「RAVPower」は2011年にアメリカで創業を始めたモバイルバッテリーなど、スマホ関連のアクセサリーメーカーです。(生産地はおそらく中国だと思います)

日本でも最近知名度が上がっていますが、以下の評価を見ると分かるようにアメリカ本国のAmazonではかなりの人気メーカーのようです。

スポンサーリンク

シガーソケットUSB充電器に関してもそれほどラインナップは多くはないものの「これは…!」と思うような価格設定の物ばかりですのでなかなかおすすめ出来るメーカーだと感じています。

まあ、必要最低限の品揃えではありますが(笑)

今回は全部で4アイテムではありますが、「RAVPower」のシガーソケットUSB充電器の全モデルを紹介します。

2.4A×2のUSBポートタイプ

2.4A×2ポートのモデルは同様のスペックで2種類のデザインがあります。

それぞれが多色展開となっていますので色も確認してみて下さい。

スポンサーリンク

「RP」

 

このモデルは「Aukey」の類似モデルとデザインがよく似ており、価格も同程度です。

 

Aukeyのものに比べるとやや長さがあり、デザインも凝っている感じでしょうか?

「RP」についてはブルーのLEDが点灯する仕様です。

 

この製品に関しては「RAVPower」さんからサンプルを頂いたので出力をチェックしてみたろころ、同社のモバイルバッテリー「RP-PB006」20000mAhの充電においてかなり安定した高出力が確認出来ました。

4.95V×2.06Aの出力ですので、USB-A形状のポートからの実効値としてはほぼMAXレベルかと思います。

デザイン的にはベーシックで癖はありませんが、電源ON状態ではブルーのLEDが点灯する仕様となっています。

スポンサーリンク

深さがあまりないタイプなので目立たず邪魔にならないと言う辺りがこのモデルの特徴です。

従って純正のシガーソケットではなく、別途シガーソケット電源などをヒューズから取り出して配線を隠すような場合にも適した形状だと思います。

「RP-VC006」

 

 

「RP-VC006」もスペック的には2.4A×2で価格が非常に安いのが魅力です。

特徴はない…というより高品質×低価格というところだと思います。

USB Type-Cタイプモデル

「RP-PC022」

「RP-PC022」は5V×3.0A出力のUSB Type-Cに対応したシガーチャージャーです。

デザイン的には丈も長過ぎず、短過ぎずでベーシック、どんな車でも違和感を感じない形状となっています。

Quick Charge 3.0対応モデル

「RP-VC007」

 

 

「RP-VC007」はQuick Charge 3.0のポート×1、2.4AのUSBポート×1の構成となっており、トータルで36Wまでの出力となっています。

デザイン的にはやや丈が長めなのでシガーソケットに挿した状態で手前に出てくる感じかと思います。

同じく、RAVPowerのOC3.0入力対応のモバイルバッテリーで給電能力のテストを行いましたが、20W超の高出力を確認する事が出来ました。

同社のモバイルバッテリーや家庭用アダプター類も含めて、なかなかの高性能なモデルだと思います。

■ QC3.0で急速充電 RAVPower20,100mAh「RP-PB043」のレビュー、評価

「RP-VC003」

 

「RP-VC003」は3つの2.4A出力ポート+QuickCharge 3.0に対応したポートを1つ搭載しているモデルです。

QuickCharge 3.0自体は日本向けの端末では実装されていないものが多いですので、将来的にどうかは分かりませんが、「RP-VC003」は現時点では最強のレベルの充電能力を持っている事は間違いなさそうです。

「RAVPower」のシガーソケットUSB充電器のまとめ

以上、「RAVPower」のシガーソケットUSB充電器を4つ紹介しました。

「RAVPower」はスペック・品質・価格の3拍子揃ったメーカーだと思いますので、今後もさらに人気が出るのではないかと感じています。

(編集長 Omi)

■ シガーソケットUSB充電器 おすすめ48選

■ iQOS車載充電器 おすすめ5選

この記事が気に入ったらいいね!しよう