車のトランクは汚れやすく掃除が面倒

車のトランクルームには日々のお買い物の食材・趣味のアウトドア用品、子供のスポーツバッグ、靴、キックボード等の遊び道具など色々な物を常に出し入れしているので、気が付くととても汚れています。

主な汚れは砂ぼこりや泥、草などですが、そういった細かい汚れってトランクルームが床製の場合、布地の間に入ってしまい掃除機の細いノズルで吸っても吸っても、吸いきれず中々綺麗にならないのがストレスでした。

gf01a201503010100

スポンサーリンク

ラゲッジマットを敷けば掃除が楽になる?

そこでマットやシートを敷いて「掃除をする際はそれを外して叩いて砂ぼこり等を落したら、もっと綺麗になるんじゃないかな?」、「掃除機も細いノズルで必死に吸うよりも、マット自体を地面に置いてかけた方がもっと楽になるのでは?」と思いトランクルームの清潔さをキープする為にラゲッジマットの購入を決めました。

ネットや大型車用品店で商品を検討しているうちに、大きめの四角いラバー製マットが目に止まりました。

軽くて使い勝手が良さそうだけど、見た目はイマイチ、「やはりピッタリとはまった方がトランクを開けた時に気持ち良い!」という思いが出て、思いきってBMW純正のラゲッジルームマットを購入しました。

IMG_6328

取り付けは敷くだけで簡単、ズレる心配もなし

取り付けはとても簡単で、マットを敷くだけです。

重さはそれほどないので女性一人で簡単に出来ます。

さすが純正!トランクルームの形にピッタリと合って裏面に加工してあるのか、ズレる心配もありません。

実際に使用して気が付いたのですが、形があっている事でトランクルーム全体がフラットになります。

いわゆる、どの車でも使えるような四角いラバー製マットを敷いた場合に比べて無駄なスペースがないので沢山の物を置きやすいのです。

スポンサーリンク

これは購入前には想像しなかった利点で、純正の良さを実感しました。

IMG_6373

マットを外して叩いて掃除機をかけるだけで綺麗になった

汚れた際の掃除もマットを外し、まず砂埃を叩きます。その後、地面において掃除機をかけました。

室内の掃除をするようにT字のノズルで端から端まで丁寧に掃除機をかけられるので、かなり汚れは取れ、とても綺麗になりました。

重たい掃除機本体を片手で持って…といった重労働からも解放されました。

lgf01a201306050100

まだ試した事はないのですが真夏の気温の高い日でしたら軽く洗って干す事も出来そうです。

こちらのラゲッジマットは布製ですが厚みも充分あり、汚れ防止以外にもトランクルームの床の保護になるかと思います。

スポンサーリンク

トランクルームの床面って年月が経つと毛羽立ってきたりしますが、このマットを初めから敷いておけば心配なし。

数年使用後、マットに痛みが出てきたら新しく取り替えればトランクルームは常に新しく綺麗に保てると思います。

ラゲッジマットは純正品がおすすめ

柄はMスポーツに合うチェック柄で高級感があります。

マットという名前ですが絨毯を敷いているような印象です。

右下にはBMWのロゴも付いていて女性の私から見てもカッコイイのです。

トランクを開ける度にこのマットを見るとテンションが上がります。

同柄の室内マットも販売されているようなので、近々合わせて購入したいなと思っています。

このマットの1番のオススメポイントですが「ロアテールゲート・カバー付き」という点です。

IMG_6359

重たいアウトドア用品の出し入れ時や子供がトランクからキックボードなどを出し入れする際にこのカバーを引き出してバンバー部分にかければ不意にぶつけてしまうというヒヤヒヤする心配を防いでくれます。

素材も思った以上にしっかりとしているので使用中に風でめくり上がる事もそうそうなさそうです。

強風は例外ですが…。

お値段を見ると簡単に購入に踏み切れない商品で、購入に踏み切るまで長い期間悩みましたが実際に使った感想として、品質・見た目・使い勝手の面で私的には高得点なので思いきって購入して良かったと満足しています。

IMG_6372

トランクルームを常に綺麗に保ちたい方や、バンバー保護をしたい方、BMW Mスポーツファンの方にぜひオススメの商品です。

(ライター:ネブラ)

スポンサーリンク