自動車を購入する際に一緒に付随して考えなくてはいけない自動車保険、案外自動車保険に加入されている方は、お勤めに企業に訪問している代理店型のブランドを誇る自動車保険会社が多いのではないでしょうか?

そのまま気にせず、特に新入社員のうちに勧誘を受け契約されている方も多いため、車に詳しくないうちに契約する方も多く存在します。

そうした企業の自動車保険は、それなりの金額が提示されるため、かなりの出費があるのも又事実です。

スポンサーリンク

そんな中近年非常に人気を集めているのが、通販型の自動車保険です。

通販型自動車保険は、別名ダイレクト自動車保険とも呼ばれ、テレビやCMでもよく見かけるようになりました。

しかしながら、代理店型自動車保険とは異なり、直接的な話を聞けないというデメリットが大きいため、なかなか手を出すことができないという特徴を持っています。そこで、この通販型と代理店型のそれぞれの自動車保険の特徴をご紹介していきましょう。

自動車保険の種類

自動車保険は、通販型と代理店型の2種類の自動車保険に分類されます。

  • 通販型自動車保険
  • 代理店型自動車保険

それでは、この2つの自動車保険について解説していきましょう。

スポンサーリンク

通販型の自動車保険

通販型自動車保険は、代理店や店舗を持たずして、インターネットや電話等を経由して契約・更新・変更を行う自動車保険で、1995年に保険業法が改正されたことで、各保険会社が保険料を自由に設定することができるようになりました。

これによって、代理店営業や店舗費用等や様々な経費コストが削減されることで、販売顧客に対してとても安い保険料を実現できるようになったのが、この通販型ダイレクト自動車保険なのです。

ネットや電話等勧誘を受けずに自分の好きなタイミングで始められるのも魅力の一つとなっています。

但し、保険料の安さというのは、当然人件費の削減も行っていますので、代理店のように対面式でヒヤリングを受けることはできません。

その保険に対して自分で調べ、書類などや手続きを自分の手で進めていく必要性がありますので、必要に応じて電話を活用して保険会社スタッフのサポートを受けながら自分で行わなければならないこともあります。

代理店型の自動車保険

続いて、代理店型自動車保険は、代理店や店舗を設けており、店舗の営業担当が企業やご自宅などに訪問し、担当者と直接対面式でやり取りを行いながら、自動車保険を訪問販売する形式が一般的です。

代理店型の利点は、なんといっても直接保険内容をヒヤリングできる点にあります。

書類作成や手続き等も、ほとんどの手続きを代理店のスタッフが行ってくれるため、基本的に契約ごとを任せておけば問題ないのも魅力です。

又自動車保険と合わせて生命保険や医療保険を取り扱っている所も多く、各種保険をまとめて手続きを行うことができますので、まとめて簡単に済ませたい方には非常にオススメです。

ただ、代理店スタッフによるサポートが充実している反面、手続きに時間がかかったり、代理店に支払う手数料などの保険料が加算されることが多く、一般的な保険料は、通販型と比較しても高い金額を支払う必要性があることを覚えておきましょう。

代理店型は、通販型自動車保険が登場してからは、双方を区別するために代理店型と呼ばれるのが一般的になっています。

スポンサーリンク

通販型と代理店型の自動車保険では、どちらが良い?

それでは、この通販型と代理店型ではどちらの方が良いのでしょうか?

まずその答えからお伝え致しましょう。

それは…実は、その答えはありません。

どちらが良いかを選択するのは、あなた自身なので、どちらが良いか悪いかは、あなた自身がしっかり調べ、判断しましょう。

それではどちらが良いかの良し悪しを決めるメリットデメリットについてご紹介していきましょう。

通販型の自動車保険のメリットとデメリット

  • 代理店型と比較して年間にかかる保険料が安い
  • 直接コンタクトができないため、不安に思う方も多い
  • 事故対応は、基本的に代理店型と大きな差はない
  • 契約がネットと電話で対応が可能なので、即日契約が可能

代理店型のの自動車保険のメリットとデメリット

  • 通販型と比較して年間にかかる保険料が高い
  • 対面式で直接コンタクトができるため、安心して契約ごとを進められる
  • 事故対応は、とても的確に指示を受けられ、充実している
  • 書類等のほとんどの契約ごとを進めてくれるため、あまり手間がかからない
  • ネット等を使用しなくてよいので、嫌いな方には簡単に契約できる

通販型と代理店型の自動車保険には、このような特徴があります。まずあなた自身がどこに視点を置くかを考えましょう。

通販型の自動車は、ネットで契約を行えますので即日契約ができますし、保険料が代理店型と比較して、目安10,000円程もしくは、それ以上安くなるメリットがあります。

但し、しっかりネット上で内容を確認し、進める必要性があるため、ネットが苦手な人には、とてもストレスになってしまいます。

お金のことは、そんなに気にしなくていい、はやく契約したいという方は、代理店型の方が簡単に進められるメリットがあるでしょう。

代理店型は、通販型と違い、直接対面式で契約ごとを進めることができます。

人との会話を直接ヒヤリングし、信頼関係を築きながら、進めたいという方は代理店型の方が安心して契約を進めることができます。特にご高齢の方は、代理店型の方がいいという方も多いかと思います。

但し、代理店型では、相手側も営業のプロです。

契約をうまくのせながら、話をもっていきますので、最低限の色々なものに加入してもらうように話が進みますので、きちんと契約したい内容を決めた上で話を進めることが大切です。

今現在の通販型の自動車保険の手続きは、それほど手間になるほど難しいものではありません。

意外と簡単に進めることができ、電話対応も非常に細かく話をしてくれます。

安価でかつサポート対応も充実している所が多いですので、ネットが苦手でない方であれば、断然通販型がオススメです。

通販型の自動車保険のサービス対応の安全性は?

従来通販型自動車保険は直接話ができず、その事故対応やサービス対応の悪さがニュースで広がり、その通販型自動車保険のイメージが悪くなった時期もありました。

しかし、今では、そのサービスや事故対応も改善され、大手通販型自動車保険は、非常に事故時における電話対応も迅速かつ的確な指示を仰いでくれるようになっていますので、安心してサポートを受けることができます。

この安さで、充実したサービスを受けることができますので、安価な自動車保険が良いか高い自動車保険を選ぶかによってきます。

又通販型自動車保険の多くは、現代では、様々なプランを打ち出してきており、走行距離に合わせた金額調整を割安にするプランなど、独自のプランが非常に増えてきています。

サービス対応も充実しているのであれば、通販型と代理店型の自動車保険あなただったらどちらを選びますか?

こうしたプランを知り、活用しながら、お得に保険を活用することが大切なのです。

おすすめ通販型ダイレクト自動車保険

それでは、この近年注目されているオススメの通販型自動車保険をご紹介していきましょう。

通販型自動車保険にも、当然ですが、まだまだ人気度が低く、あまり聞きなれないサービスが確立されていない自動車保険も多数存在します。

オススメの通販型ダイレクト自動車保険において人気度や満足度の高い保険をご紹介していきましょう。

  • ソニー損害保険
  • イーデザイン損保
  • セゾン火災自動車保険

それでは、この3つの自動車保険について口コミや体験をもとにご紹介していきましょう。

ソニー損害保険

ソニー損保は、ソニー生命やソニー銀行と同じく、世界のソニーグループの系列会社であり、ブランドイメージが強いのも魅力の一つです。

売上業界トップクラスの実績を誇り、ブランドイメージや電話応対力、補償内容、保険料やロードサービスのバランスが非常に優れており、総合的に判断して安心感のある、安定した保険会社である点が評価されています。

ソニー損保の特徴

  • 事故対応力の強さ

現在売上ランキングは1位で、満足度ランキングでも3位に位置するほど、非常に人気が高い保険で、その理由として値段も比較的に安いわりに、保険制度が非常に充実している点にあります。

何よりも事故が起こった時の対応が非常に丁寧できちんと細かく説明してくれるため、安心して指示を受けながら事故の対応にのぞむことができるからです。

事故が起きた時は想像以上に大変で、過失の割合の決定や金額の計算や必要に応じて弁護士を呼ばなくてはなりません。

そんな中でどういう形で行えば、スムーズに対応できるのか場面場面で的確に伝えてくれます。通販型の中では値段もそれほど高くないにも関わらず、的確かつ迅速に事故対応を行ってくれます。

ロードサービスの対応も24時間365日対応しており、全国9000箇所にサービス拠点が配置されており、いつでも対応が可能なので非常に安心です。

保険の移し替え時にも、以前の等級をそのまま引き継げるため、単価も安くすみます。

又人と車の両方のサポートしてくれるため、万が一の場合、宿泊費や交通費もサポートしてくれます。

それでも以前の保険と比較しても、金額も1万5000円程安くなりました。それに加えて弁護士特約を付けることもできました。

バッテリー上がり時の対応も当然して頂けますし、けん引に関しても、ソニー損保では、50kmまで無料です。JAFでは、けん引15kmまでしか対応してもらえないので、遠出時でのトラブルでは、非常に役に立ちます。

イーデザイン損保

続いて、イーデザイン損保についてご紹介していきましょう。

イーデザイン損保は、東京海上グループのダイレクト自動車保険です。

イーデザイン損保の特徴

  • 保険料の安さ

イーデザイン損保は、日本の三大メガ損保の一つである東京海上グループであり、事故対応力と保険料の安さを徹底的に重視しています。

東京海上グループは、その豊富な事故対応のノウハウと価格競争にも力を入れており、多くの年代で最安保険料トップを獲得しています。

近年、価格競争に力を入れているため事故対応満足度が、ソニー損保には劣りますが、それでも、保険料の安さから見出す事故対応力は、非常に優れたバランスを持っています。

セゾン火災自動車保険(おとなの自動車保険)

続いて、セゾン火災自動車保険について解説していきましょう。

セゾン火災自動車保険が提供する自動車保険プランである「おとなの自動車保険」がここ近年年代別でトップにランキングし、注目を集めるようになりました。

おとなの自動車保険の特徴

  • 40~50代の自動車保険料の低減
  • 事故現場急行サービス

一般的に40~50代では、運転に慣れている人や運転者が減るため、事故率が低く、保険会社でも保険料は安くなるのですが、セゾン火災自動車保険のおとなの自動車保険では、この年代の保険料を特に重視し、安くすることで魅力を高めています。

セゾン火災自動車保険では、ALSOKと提携した事故現場急行サービスもその人気を誇るサービスの一つです。

自動車保険についてよく誤解されがちですが、通常、契約者が事故を起こしても損保会社の社員が現場に駆けつけることはほとんどありません。

事故を起こした際の救急車の手配、警察への届け出、記録作成などの即時的なサポートは基本的に電話を通じて行われます。

そんな中役立つのがALSOKの事故現場急行サービスです。事故の連絡を受けたALSOKのスタッフが現場にすぐ現場に急行してくれます。

ALSOKスタッフは事故の当事者ではないため示談交渉などはできないのですが、不慣れな事故現場に立ち会う中で、自分の味方になってくれる人がすぐ来てくれるという安心感は大きいです。

事故の相手が押しの強い相手であった場合にも、理不尽な要求を防ぐなどの対応してくれるようサポートの訓練を行っています。

おとなの自動車保険は、事故対応力も40~50代に応じた保険料の安さもトップレベルの評価を頂いているため、近年注目を集める自動車保険です。

自動車保険契約時のオススメ契約内容とは

以外と自動車保険を契約する上で、あまり深く知られていない内容があります。

それは、弁護士特約という内容です。自動車保険には、自分の希望に応じてさまざまな特約を付けることが可能です。

特約を付けることで、保険を自分に適したものに組み立てることができるでしょう。

その中のひとつに弁護士特約という契約内容が存在します。

それでは、この弁護士特約の内容についてご紹介します。

  • 弁護士特約とは~弁護士が全ての事故の相手側との示談交渉を全て代わりに代行してくれるもの

この弁護士特約は、事故に巻き込まれた際に役立つ特約です。

自動車事故が発生すると、一般的に警察に届け出を出すと、その事故を解決してくれるのが、警察ですが、実際その事故の責任がどちらにあり、その被害に応じて、どちらが車の損害に対する弁償を負うのか、又人身事故に対してその支払いをどちらが行うものかをするのは警察ではありません。

基本的に本人同士で話合いをするものなのです。

その交渉に負けてしまうと、責任を負わされてしまうことも少なくありません。そこで、そのあなたの交渉を全て代行して行ってくれるのが、この弁護士特約という制度なのです。

法律に則って事故の責任を決め、賠償金額なども過去の判例や事例をベースにして判断されます。

単純な事故であればわかりやすいのですが、さまざまな要素が絡んだ事故や人身事故の場合、どうしても判断や解釈が人によって分かれてしまうこともあります。

そのような難しい判断をするにあたって、法律の専門家である弁護士に相談し、交渉を依頼しなければならないケースも出てくるでしょう。

弁護士特約とは、契約者やその家族、契約している車両に乗っている人が何らかの自動車事故に巻き込まれ、相手に対して損害賠償請求を行うにあたって、依頼する弁護士に対して負担する費用の補償を受けられる特約です。

また、対象となる交通事故で法律に関することを弁護士に相談する際に発生する費用についても、弁護士特約に加入していれば保険会社の補償を受けられます。

自動車保険選びのまとめ

事故は、突然やってきます。

そんな時に大きなリスクを軽減してくれるのが、この自動車保険です。

自動車保険は安いにこしたことはありませんが、安さだけを追求し続けると実際に事故を被った時に非常に大変なリスクを背負うことがあります。

こうしたことを起こさないためにも、各種プランに合わせて弁護士特約等を付けておくことで、いざ、事故が起きた時に強い見方になります。

自動車保険の契約そのものを全て保険会社に任せるだけでなく、自分である程度保険の仕組みを理解した上で、契約を交わすことで、通販型のメリットを理解できる知識にもつながることでしょう。

しっかりと自動車保険とその契約内容を分析し、自分に見合った保険を探すことが大切なのです。

(ライター:タム)

代理店型から通販型の自動車保険に変えてみました

ここからは編集長 Omiが、自身の経験に基づいて代理店型の保険から通販型の保険への乗り換え手順を説明します。

 

以前は私も自分が勤めていた会社が自動車保険の代理店の機能を持っていた為(自動車関係の会社ではありません)、半ば強制的にその保険会社の保険に加入させられていました。

入社から20年以上、その保険に入り続けていましたが、「団体割引が効くため、かなりお得です。」…と言うのが社内の一般的な認識でした。

確かに20年前の環境では、他社や他の契約形態に比べてかなりお得だったのかも知れません。

ところが、昨年会社を辞める事になり、団体割引から外れてしまいましたので、今までタブーであった他社の自動車保険の見積もりを取る事になったのですが…「無知って怖いですね」…と感じるくらい、今まで支払っていた保険料と今回の見積もり金額に大きな差がありました。

それまでは車両保険込みで年間10万円弱の保険料を支払っていたのですが、料率が高い車ですので「そんなものかな?」と考えていました。

が、結果はこの通り…

2016y08m07d_094801300
9.7万円から7.2万円へのダウンですので、25%も保険料が下がった事になります。

lgf01a201401252000【著作者:Chrystian Guy】

そこで私は「一体今までの団体割引とは何であったのか?」、「騙された!金返せ!」と会社に暴言を吐いて退職しました…というのは嘘ですが、「無知って怖いですね」と自己反省する部分が大いにありました。

代理店を通さなければ保険料がかなり安くなるのは当たり前ですが、団体割引という名のもとに会社はしっかりと社員から利益を確保していたのでありました…。

年間2.5万円×20年ですので、50万円損していた事になります。

代理店を通さないで自動車保険を契約する方法

このように代理店を通さないで自動車保険を契約すると、大幅に保険料が下がる事がありますが、この方法は至って簡単で、各保険会社からインターネットで直接見積もりを取って契約するだけです。

とは言え、保険会社によって年齢制限や補償の条件が微妙に異なりますし、保険会社自体の利益率も違いますので、複数の保険会社から見積もりをとるのは結構面倒です。

そこでおすすめしたいのが、保険代理店を通さないダイレクト自動車保険の一括見積りサービスです。

■ 【SBIホールディングス】無料の自動車保険一括見積もりサービス

■ 【価格.com自動車保険】無料一括見積もり!

上記の2社の特徴はほとんど同じですが、「SBIホールディングス」の方は最大21社、価格.comの方は最大8社からの見積もりとなりますので、見積もり数の多いSBIホールディングスがおすすめです。

私の場合は2.5万円でしたが、5万円以上も下がった人は全体の19%もいるようです。

2016y08m07d_110935265

保険一括見積SBIホールディングス価格.com
見積条件
新規契約
他社からの乗換え満期日まで91日以上は不可満期日まで91日以上は不可
見積保険会社一覧
SBI損保
ソニー損保
三井ダイレクト損保
セゾン自動車火災保険
イーデザイン損保
アクサダイレクト
アメリカンホーム
チューリッヒ
あいおいニッセイ同和-
朝日火災-
AIU保険-
共栄火災-
セコム損保-
ゼネラリ保険会社-
損保ジャパン日本興亜-
そんぽ24-
東京海上日動-
富士火災-
三井住友海上-
エース保険-
日新火災-
21社8社

なお、こちらの一括見積サービスを利用するに当たり、いくつか注意点があります。

☑他社からの乗り換えの場合、満期日まで91日以上ある場合は見積もり不可

☑車種や条件により、対応出来ない保険会社がある為、21社分の見積もりが来るとは限らない

☑電話などの勧誘は一切ないが、数ヶ月に1回程度メールや保険会社からのパンフレットが届く事がある

自動車保険の一括見積の手順

新車や中古車購入による車両の入れ替えを伴う場合、保険のみの乗り換えの場合、新規契約の場合と、若干必要な情報が異なりますが、概ね以下の通りとなります。

車両の入れ替えが伴う場合

まだ新しく車検証が発行されていない状態ですので、型式を調べておきます。(Goonetなどのカタログで確認する事が出来ます。)

■ Goonet

メーカー・ブランドから検索の項目で、該当するメーカーを選びます。

2016y08m07d_115420959

選んだメーカーから該当する車種の「カタログ」というリンクをクリックします。

2016y08m07d_115653003

グレードごとの型式一覧が表示されますので、「型式」の欄の「○○○-○○○○○」、ハイフンの右側部分が入力を求められる型式になります。

2016y08m07d_115753236

他社からの乗り換えの場合

手元に車検証と保険証書を用意します。

「一括見積スタート」のボタンを押して見積もりスタート

「一括見積スタート」のボタンを押すと、以下の項目の入力を求められます。

2016y08m07d_114450044

2016y08m07d_113522859

1⃣初年度登録年月

2⃣メーカー名

3⃣車名

4⃣型式

1⃣2⃣4⃣は車検証の図の位置、3⃣は車種名を選択します。

EPSON MFP image

車両の入れ替えが発生する場合は、1⃣初年度登録年月には「予定日」を入力します。

「次へ進む」ボタンを押します。

2016y08m07d_114252949

現在の保険の契約状況を選択します。保険が新規の場合以外は上段の「現在、自動車保険に加入している」にチェックを入れます。

2016y08m07d_121139897

次に使用状況の入力ですが、現状の保険の契約内容と同じである必要はなく、あくまでも今後1年間で予定される使用状況を入力し、「次にすすむ」ボタンを押します。(現状の保険内容を見直す良い機会にもなります)

2016y08m07d_121712980

次に車のナンバーを入力します。(車検証の下図の位置)

※新車で車検証が出来ていない場合、中古車で管轄の陸運支局が変わる場合は、登録後の「陸運支局」の部分だけ入力します。

分からない場合はこちらで確認しましょう。

■ 国土交通省

2016y08m07d_121933786

EPSON MFP image

次に現在加入している自動車保険の証書を確認し、以下の項目について入力します。

※新規の保険契約の場合はこの項目はありません。

これらの項目は保険会社によって記載位置は異なりますが、必ず保険証書に記載されています。

☑契約中の保険会社名

☑保険満期日

☑現在のフリート等級

☑事故優係数適用期間

☑保険金の請求件数

2016y08m07d_123204369

2016y08m07d_123529859

入力が完了したら「次にすすむ」ボタンを押します。

次に「記名被保険者」(主に運転する人)の情報を入力し、次にすすむを押します。

車両の所有者・保険の契約者と同じ場合もあれば異なる場合もあります。

「記名被保険者」は主に車を運転する人、「契約者」は保険料を支払う人です。

「契約者」ではなく、「記名被保険者」(主に運転する人)の情報を入力します。

2016y08m07d_124717778

次に保険の契約者情報と、車の所有者情報を入力します。

2016y08m07d_130451673

所有者に関しては車検証の下図に記載されている部分を参照します。

EPSON MFP image

入力が完了したら「次にすすむ」を押します。

最後に補償内容を入力します。

現在契約中の保険証書を確認し、同様か見直せる部分を変更しても良いでしょう。

2016y08m07d_131026469

入力が完了したら「次にすすむ」を押します。

最後に入力した内容の確認画面に進みますので、間違いが無ければ「見積もりをGET」ボタンを押します。

2016y08m07d_131207597

早ければ1~2時間で見積もりが送られて来ますので、各社比較の上で一番条件の良いところに決めましょう。

自動車保険は定期的に見直しが必要なもの

高齢化や若者の車離れが急速に進み、それに合わせて年齢条件を細かく設定している保険会社が増えています。

高齢者の事故数の増加で、保険会社の負担が増えた事で、2013年に各保険会社ともに事故係数などの基準を新たに導入し、実質的にはユーザーの負担が増えている傾向にあります。

その中でも年齢制限を細かく区切ったり、使用者と配偶者のみの補償に限定する事で大幅に保険料が下がる事もありますし、新たなサービスを導入している保険会社もあります。

ですから自動車保険は毎年とは言わずとも、数年に一度は見直したいものです。

■ 【SBIホールディングス】無料の自動車保険一括見積もりサービス

■ 【価格.com自動車保険】無料一括見積もり!

(編集長 Omi)

この記事が気に入ったらいいね!しよう