この投稿はテストです。